2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015/12/31

大晦日

今年も、大みそかとなりました。

このブログを始めたころは、ブログの題名通り、散歩がてらにみた風景や日帰りドライブの写真などをアップしていたのが、いつの間にか、政治についてのニュースもマスコミが報道しないことも取り上げるようになりました。

いま日本は大変な時代を迎えていると思います。

私の世代が、もうこの世にいなくなったころ、日本はどんな風になっているだろう。おそらく、そのころに、2015年は、時代の一つの転換点だったと思わせるでしょうね。

来年も、自分の趣味の旅行とガーデニング以外にも、テレビや新聞などのマスメディアが大きく伝えない、いろんな話題を拾って、ブログを続けていきたいと思います。

よいお年をお迎えください。

Ico_ani_joyanokane3_3


2015/12/30

遠江国一宮 「小國神社」  

遠江国(とうとうみのくに)、遠州森町に在る古社、小國神社。
http://www.okunijinja.or.jp/

余談ですが、遠江といえば、徳川家康が武田軍に大敗した三方が原の戦いが有名ですね。あの時、徳川家康が討ち死にしていれば、日本の歴史は大きく変わっていたかもしれません。


この小國神社、紅葉が綺麗ということで、12月の初め、神奈川からの帰りに寄りました。すっかり忘れてました。
例年なら、もっと、綺麗のはずが、まだまだ、紅葉していない。紅葉しないまま、師走を迎えているのでしょうね。

Img_6392


Img_6393


Img_6394


Img_6395


Img_6398


Img_6403


Img_6405


Img_6410


1400年以上の歴史をもつ古社で、桜の木もたくさんあったので、春もまた美しい神社のようです。

桜以外にも、梅やシャクナゲ、深山ツツジなどが次々と咲く。とくに門前の花菖蒲園は有名。ということで、春の楽しみがまた一つ増えました。

2015/12/29

携帯電話代は下がるのか

Img_20151224_131447520


これは、或る携帯電話販売会社が駐車場に置いている看板。

他社からの乗り換えで、32万円還元!!
家族4人で契約すればということらしいですけど。。。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

これは、特定のスマートホンの機種だけです。
日本では、アップルのAiphoneが寡占状態ですが、それは、この売り方に他なりません。
海外では、Aiphoneが一番高価なのに、世界では、日本だけが安いのだそうです。

この安売りの部分は、誰が負担しているのだろう?

そうです。二年ごとにキャリアを変えて、機種を替えている人達の負担を、長く同じキャリアを使い、同じ機種をつかっている人達などです。

どこかに、この値引きは、通信事業者から、販売代理店に支払われる販売奨励金なのだから、これを無くすと、販売代理店が立ちいかなくなり、販売代理店が消えてしまうと書いている記事がありました。値引きは、販売代理店の責任ではないような書き方。

でも、販売奨励金は、通信事業者から支払われています。通信事業者は、そのお金は、安定した顧客である長期契約者からの通信利用料で出しているわけですよね。

この販売の仕方を総務省の高市大臣が指摘していましたが、結局は、うやむやになりそうで、来春から安くなるといっても、根本的な解決にはほど遠そうです。

Photo


私のNifMoの料金です。

有料のセキュリティ分を含み、基本料1600円。500円は通話料。

1


これがドコモの料金。
9月分は、切り替えの手数料とか入っているので、より高くなっていますが、8月分が今までの料金。
夫の携帯分が1300円くらいなので、半額以下になりました。(^◇^)

2015/12/28

グレゴリオ暦と一致か 下呂市の金山巨石群

2009年11月10日に考古天文学「金山巨石群」という記事をアップしています。

http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2009/11/post-6916.html

Photo

閑散とした山奥に、古代には、天文学の知識を持った人たちの集落があったということに、驚きました。また訪れてみたいと書きながら、すっかり、忘れてました。(笑)

日本の考古天文学と巨石群http://www.seiryu.ne.jp/~kankou-kanayama/kyoseki/index.html

この「金山巨石群」に関するHPを読んでると、9000年もの昔、飛騨から、八ヶ岳の中部山岳地域に、縄文文化があったということを教えられます。
驚くのは、下呂温泉でしか知られていない?下呂市に下呂石というのがあって、縄文時代の石器のなかで、特に「石冠と御物石器に関しては、日本で発見される約50%がこの飛騨地方で発見されています。」というくだり。


下呂石 げろいし
下呂石は、旧石器時代から石器の素材として盛んに用いられた湯ヶ峰産の流紋岩です。
飛騨地方を中心とする縄文遺跡からも数多く出土しています。また飛騨地方では土偶・石棒・石冠・御物石器など、祭祀に使用されたと考えられている石器の数が、縄文後期・晩期になってから種類とともに多くなったということです。石冠と御物石器に関しては、日本で発見される約50%がこの飛騨地方で発見されています。


また、この「巨石群」を取り上げたのは、12月12日の地方紙「岐阜新聞」に
グレゴリオ暦と一致か 下呂市の金山巨石群
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20151212/201512120929_26303.shtml

の記事が載りました。

 岐阜県下呂市金山町岩瀬の県指定史跡で、縄文時代の天文台とみられている「金山巨石群」を調査している金山巨石群調査資料室は11日、現代と同じ太陽暦の「グレゴリオ暦」に基づいた観測ができる可能性が極めて高い、との調査結果を発表した。

 金山巨石群は推定4500年以上前に造られたとされる。高さ9~10メートルの岩が折り重なり、岩と岩の隙間から差し込む太陽光の位置や大きさなどから暦を読み取ったとされる。

全国的には、ほとんど話題にも上っていないのですが、これって、すごい発見なのです。

エジプトのギザのピラミッドが、太陽の動きを知るために役立っていたということと、この「金山巨石群」も、また、同じような太陽の動きを観察するためのものであるということがわかったわけです。

