2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 熊本大地震への各国の反応 | トップページ | 吉野熊野国立公園「鬼が城」2 »

2016/04/17

被災地支援募金詐欺?

http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/jiji-2016041700123/1.htm

ネットニュースで、「野党も支援活動=民進提言、共産は募金-熊本地震」というのを見ました。民維党が邪魔をしなければいいがと思ってましたが、共産党の募金活動はもっとひどいことになっています。((+_+))

日本共産党、熊本の被災地支援で集めた募金を北海道5区補選や党躍進のために使用http://hosyusokuhou.jp/archives/47355548.html

共産党・香西かつ介氏 募金を「熊本の被災地救援、北海道5区補選支援、党躍進のためにありがたく使わせていただきます」とツイートし炎上http://getnews.jp/archives/1446665

Photo_4


これって、募金詐欺?

日本共産党の参議院比例予定候補が公示前にもかかわらずタスキをつけての募金呼びかけhttp://hosyusokuhou.jp/archives/47355995.html

これも、自分の選挙活動に使うのでしょうかねぇ?


そして、よくテレビでやってるドラえもん募金。これにも疑惑が持たれています。

ドラえもん募金の約9割を大西健丞氏のNGO経由で北朝鮮に送金ってどう思います?

●【テレビ朝日】ドラえもん募金の約9割を大西健丞氏のNGO経由で北朝鮮に送金か。

「テレビ朝日では、平成16年12月28日から平成17年1月31日まで
「ドラえもん募金スマトラ沖大地震被災者支援」を行ってまいりました。
皆様から寄せられた善意の募金88,760,300円にテレビ朝日からの
寄付金2,500,000円を加え、 募金総額は91,260,300円となりました。
このうち59,000,000円については、既に寄付を済ませておりますが、
残りの32,260,300円を日本赤十字社に寄付することを決定、2月17日に贈呈しました。
この結果、寄付先と金額は下記の通りとなりました。

募金総額 91,260,300円
AMDA 3,000,000円 3.28%
日本ユニセフ協会 3,000,000円 3.28%
日本赤十字社 3,000,000円 3.28%
ピース・ウィンズ・ジャパン 82,260,300円 90.13%

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1451772389

もちろん現地で活動するNPOに対して資金提供する事は必要です。

ただし、ジャパン・プラットフォームについては上記の事以外にもキナ臭さ満点なんです。
ジャパン・プラットフォームはピースウィンズ・ジャパンという団体(NGO)・
経団連・外務省が共同で設立した団体です。
このピースウィンズ・ジャパン、モンゴルでのNGO事業を巡って、
外務省から必要以上の補助金を受けていたことが発覚し、
一時的に補助金差止めとなる措置が取られたという過去があります。
また、ピースウィンズ・ジャパンとジャパン・プラットフォームの設立に
携わった大西健丞という人物についても、調べると怪しさ満点です。


私は、この募金には、昔から、胡散臭さを感じていて、阪神淡路信震災の時も、息子の家庭教師の先生のご実家が大きな被害を受けられ、個人的にお見舞いを出しました。ただ、ご実家からなにもお礼状が来なかったので、親御さんに渡ったかどうかはわかりません。(苦笑)

もし、募金をされる場合は、日本赤十字にされるようにして下さい。ここは、全額被災地に渡るそうです。また、熊本県でも直接義援金を受け付けています。https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_15416.html

間違っても日本ユニセフなんかには寄付しないでください。
以下は、個人のブログに載っていた記事の抜粋です。

日本ユニセフは東日本大震災のときに便乗して募金集めをしましたが 「全て日本国外で使う」 という用途を隠して募金集めをしていた過去があります。

2011年3月16日の日本ユニセフがHPにこそっと出していた
東日本大震災に便乗した募金集めの使途説明については以下。

-----
ユニセフによる日本への支援は、第2次世界大戦直後の昭和24年に始まり、昭和39年に終了いたしました。その後、日本国内では、これまでも大規模な自然災害が各地で発生しましたが、日本が、世界に類を見ない水準の支援体制を国内に持つ国であり、また、日本政府の支援要請も無かったため、ユニセフの支援がそうした場面で提供されることはございませんでした。

なお、当緊急支援に必要な資金を上回るご協力をいただいた場合(被災者の皆さまへの支援が行き届き、ユニセフと日本ユニセフ協会が提供できる内容の支援が被災地では必要ないと判断される場合)、ユニセフが実施する他国・地域での紛争・自然災害などによる緊急・復興支援に活用させていただくことがありますので、ご了承願います。
-----

要約すると
「日本への支援って実質もう必要無いから東日本大震災名目で集めたお金はよそで使うよ。」
です。

これに批判がかなり出たため(当たり前)
一ヶ月後に日本ユニセフは
「子どもたちを中心とする被災者の方々への支援に活用させていただきます。」
と発表内容を変更しました。

善意の募金をがっつりピンハネしてボロ儲けしている団体だけあって
流石としか言いようがありません。

さらに付記すると後に日本ユニセフが発表した東日本大震災名目で集めた義援金の使途のうち
「報告会運営、報告資料作成」で1億円近く使われていたり、
パートナー団体との連携や報告名目で2千万近く使われていたりと、やはりツッコミ所があります。

« 熊本大地震への各国の反応 | トップページ | 吉野熊野国立公園「鬼が城」2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 熊本大地震への各国の反応 | トップページ | 吉野熊野国立公園「鬼が城」2 »