2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« テレ朝「報道ステーション」にて、古舘氏、「放送法は努力目標」と発言。 | トップページ | 豆腐を使った生チョコレート »

2016/02/12

危機管理能力、安倍内閣と民主党政権の差に愕然

先日の北朝鮮のミサイル発射の件について、いろいろなニュースがありますので、ご紹介します。

菅官房長官「国際社会と毅然対応」 現時点で被害なし。

 菅義偉官房長官は8日午前の衆院予算委員会で、北朝鮮が7日に強行した長距離弾道ミサイル発射について「国際社会と連携して毅然(きぜん)と対応していきたい」と述べた。国連安全保障理事会決議による北朝鮮への新たな経済制裁に向け、働き掛けていく考えを改めて強調したものだ。

 菅氏は「いかなる事態にも対応できるよう、引き続き日米韓で協調すると同時に、国際社会と連携して国民の安全、安心の確保のために全力を尽くしていきたい」とも述べた。 


社民党の又市征治幹事長は発射を「極めて遺憾」とし、「北東アジア地域の平和と安全に悪影響を及ぼすことが懸念される」と指摘した。一方で、「この機会に乗じて、いたずらに『北朝鮮の脅威』をあおり、ミサイル防衛システムの整備・強化や、『南西諸島防衛』名目の自衛隊の沖縄展開に利用することは、北東アジアの緊張関係をかえって増幅しかねない」とも主張した。

 政府に対しては「国際的な協調体制を強化するなど、徹底した外交努力によって核とミサイル問題を解決すべきである」とした。談話の表題は「ミサイル」ではなく、「ロケットの発射」だった。

日本が危機にさらされるというのに、社民党はあろうことか、「ミサイル」でなく、「ロケットの発射」です。"(-""-)"

今回の北朝鮮のミサイル発射は、日本はすぐそれを確認し迎撃態勢も整えていましたが、とりあえず、部品の残骸は海に落ち、国土、国民に影響を与えないと確認されたので、迎撃命令は解除されました。


Jアラート(全国瞬時警報システム)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E5%9B%BD%E7%9E%AC%E6%99%82%E8%AD%A6%E5%A0%B1%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0も、正常に作動し、各関係自治体の体制も不安はなかったようです。

しかし、覚えておいででしょうか、民主党政権の時のドタバタを。


【北朝鮮ミサイル】Jアラートにトラブルなし。野田政権の対応と比較。危機管理能力とは・・

「てれびにだまされないぞぉ」のさくらにゃんさんのブログを拝見しましょう。

この時の島根県庁のドタバタを「夕方のTSK山陰中央テレビ【スーパーニュース】(ローカル)」で放送していたのをさくらにゃんさんがわかりやすく紹介してくれています。


テレビでは北朝鮮がミサイルを発射したと報道しているにも拘らず、その後の国からの緊急メールでも「我が国としては発射を確認していません・・・という内容です。」

この時は、韓国でさえ発射を確認していたというのに。。。オイオイ( 一一)
まあ、この時のミサイル発射は、失敗に終わり、韓国の西側の海上に落下していたのです。

ミサイルが発射されれば通知が来るはずのJ-ALERT(Jアラート)と呼ばれる、国からの緊急連絡システムも反応はありません。国がミサイルが発射されたと島根県に伝えたのは実際の発射から57分後でした。

この時の民主党の藤村官房長官

「誤情報もありうるという事での、もうひとつの手段でのあらゆる確認を続けていたという状況ではありました。」「少し検証は必要かとは思います。」

こらこら!!発射されて、落ちてから、確認していても遅いでしょう!!

県・防災担当者「7時50分頃でしたが、テレビの報道が最初にありました。」
国からの伝達より、テレビ報道の方が早かった。

そういえば、似たことありましたね。忘れもしない、村山内閣の時の阪神淡路大震災です。

一方、内閣総理大臣であった村山富市の、「阪神淡路大震災」時の動きですが・・・

 

 06:00 ・CNNワールドニュース、トップニュースで「マグニチュード7・2。神戸で大地震」と報道。
        ・村山起床。テレビで震災を知る。

  08:00 ・官邸、防衛庁に、派遣要請がきているか確認するも、要請無し。

  08:26 ・総理、官邸執務室へ(予定より1時間早い)。テレビで情報収集。

  09:18 ・村山、廊下で記者に「やあ、大変だなあ」、
         視察はしないのかとの質問に「もう少し状況を見てから」とコメント。

この村山総理ののんびりした様子は、この時の藤村官房長官の話とよく似ています。

TBSのニュースでは、防衛省関係者が「7時40分の一報を受け、J-アラートは発信されるという認識だった」と話し、政府の認識と大きく食い違っており、政府の危機管理能力の欠如を浮き彫りにした。と報じていました。

自民党との危機管理能力の差に愕然とします。

この後のドタバタも、画像を載せながら、詳しく記録して下さってるので、ご覧ください。

http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-a986.html


« テレ朝「報道ステーション」にて、古舘氏、「放送法は努力目標」と発言。 | トップページ | 豆腐を使った生チョコレート »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テレ朝「報道ステーション」にて、古舘氏、「放送法は努力目標」と発言。 | トップページ | 豆腐を使った生チョコレート »