世界四大文明の一つのエジプト文明とほぼ同じころ、日本にもこうして、天体を観測し、おそらく、生活に役立てていた文明があったということなのですね。

2015/12/27

明治以降の近代史

戦後70年、私たちは、明治以降の歴史はほとんど学ばずに来ました。しかし、ようやく、本当の歴史をネットの情報によって、知ることになりました。

特に、日韓併合の現実は、決して、朝鮮半島の植民地支配ではなかったということ。少なくとも、西洋の植民地支配のように、現地人を奴隷として扱い、資源を搾取したようなことではありませんでした。

朝鮮半島だけでなく、台湾や東南アジアなどに進出しても、日本と同じようにインフラ整備を進めています。そのようなことは、何一つ教えてもらわなかった。

youtubeの動画は、アップしても、いつのまにか削除されたりしていますが、このKAZUYAチャンネルは大丈夫なので、興味のある方はご覧ください。

戦後、日韓基本条約で、当時の韓国の国家予算以上のお金を援助しています。そのうえ、日本が朝鮮半島に置いてきた資産をすべて放棄しました。それが、いまのお金に換算すると240兆円に上るということです。

日本が近代史を検証しようとすると、アメリカなど西洋諸国にとって都合が悪く、すぐ、歴史修正主義などと非難が飛びますが、間違っていることを修正して何か問題なのでしょか。

2015/12/26

夏の花「ペンタス」

Img_20151225_104902340

ペンタスが二本、まだ、頑張っています。さすがに、花は少なく、葉っぱも、色が汚くなって来てます。
一年草だと思っていたので、毎年、抜いてしまっていたのですが、可愛そうで、どうしようかと迷っていました。

ネットで調べてみると、「冬を越して、毎年花を咲かせる性質です。」とありました。耐寒気温は5℃~6℃。
こちらは、例年だと、雪が降るのですが、今年は暖冬。幸か不幸か、まったく雪の気配もない。(^^;)

本当は、掘りあげて、暖かいところに避難させれば、安心のようですが、まあ、そこまでする場所もないので、霜が降りそうになったり雪の心配のあるときだけ、避寒の工夫をしてやればいいかな。

2015/12/25

SDカードを認識しない!!

あぁ、やっちゃいました。

先日、SDカードの写真を取り込もうと、PCのスロットルに差し込んだら、認識しません。(´・ω・`)ショボーン

何度もやり直してもだめ。ネットで調べてみると、

「一度、PCを終了させ、なお且つ、コンセントから抜いて、電源リセットをして、やってみてください。」
というアドバイスがあったので、やってみました。

ダメ。がっくり。
困った、修理に出すと、一週間はテレビが見えない。こういう時、テレビ一体型は不自由です。

思い出しました、USBで、カードリーダーがありました。o(*^▽^*)oPhoto


http://www2.elecom.co.jp/products/MR-K013WH.html
ここに載ってる値段の半額でした。

写真が取り込めなくては、最悪ですものね。

しかし、どうして壊れたか。
実は、スロットルにSDカードを差しっぱなしにしていたのです。画像を取り込むのが面倒なので、少しずつやっていたのですね。差しっぱなしにしていても、それ自体は問題ないわけですが、その間に、二度も、停電状態になってしまった。PCの電源が入ったままで、ブレーカーを二回も落とした。アチャー。

それ以外に、思い当たる原因はありません。
まあ、SDカードのスロットルの故障だけで済んでよかったと思わなくてはいけませんね。

2015/12/24

TBSが「放送法違反」指摘に回答 岸井氏は回答せず

http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2015/11/post.html
平成27年11月22日の当ブログの記事です。

「メディアとしても(安保法案の)廃止に向けて、声をずーと上げ続けるべきだ」と、TBSのNEWS23のメインキャスターあの汚いひげの岸井成格氏は、発言しています。

この岸井成格氏の発言は、明確に放送法に違反していると思われ、本人、TBS、総務省それぞれに、作曲家のすぎやまこういちさんが代表呼びかけ人を務める「放送法遵守を求める視聴者の会」から、公開質問状を送り、返事を待っていらっしゃいました。そして、今般、返事があったことが明らかにされました。

その内容が、産経新聞で記事になっています。

「アンカーの論評は受け入れられている」 TBSが「放送法違反」指摘に回答 岸井氏は回答せずhttp://www.sankei.com/entertainments/news/151222/ent1512220012-n1.html

TBSは「報道・情報番組で、経験豊富なキャスターやアンカーがニュースに解説、論評をすることは広く受け入れられている」として、「公平・公正な番組作りを行っており、今後もそのように努めていく」と説明。番組アンカーの岸井成格氏は質問に答えないことをTBSも承知したという。

こんな風に開き直ることは、十分予想の範囲内ですけどね。しかし、岸井成格氏は、質問に答えられていないのです。(敬語でなく、答えることができないの意味)そこに、世論に追い詰められて、右往左往している彼らの姿が透けて見えます。

一方、高市早苗総務相は放送の政治的公平性について、「1つの番組というより、放送事業者の番組全体を見て判断する必要がある」と回答。その上で、1つの番組でも、(1)選挙期間前後に特定の候補予定者のみを取り上げるなど、選挙の公平性に支障を及ぼす場合(2)国論を二分する政治課題について、一方の政治的見解のみを支持する内容を繰り返すなど、不偏不党の立場から逸脱していると認められる場合-には、「一般論として『政治的に公平であること』を確保しているとは認められない」とする見解を示した。

