2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« なばなの里のチューリップ 2016年春2 | トップページ | 交通事故現場 »

2016/04/11

ガソリン代疑惑の民進・山尾政調会長 民主の“ブーメラン”しっかり継承 甘利氏追及で

 3月31日発売の週刊新潮で、民進党の山尾志桜里政調会長は、政治資金収支報告書上の不可解な資金運用などの疑惑を指摘されました。

http://www.sankei.com/politics/news/160407/plt1604070057-n2.html
ガソリン代疑惑の民進・山尾政調会長 民主の“ブーメラン”しっかり継承 甘利氏追及で
この産経新聞の記事に、自分に甘い山尾志桜里の発言の変遷が表にしっかり表されています。

このひとは、元検事だそうです。弁護士は、被告人や依頼人のために、黒いものも白というと私は考えていましたが、少なくとも、検事は、法の下に公正であると思っていたので、これだけ疑惑を背負い、しかも、逃げようとする人物が元検事であったことに、少なからず、ショックです。


民進党の山尾氏が収支報告を訂正1千万円超個人寄付と記載 2016/3/30 23:36

 民進党の山尾志桜里政調会長の資金管理団体「桜友会」が2012年分の政治資金収支報告書に、個人からの寄付の上限額を超える1144万円を山尾氏自身から受けたと記載し、その後訂正していたことが30日、分かった。

 政治資金規正法は個人から政治団体への寄付を1千万円までに制限している。
桜友会はうち224万円は山尾氏個人からの借入金で、寄付は920万円と訂正した。訂正は1月14日付。

 また山尾氏が代表を務める愛知県の政党支部が12年分の収支報告書に桜友会から899万円の寄付を受けたと記載し、桜友会の収支報告書に423万円分しか寄付した記録がなかったことも判明。

6日の記者会見で山尾氏は、24年に政党支部のガソリン代の支出が約429万円だったと説明。うち少なくとも250
万円程度は「元秘書の不正請求の疑い」とする一方、「国民の期待に応えたい」と政調会長続投に意欲を示した。


週刊誌に報道されるとわかって、あわてて訂正を入れたのは、バレバレです。

そして、いま、新聞やテレビはほとんど取り上げませんが、ネットではお祭り騒ぎになっているのが、ガソリン代支出が地球5周分。そして、プリペイドカードの疑惑。

そのうえ、コーヒー代が7万4千円。携帯電話が10万円前後。


Photo_2


 山尾議員は、甘利大臣の疑惑追及チームのメンバーだった当時、「秘書のやったことについて本人の責任が免れるわけではない」と批判しています。甘利大臣が辞任した1月28日のBSフジ番組では、弁護士による調査結果に「第三者による独立の調査といえるのか」と疑義を唱え、監督責任について「議員は知っていたと普通は考える」と述べています。


しかし、その指摘がすべて山尾氏に降りかかっています。

国会で、甘利大臣を追及している動画を山尾議員が記者会見で釈明している動画と重ねて、山尾議員を山尾議員が追及している形にして、youtubeにあげている秀逸な動画があります。


【動画】もしも山尾志桜里議員のガソリン疑惑を山尾志桜里議員が追及したとしたら(笑)http://www.honmotakeshi.com/archives/48325177.html


携帯電話代の請求http://alfalfalfa.com/articles/149395.html


Photo_3

Photo_4


民主党を応援する機関紙のマスゴミは、安倍総理や菅官房長官のガソリン代を指摘し、民主党は小賢しくも、テレビ中継中にそれが映るよう記事のコピーを机に乗せ、また、NHKもそれを映していたようですが、現職の総理大臣や官房長官の所属支部が、選挙期間中全国を走り回るのは当たり前のこと。

落選中の一主婦が、辻立ちのために軽自動車で選挙区を走り回っても、地球5周するのにはどれくらいの時間が必要でしょう。

まったく、マスコミが安倍総理を批判するために比較として、総理のガソリン代を挙げるのは、逆に、山尾志桜里議員の異常さが浮き彫りになるだけです。

そして、山尾志桜里議員の問題は、ガソリンを給油しながら、なお且つ、ガソリンのプリペイドカードを購入したことなんですね。

« なばなの里のチューリップ 2016年春2 | トップページ | 交通事故現場 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« なばなの里のチューリップ 2016年春2 | トップページ | 交通事故現場 »