2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 花フェスタ記念公園のバラ2015-11 | トップページ | 下衆の極み センテンススプリング »

2016/01/28

愛車が戻りました。

Img_20160128_121813574

昨年末に追突されて、お正月明けに修理に出していた車が、ようやく、戻りました。

三週間!!

まったく、ふざけた話です。相手方の一方的な過失。こちらは、信号待ちで停車していただけですから、逃れようがありませんでした。

当初、ディラーに届けた時。

「こういう事故の場合は、写真を撮って、保険会社に回すだけで、アジャスター(保険会社の査定員)も立ち会いません。」

修理担当の方の話では、一週間くらいで引き渡しができるとのことだったのですが、相手は何と、見積もりを安くして、できたら保険を使わない魂胆だったようです。

いま、保険を使うと、次の契約更新で、段階が大きく下げられて、保険料が高くなりますからね。

実際、見た目はバンパーの傷くらいしか見えなかったのですが、バンパーの奥の隠れた部分もダメージを食らっていて、ハッチバックドアの部分もゆがみがあり、鍵の部分も壊れていて、ナンバープレートのランプも消えてしまっていました。

追突された時の音は相当大きく、私たちが何のけがもしなかったのは、奇跡的というか、衝撃吸収バンパーの威力ってすごい!!と思わされた事故でした。

ディラーの修理担当の方が、きちんと、調べてくださって本当にありがたい。

実際、代車で走るのは怖いですね。レンタカー自体は、旅先で運転もしていますが、事故の代車となると、このうえ、事故にあったらややこしい。(^^;)

事故にあった時、息子たちの御迎えの途中で、心配させたり、待たせたりしては大変と、そちらの方に気持が行って、自分たちに怪我がないかどうかは、あまり気にしなかったのですが、きちんと、診断だけは受けておくべきでした。事故後、一月、特に異常はないのですけどね。

今回の事故は、全く、避けようのないものでしたが、これからも十分気を付けて、防衛運転に徹しなくてはと思いました。

« 花フェスタ記念公園のバラ2015-11 | トップページ | 下衆の極み センテンススプリング »

コメント

まふゆさん

体調は、戻りましたか?夫も、結婚して、間もなくのころにかかりました。夜中に、救急に行ったのを覚えてます。その後どうしたか、忘れたけど。(^^;)

交通事故は嫌ですね。確かに、けががなくてよかったと思います。そして、事故の時は、体裁をかまって、いい人になってはいけません。きちんと、自分に怪我がないか、念のため診断を受けること、そして、車の傷の見た目だけで判断してはいけないなと思いました。

ひろしさん

本当に、後ろの方が怖いですね。ただ、渋滞中の場合は、かなり、気を配り、ハザードランプを付けて、後方車が停車するのを確認しますが、今回は、信号の替わるのを待っていたのでねぇ。まさかと思いました。衝突安全車は、追突してくる車を跳ね返す車を作って欲しい。(苦笑)

愛車が戻って良かったですね!
色々考えさせられますが、今となってはお二人に怪我がなかったことが何よりと、諦めるよりほかないのでしょうかね、、不可抗力の事故が一番怖いね。

大変でしたね。運転には前や横だけでなく、後ろにも気をつけなくてはcoldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 花フェスタ記念公園のバラ2015-11 | トップページ | 下衆の極み センテンススプリング »