高市総務大臣の回答は、至極当然のものですが、それに従って、行政指導をしたりすると、もう、マスメディアは政治が言論の自由を脅かすとか、大騒ぎになりますよね。

でも、新聞は、新聞法はなく、所謂、思想のプロパガンダの用具として、認められているのです。彼らが公平公正に報道しているとは、今の時代、誰も思わないでしょう。

しかし、テレビは、国民の財産である電波の使用許可を国から与えられ、その代わりに、高市総務相の放送法に照らした、見解が生まれます。

いまの、テレビ、特にTBSとテレ朝の偏向ぶりは酷いものがあり、第二の椿事件ともいえるようなことが、現にありましたね。それは、民主党政権を誕生させるべく動いたテレビの偏向ぶり。当時は、まだ、いまほど、ネットに情報が溢れているわけでなく、多くの有権者が見事に騙されました。


以下椿事件

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%BF%E4%BA%8B%E4%BB%B6椿事件(つばきじけん)とは、1993年に起きた、全国朝日放送(愛称および現社名:テレビ朝日)による放送法違反(政治的な偏向報道)が疑われた事件である。当時テレビ朝日の取締役報道局長であった椿貞良の日本民間放送連盟(民放連)会合での発言に端を発したことからこの名で呼ばれる。

日本の放送史上で初めて、放送法違反による放送免許取消し処分が本格的に検討された事件であったとも言われる。

いまは、偏向した報道、捏造した報道、それらが流れると、twitterやニュースのまとめサイトで晒されるので、事実関係がすぐ明らかになり、もう、日本人は騙されません。

2015/12/23

ゆずだいこん

ゆず大根を作りました。

旅行に行くと、高速のSAとか、道の駅などのお土産物売り場に必ずある、お漬物のコーナー。そこでよく買い求めるのが、ゆず大根。少し酸味のあるさっぱりしたお漬物が大好きなのです。

これって、簡単に作れるのですね。特に、今年は、大根が安いので、嬉しい。

漬け汁の分量ですが、以前に酢飯の酢の配合を紹介したことがあるのですが、それが一番私は好きです。


http://www.sirogohan.com/recipe/sumesi/
寿司酢の作り方なのですが、この分量が口当たり良くて、ゆず大根にも、私が好きな酢の配合です。

ネットで検索すると、もっと大量に砂糖を使うレシピがあって、それも試しましたが、ちょっと、甘すぎ。(^^;)

Img_20151221_194422530


2015/12/22

今日は冬至

今日は冬至ですね。
それにしては暖かい。年末の大掃除が捗りました。

我が家には、ぬいぐるみがたくさんあります。孫が遊びに来ると、それを二階から一階に運ぶのが、一つの遊び。埃まみれにしておけないので、洗濯機で洗って、干しておきます。

郵便屋さんがそれを見て、「ぬいぐるみも洗えるのですか!」と驚いてました。(笑)

ぬいぐるみは、ドライで洗うと綺麗になりますよ。(^^♪


さて、結婚して初めてというか、生まれて初めてというか。。。(^^;)

冬至ということで、柚子湯にしてみました。

小さいのですが、これで、100円!!
花柚子というのだそうです。

少なかったですね。(-_-;)もう少し買ってくればよかった。


Img_6424


レンコン、ニンジンを炊いてみました。それだけでは、寂しいので、鶏肉、シイタケとこんにゃくを入れて、あと、ぎんなんを散らし。

カボチャも高かったのですが、思いきって買ってきて、少し煮ました。カボチャが、今年は高かったような気がするのですが、どうなのでしょう。

明日は、てんぷらと残りはスープかな。一個丸々、大きいのを買ってきたので、使いきらないともったいない。

Img_6417

今夜の献立。

メインは、サバの煮物で、和食の献立ですが、ご飯だけ、鶏の炊き込みピラフ。(^^;)
ちょっと、試しに作ってみました。

2015/12/21

一陽来復

一陽来復
こんなことば、ご存知ですか?私は、恥ずかしながら、初めて目にしました。冬至について、検索していたら、暮らしの歳時記に出てきたのです。

冬が終わり春が来ること。新年が来ること。また、悪いことが続いた後で幸運に向かうこと。陰の気がきわまって陽の気にかえる意から。▽もと易えきの語。陰暦十月は坤こんの卦かにあたり、十一月は復の卦にあたり、陰ばかりの中に陽が戻って来たことになる。「復」は陰暦十一月、また、冬至のこと。


http://allabout.co.jp/gm/gc/220635/2/

allaboutの「暮らしの歳時記」に冬至の行事食について、紹介されている中に載っていました。

冬至に食べるものは、カボチャだけでなく、にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、きんかん……「ん」のつくものを運盛り といい、最後に「ん」が付く食べ物をたべると、「運」が呼び込める。ダジャレですが、面白いですね。

このページには、柚子湯のやり方も詳しく解説されてます。
今年の冬至は、12月22日です。いつもは、入浴剤で、ごまかしてましたけど、今年は、柚子を買い占めてこようかな。(笑)


336x274x20150902_055411336x274_jpg_


2015/12/20

今日のお客様

Imgp6214


Imgp6215

今朝は冷え込みましたね。
ようやく冬が来たと思わせる寒さでした。

でも、快晴で日差しが気持ちよく、久しぶりに、少し庭仕事をしていましたら、かわいらしい鳴き声が聞こえてきました。

自分の目では確認できなかったのだけど、望遠レンズで覗くとごらんのとおり、メジロちゃん。(^^♪

2015/12/19

早朝の多度大社

Img_20151219_093917900


1


Mudai2


Img_20151219_095305928

度々登場させている、多度大社です。一年の無事のお礼を込めて、多度大社にお参りに行ってきました。

http://www.tadotaisya.or.jp/%e5%a4%9a%e5%ba%a6%e5%a4%a7%e7%a4%be%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/

なかなか、由緒のある神社です。
明治6年に県社と列格されたのが、大正4年に大社に昇格、平成8年に多度神社から多度大社に改称されました。

白馬伝説の白馬がいます。
http://www.tadotaisya.or.jp/%e5%a4%9a%e5%ba%a6%e5%a4%a7%e7%a4%be%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/%e7%99%bd%e9%a6%ac%e4%bc%9d%e8%aa%ac/

本宮の横に二段の滝が落ちていて、美しい。紅葉もまだまだ綺麗でした。十月桜は、花つきがよく無いようでした。花がかわいらしいので、よほど、びっしりつかないと、枯れ枝が目立ちます。((+_+))

2015/12/18

余命三年時事日記刊行

余命三年時事日記http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/

情報化社会と言われてから長いですが、その情報は、新聞、テレビのマスメディアが支配し、自分たちに都合のいい情報だけを流し、あまつさえ、捏造した記事を載せて、日本を貶めてきているということに、ネットに触れることで、ようやく知ることができるようになりました。

余命3年と宣告されて1年が過ぎた。 ほぼ同時期に同様の病に倒れた友人3名は闘病むなしく余命3年を全うできずに世を去った。 小生も残る時間はいくらもないと思うが約70年の人生経験を一人でも多くの次世代に伝えるべく我が一族郎党32名の声と情報を併せて発信することとした。 よってブログの更新が止まったときはそういうことかとご理解いただきたく思う。 情報ソースのかなりの部分は小生と父母の実経験による。 残る部分の大半も一族の信頼できる情報による。 ここに、ねつ造や虚偽はない。 ここで小生の一族郎党について触れておきたいと思う。 但しプライバシーに関することなのでこの部分は数字等に多少偽りがあることをお許しいただきたい。 父は満州生まれ満州育ちで中国語、ロシア語の会話はもちろん読み書き自在である。 母は数年前に亡くなったがソウル生まれソウル育ちで朝鮮語と中国語ができた。 叔父姪はアメリカ、カナダに在住である。 職業は公務員、医師、教師、自営業さまざまであるが政治家だけはいない。 それと大学生以下18人の子供達だ。 記事のテーマは多岐にわたりジャンル分けが難しいので思いついたものから送稿する


2012年、余命三年を宣告されたある愛国の士が書き残されたブログが、多くの愛国の日本人に感銘を与え、このブログの読者が爆発的に増えました。

これは、初代余命さんがブログをはじめるにあたって、書き始めの章。初代は、残念ながらお亡くなりになり、二代目がいらして、いまは、三代目の方が書いていらっしゃいます。

現状、1日あたり閲覧回数4万強、月にすると約120万回、1日あたりpv10万強、月にすると約300万pvまで回復している。 

一度、どこかからの圧力により、so-netのブログで書かれていたものが、突然削除されるということになりました。
でも、数日で、回復し、上記のような閲覧数。一日、閲覧回数4万強!!

削除されるまでは、もっと、すごかったのです。

今般、この渾身のブログが書籍となって、昨日から販売になりました。

Blog


ところが、ネットでの取り扱いは、Amazonだけです。他の大手書籍通販サイトでは「余命三年時事日記」の購入予約ができません。

このe-honでも、注文したら「現在取り扱いできません。」です。

○ Amazon 「12/17発売予定 予約受付中」 × 紀伊国屋ウェブ 「ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません」 × 丸善とジュンク堂ネットストア 「現在ご注文いただけません」 × hontoネットストア 「現在お取り扱いできません」 × 楽天ブックス 「ご指定の検索条件に該当する商品はありませんでした」 × セブンネットショッピング 「絶版重版未定」www × ホンヤクラブ(取次の日本出版販売株式会社のサイト)「予約受付を終了しました」

一般の書店でも、取り扱っているところと、注文しても拒否されるところもあるようです。

この本の内容が気に入らない勢力の圧力に屈して、書店が不売行為をしているのです。日本の書店が、言論弾圧に加担していると言わざるを得ません。

Amazonの売れ行きは、政治部門で第一位。総合でも、羽生君を押さえて二位です。(^^♪
購入者のレビューも、星五つばかり。

今後の展開を見守りたいと思います。

2015/12/17

洗濯機が壊れた!!

相変わらず、季節が進みませんね。
今日は、少し寒くなると言われていましたが、それでも、暖房を付けないで、室温、21度。

灯油も要らなくて済み、経済的ではありますが、やっぱり、四季の変化のメリハリは欲しい。それに、経済活動が停滞してしまうことは、やはり心配です。


さて、一昨日、9年11ヶ月使ってきた、洗濯機がとうとう動かなくなりました。( 一一)

毎日、使うものとは言え、洗濯も脱水もモーターは動いています。ただ、洗濯から、脱水へが進まない。マイコンセンサーに異常があるのです。最初に異常が出たのは、8年くらい前。

お客様相談室に電話すると、修理に2万円以上かかる場合もあるとの返事。
え~~~!!モーターは正常なのに。"(-""-)"

ネットで調べてみると、水平に置かれてい無いと、途中で止まることがあると書いてありました。水準器を見ると、確かに、少し傾いている。そこで、下敷きを入れて、自分で直しました。それからも、時々、ストライキを起こしていましたが、なんとか、2年、騙しながら使ってきたのですが、とうとう、騙しも効かなくなって、動かなくなった。

仕方がないので、買い替えることに。

我が家の周辺は、新興団地ということもあるのでしょう、総合電気店は、A社、B社、C社、D社と四つもあります。
ネットで、ちらしを調べて、各電気店の値段を書き止めて、いざ出陣。(笑)

購入候補は、だいたい決めてあったので、まずはA社へ。

展示製品を見ると、ちらしの値段よりも、まだ、3000円くらい?安くなっていた。納入日は、翌日になるということで、それにすることにして、購入手続きをしていたのですが。。。

ふと思い出したのが、この店は、カードを使うと、ポイントが付かない。それを思い出しました。(笑)そこで思い直して、ちょっと、もう一度、家で確認したいことがあるからと、とりあえず、お断りをして、今度は、B社へ。

B社でみると、「高い!」。
そこで、値段交渉。A社では、〇〇〇円でしたよ。と言うと、

店員のお兄ちゃん、困ったような顔をして、上司に相談に行きました。(^◇^)
結果、A社の値段より、3000円値引きしてくれることに。やったね!!

ところが、問題はそれから。

在庫切れで、メーカーに注文になるので、早くて、12月29日。
オイオイ。

まあ、でも、安くしてくれるというのを聞いてしまっては、もとのお店に戻れない。仕方がないので、他の製品を当たることになってしまった。

他に同等の製品が出ていたのですが、それも、在庫切れ。展示品ではいけないのかと聞くと、
「新製品なので、展示を切らすことはできないのです。」
なんとも納得のいかない話ではありました。

まあ、総合電機店ですので、他にも、いっぱい並んでいる。仕方がないので、翌日配達してもらえるものにしました。

結局、最初の店で買えばよかったのかなぁ。(^^;)
Img_6414_2

この写真は、水道の蛇口。水道に付けるコネクターがうまくつかないと、破裂して、水が飛んでしまうというトラブルが全自動でよくありましたよね。いまは、これを付けると、大丈夫になっています。これも、震災で多くの水道が出っぱなしということがあって、考え出されたのだそうです。

日本の技術者の方は、よく考えてくださいます。


2015/12/16

「夫婦同姓」 合憲の初判断 最高裁

夫婦別姓認めない規定 合憲の初判断 最高裁http://hosyusokuhou.jp/archives/46304954.html

今日、また、最高裁大法廷で、注目の判決が出ました。

明治の初めに制定された民法の規定、夫婦は同一の姓を名乗るものとしている規定を憲法に違反しているとして、訴えていたものが退けられました。

明治の時代から家族が一つとなって温かい家庭を育んできたのは、一つの絆の象徴としての「〇〇家」であると思います。父親と母親が別の姓で、兄弟姉妹もそれぞれが父親か母親の姓を名乗るとすれば、なんとも、不自然で他人行儀な家族構成になると思います。

以下は、各報道機関の記事の見出しです。如何に、報道機関によって、見出しの打ち方が違うか、メディアは事実だけを報道するのではなく、自分たちの立ち位置から報道していることがよくわかります。

ネットがあることで、こうして、だれでも、メディアの考え方が比較検討できる時代なのですね。


【産経新聞】夫婦同姓規定は合憲 再婚禁止6カ月は違憲 最高裁が初判断

http://www.sankei.com/affairs/news/151216/afr1512160018-n1.html

【読売新聞】最高裁「同姓合憲」、民主や共産は批判

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151216-OYT1T50104.html?from=ycont_top_txt


【毎日新聞】夫婦別姓認めない規定は合憲 最高裁初判断

http://mainichi.jp/articles/20151216/k00/00e/040/234000c


【NHK】夫婦別姓認めない規定 合憲の初判断 最高裁

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151216/k10010342841000.html

【中日新聞】夫婦別姓禁止は合憲

http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2015121702000072.html

各メディアの中で、中日新聞の表題は完全に間違っています。

民法は禁止をうたっていません。

民法750条 夫婦は婚姻の定めるところに従い、夫または妻の氏を称する。


今回のニュースで、驚くべきは、NHKの報道です。

Nhk_2

え~~~!!

これは、間違いでしたで済む問題ではないと思います。
事前に、「夫婦別姓」合憲の判断が出ることを願って、記事を作っていたとしか思えない。

最初のリンクをご覧いただくとわかりますが、盛んに、夫婦別姓を認めない日本は、世界で少数派だと煽っています。


世界史を覚えていらっしゃる方は、分かると思いますが、日本は、世界で、唯一、2000年以上続く国家なのです。それは、家族、一族が、纏まり合って、絆を強くしてきたからだと思うのです。

○○家という一つのまとまりがなくなってしまえば、「犬神家の一族」の推理小説が崩壊してしまう。Σ(`0´*)


2015/12/15

新国立競技場の「技術提案書」を公表

http://www.sankei.com/life/news/151214/lif1512140008-n1.html

新国立競技場の新しい案が公表されました。リンク先をご覧ください。

A案、B案共に、日本らしいデザインで、素敵ですね。

どうして、実現可能なように、最初から建設会社を含む、コンペをやらなかったのでしょうね。デザインに奇をてらったもので、建築費も考慮しないとなったら、あんな変なデザインが出てくるわね。( 一一)

今日の朝の情報番組で、視聴者にアンケートを取ったところ、A案がB案に比べ、倍くらいの支持がありました。

ただ、新国立競技場整備事業に関する技術提案書 http://www.jpnsport.go.jp/newstadium/tabid/490/Default.aspxを見ると、どちらも素晴らしくて、どちらが選ばれるか、楽しみです。


https://enq.internet-research.jp/open/707iAFPEvekAmiB1z3pDEQ/
こちらのリンク先を開いていただくと、意見を投稿することもできます。(^^♪

2015/12/14

靖国神社爆発事件 続報

http://hosyusokuhou.jp/archives/46272390.html

【衝撃画像】韓国領事館への不審物、 な ん と 『日本共産党のチラシ』が貼り付けられていたことが判明 !!! 韓国のテレビ局が報道


靖国神社爆発事件の犯人が、再入国し、即逮捕された事件に続いて、12日午前9時45分ごろ、韓国総領事館の敷地内に不審物 横浜、爆発物処理班が出動するという事件がありました。

その不審物の内容を韓国のテレビ局が報道していました。


その不審物の内容というのが、汚物(人糞)です。それが包んであった紙が、日本共産党のちらしです。(^^;)
C60a63b1s_3


そして、とても漢字を書きなれている日本人が書いたとは思えない字で声明文が書いてありました。

姦酷塵による靖国爆破への報復です。在特会

この字、よくハングルと一緒に、日本語からかけ離れた字が書いてある看板の字体とよく似てますよね。

Photo_2


なでしこりんさんのブログから

横浜市 というと神奈川県。在日韓国人の巣窟と言われている「川崎」とは目と鼻の先です。

あの近辺は在日韓国人の密度が濃い場所です。 以前、東京の新大久保で「差別落書き騒動」というのがありまして、NHKはわざわざニュースにして流したんですよ。

ところがなんと、「落書き消し隊」を組織したのが「しばき隊」の「旗さお地こと生協の○野氏」。ネット上では早い段階から「あれは在日とブサヨの自作自演じゃないか?」という話が出ていました。

在日韓国朝鮮人による「被害者芝居」は有名ですからね。
O0800045013509852732_2

    
          どうみても「同一人物の筆跡」。「チ」の書き方に特徴あり。

これだけでなく、朝鮮学校のチマチョゴリ切り裂き事件というのが頻発したことがありましたが、これも、自作自演だったのです。日本人は、わざわざ、そんな細かい嫌がらせする必要はないですからね。

ところで、この靖国神社爆破事件の犯人を羽田で確保できたのは、最初、韓国がこれ以上の日本のとの関係悪化は、自国にとっても不利益と考えて、水面下で日本政府と取引をしたのかと、ネット上では勘ぐられました。

しかし、そうではなかったのですね。この韓国人の犯人は、一度目は、失敗したので、再度、爆破を起こそうと来日したようです。



    
  全容疑者の突然の再入国に警視庁が対応できたのは、テロ対策のために導入された「事前旅客情報システム(APIS)」によるところが大きい。

 APISは海外から国内に入国する航空機に搭乗した旅客の氏名、国籍、生年月日などを記した名簿を航空会社が提供するシステム。提供された名簿は税関当局と入国管理局が閲覧することができ、入国拒否事由に該当するなどとして登録した人物リストと自動照合される。米中枢同時テロ(2001年)後に導入が検討され、平成17年に運用開始。18年からは入管難民法の改正を受けて全航空会社から提供を受けている。


 警察当局はテロリストのほか、逮捕状を取っている容疑者などの不審者情報を入管当局などを通じてリストに登録し、動向把握に活用。導入初年の17年の1年間だけで、指名手配されていた日本人11人と外国人6人が逮捕されるなど成果を上げてきた。

 今回、警察当局は全容疑者の情報をAPISに登録していたもようだ。警視庁は連絡を受けて捜査員を羽田空港に派遣。建造物侵入容疑で逮捕状を請求するなど、入国後の逮捕に向けた態勢を整えていた。

     http://www.sankei.com/affairs/news/151210/afr1512100007-n2.html   

                                                  

こう言うことだったのです。

テロに対する備えは、地道に行われ、それなりに成果をあげているとことですね。
あとは、共謀罪を成立させ、国際組織犯罪防止条約の批准させなくては、日本が普通の国にはなれません。

http://www.moj.go.jp/keiji1/keiji_keiji35-1.html


共謀罪成立に反対する後ろ暗い人達。

http://abyssus.hatenablog.com/entry/2015/11/18/192211

2015/12/13

旅のガイドブックとしての「百寺巡礼」

Photo_2


旅のガイドブックと言うと、それぞれの地域の旅行雑誌ですよね。私も、お小遣いが豊富な時は、必ず、買っていたので、本棚がそれでいっぱいになってました。

最近は、ネットでいろいろ情報を調べることもできるし、雑誌に載っているお勧めの飲食店が、必ずしも、お勧めでないこともあるので、あまり買わないようになりました。お小遣いも続きません。(^^;)

今回、奈良旅行に行こうと思わせたのが、この五木寛之氏の「百寺巡礼」第1巻奈良。これの最初に取り上げられているのが、室生寺です。

この百寺巡礼は、2003年にテレビ朝日とBS朝日で放送されていたのですね。それを纏めた単行本が出て、ほどなく、文庫本が出たようです。単行本は高価ですが、文庫本なら、揃えられるかなと、とりあえず、近場の奈良、滋賀、東海を購入し、そのあと忘れてました。(^^;)

調べてみると、Amazonnのレビューはおおむね好評ですが、ネットの個人のブログでは、結構、辛口評が多い。

でも、お寺というと、京都となりますが、滋賀や奈良には、とても、いいお寺がたくさんあります。旅行は、お寺巡礼だけが目的ではないですが、やはり日本人の習い性でしょうか、お寺の仏様にお会いして、お庭を拝見するのは、心落ち着くものです。

そのための、ガイドブックとしては読みやすいし、興味をひかれる一冊です。

2015/12/12

自然が作り出した不思議な光景 「橋杭岩」

Imgp6387


Imgp6388


Imgp6392


奈良と南紀の旅行、二日目は午後には、傘がいるくらいの雨になってしまって、熊野本宮大社も横目で見ながら、宿に一直線。

南紀は、ほとんど、行ったことがあるところ。三日目も、曇りで、また、雨も降りだしそうでしたので、どうしても、行きたかった「橋杭岩」だけ寄りました。

ここは、三度か四度目です。一度目は、子供が幼いころに、白浜サファリパークと太地のクジラ博物館に来た時、この「橋杭岩」にも寄ったのだと思います。

その時、感動したのが、並ぶ岩の向こうの海の色と、手前の岩場に寄せている海の色のコントラストの素晴らしさ。青い空の下、不思議な岩の整列とともに、魅入りました。

http://www.kankou-kushimoto.jp/event/hashikui_r_up.html
この観光ガイドに、水を満々と湛えた、橋杭岩の様子が見えます。

水が引いているときは、岩のあたりまで行けます。水が引いているときのほうが、多いですね。満潮の、しかも大潮の満潮の時しか、この美しさに出会うことはできません。しかも、空が青いとき。なかなか、条件が厳しい。(;´▽`A``

Photo


この日は、中潮で、満潮が午前10時40分くらい。

ここは、道の駅になっていて、駐車場は広く、平日でもあり、しばらく停めていても問題ないようだったので、満潮になるのを待つことにしました。道の駅には、レストランとか喫茶ルームはないので、道を挟んだ前の喫茶店に行きました。

失礼ですが、田舎の喫茶店、あまり、期待してい無かったのだけど、その期待は、良い方に裏切られました。(笑)
コヒーは豆をひいてから淹れてくださって、美味しい。そして、お菓子と果物まで付いていた!!  

2015/12/11

日本一のつり橋 「谷瀬(たにせ)のつり橋」

1


3


またまた、ストリートビューのキャプチャーです。(^^;)

一日目は最高のいいお天気だったのですが、二日目は朝から雲行きが怪しくなり、お昼頃、この谷瀬のつり橋に着いたころには、ポツポツと雨が降りだしてきました。

前の食堂で食事を済ませ、車を置かせてもらって、つり橋を見に行きました。
雨が気になって、コンデジで写したのですね。その画像を全部消去。。。((+_+))

本当は、一眼で写したくて、楽しみにしていたのですが、御覧の通りの風景で、ちょっと、興ざめしました。

ここは、40年位前、結婚して間もないころに訪れています。その時は、橋のほとりに桜が咲いていました。5月のGWの時期でしたが、遅咲きの八重の桜で、深い山の中ということで、いいタイミングだったのでしょう。いまでも、そのきれいな桜が思い出されます。

いま、ストリートビューで確認しても、その桜は姿がありません。

http://totsukawa.info/joho/kanko/
いまは、村の観光名所になっているようですが、生活のための重要な橋として掛けられたのです。

  今から約60年も前の昭和29年(1954年)戦後の復興期のことじゃ。
谷瀬の人々らは川に丸木橋を架けて行き来しておったんじゃが、洪水のたびに流されとった。
そこで谷瀬集落の人々は1戸当たり20~30万円という、大金をだしあい当時としては思い切った800万円もの大つり橋を村の協力を得て完成させたんじゃのら。
当時の教員の初任給が7800円で米10キロが765円の時代じゃよ。

                                              

すごいですね。日本中がまだ貧乏な時代、まして、こんな山間へき地では、収益と言ってもそれほどなかったでしょう。村人のお互いを思いやる気持ちの賜物なのですね。

2015/12/10

関西のパワースポット 「天河大弁財天」

Photo


今回の奈良旅行の第一の目的が、この天河大弁財天社にお参りすることでした。

祭神

宗像三女神の一人、市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)を主祭神とする。芸能の神として知られ、現在も芸能関係の参拝が多い。元の祭神名は弁財天(サラスヴァティー)で、神仏分離により「市杵島姫命」と称するようになったものである。今日でも社名に「弁財天」とついている通り、「弁財天」としても信仰されている。「厳島、竹生島と並ぶ日本三大弁財天のひとつ」と称している[1]。

天河神社社家が代官所に1712年出した「願書」に「生身天女の御鎮座天照姫とも奉崇して、今伊勢国五十鈴之川上に鎮り座す天照大神別体不二之御神と申し伝え」るとあることからも判明するように、創建に関わった天武天皇と役行者は、伊勢神宮内宮に祀られる女神(荒祭宮祭神 瀬織津姫)を天の安河の日輪弁財天として祀った。天河における天武天皇の眼前の上空での吉祥天の舞が五節の舞として現在にいたるまで、宮中の慶事の度に催されている。 他に、熊野坐大神、吉野坐大神、南朝四代天皇の御霊(後醍醐天皇、後村上天皇、長慶天皇、後亀山天皇)、神代天之御中主神より百柱の神が配祀されている。

本殿に祀られている弁財天像は通常非公開で、毎年7月16日から17日にかけて執り行われる例大祭においてのみ開帳され、各種祝詞・般若心経や神楽とともに、能楽やアーティストの演奏などが奉納される。本殿右扉の中に安置されている日輪弁才天像は、60年に1度にのみ開帳とされている。なお、2008年(平成20年)には、時勢の悪化を憂慮し、また本殿改築20年を記念して、60年を経ずして日輪弁才天の開帳が行われた(拝観料:3000円)。 

                                                    


能舞台もあって、厳かな神社でした。

天河神社は、“縁がなければ、たどり着けない場所”ともいわれています。 「来るべき時期が来ないとたどりつけない」「神様に呼ばれた人が行くところ」などの言い伝えがあり、縁のない人は行きたくても天河には行くことができないそうです。

ネットで検索すると、このような表現がよく見られます。パワースポットとして、有名なようです。

私たちも、前から行きたいと願っていたのが、今回行くことができたのは、縁があったということなのでしょうか。
確かに、先の記事のみたらい渓谷から、天川村まで、道が狭い。雨の多いところでもあるので、大雨になったりしたら、参拝も断念しないといけないような場所です。


写真がありません!!確かにコンデジで写してきたのに、どうも、間違って、消去したみたいです。( 一一)
きっと、もう一度、尋ねておいでということなのかもしれませんね。


Wikipediaに書いてあるように、祭神が芸能の神様として知られているそうですが、芸能とは、全く関係がなく、ただ、夫がファンの内田康夫さんの「天河伝説殺人事件」の舞台である天河神社を見たかっただけ。(^^;)

今から、25年前に映画にもなっていたのです。

この物語で重要なアイテムになるのが、三つの鈴をつなげた五十鈴。欲しかったのですが、とても高価でした。((+_+))


内田康夫さんの浅見光彦シリーズの中でも、この天河伝説殺人事件は、特に人気のようで、何人かのタレントさんが浅見光彦を演じています。

そのうちのひとつ、中村俊介さんが演じたフジテレビの「天河伝説殺人事件」のロケ地が紹介されていたサイトがありました。

http://loca.ash.jp/show/2008/e2008_astenkawa.htm

こうしてみると、距離的に考えられないところも舞台になっているのですけどね。(笑)

2015/12/09

大気汚染

1


中国の大気汚染が大変な状況になっていますね。(*_*;
中国だけで済めばいいですけど、そう言うわけにはいきません。

特にこれからは、西からの季節風が強まる時期ですから、日本にとってはとても深刻です。

上の大きい画像は、東北大学のインターネットサイト「越境大気汚染衛星画像データーベースのものです。
下がアドレスです。こちらは観測されたものなので、前日のものになります。
https://tapsidb.cneas.tohoku.ac.jp/public/

こちらは、個人の方が運営していらっしゃるPM2.5情報の速報値です。洗濯物を干すときは、こちらの方が有益でしょうか。(^^♪
http://pm25.jp/

こちらは九州大学の「SPRINTARS」の大気エアロゾル(微粒子予測)
http://sprintars.riam.kyushu-u.ac.jp/forecastj.html


気象庁の黄砂情報
http://www.jma.go.jp/jp/kosafcst/

環境省大気汚染物質広域監視システムそらまめ君
http://soramame.taiki.go.jp/
こちらは、PM2.5以外の大気汚染物質も見ることができます。

いいお天気が続くと、布団干しや大掃除と年末は忙しいのですが、これだけ、汚染された大気が流れてくると憂鬱ですね。

2015/12/08

靖国神社で爆発物!宮中祭祀「新嘗祭」行事狙って仕掛け?鉄パイプ爆弾

ニュースとしては、少し古くなりますが。。。大きな問題なのです。

http://hosyusokuhou.jp/archives/46203280.html

ヨーロッパやアメリカでは、イスラム過激派のテロが度々起こり、非常に危険な状況になっています。しかし、日本では、まったく、別の組織?によるテロが起こったのです。

テレビや新聞などのマスコミは、靖国神社で「爆発音」と報道していますが、そうではなく、パイプ爆弾が仕掛けられていたのが、たまたま、仕掛けが下手で、爆発しなかっただけだったのです。


・爆音がする装置をトイレ床に設置 ←これが音を出した

・天井裏にパイプ爆弾が仕込まれていた(不発)


最初に爆発音がして、そのあと、人が集まってきたところで、時限装置付きのパイプ爆弾が爆発する仕掛けになっていたようです。

http://www.j-cast.com/tv/2015/11/24251267.html

銀色の艦隊さんのブログです。簡潔にまとめていらっしゃるので、紹介します。
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/

2013年にも靖国神社放火未遂事件がありましたが、それと非常に似通っているようです。

マスコミは、靖国神社爆発音事件などと、半分虚偽を混ぜた報道の仕方をしていますが、これは、れっきとしたテロ事件。徹底的な捜査を、そして、再発防止を徹底して欲しい。


なでしこりんさんのブログ
http://nadesikorin0719.blogspot.jp/2015/12/blog-post_7.html

これも韓国における「反日教育」の成果なんでしょうか?
マジで「韓国人の日本入国禁止」を考えるべき時期に来てると思う!

なでしこりんさんのブログの画像をご覧ください。
靖国神社の柱に、南KOREA人の若い男が、ライターで火をつけている写真を見ることができます。
顔写真も出しているわけで、犯罪者として、引き渡しを求めるべきでしょう!!

2015/12/07

自然が作る造形美 「みたらい渓谷」

Imgp6357


Imgp6360


Imgp6354


Imgp6361


Imgp6368


Imgp6370


Imgp6371


Imgp6373


Imgp6379


Imgp6384


Imgp6385


Imgp6372


Photo_2


神秘的な森の中の豪快な清流。
とにかく、こんな綺麗な水の流れは、初めて見ました。

この、絶景をどう伝えればいいのか。自分で写した画像を見て、ガックリ。(^^;)こんなものじゃないのです。是非、一度足を運んでみてほしい。

2015/12/06

第一級の渓谷 「みたらい渓谷」

最近、テレビを見なくなりました。
とにかく、タレントがひな壇に並んで騒がしいものは、まず見ません。いい年をした爺様、婆様が学生服やらセーラー服やら着て並んでるのを見ると、頭がくらくらします。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

つまらないテレビ番組の中で、旅番組だけは参考になりますね。特に、ローカル放送で、近畿地方をとりあげる番組は、まだ、行ってい無いところが紹介されるので、よく見ています。
ええじゃないかhttp://www.mietv.com/yajikita/

三重テレビが企画放送しているようで、三重県が多いですが、11月2日の放送が、天川村の旅だったのです。

『天の国 秋を楽しむええ旅さがし』 (奈良県天川村)http://www.mietv.com/yajikita/archive/151102/index.html

この天川村は、夫が、以前から興味を持っていたところでした。というのも、夫は、推理作家内田康夫さんの大ファン。「天河伝説殺人事件」を読んで、この舞台となった天川村に行きたがっていたのです。

そこで、この番組を見て、この「みたらい渓谷」も良さそうということで、今回の奈良旅行ということになりました。(^^♪

このみたらい渓谷、テレビでの紹介では、あくまで、タレントさんは遊歩道を歩いているので、道の狭さはわからなかったのですが、実際、Googleearthで見てみると、国道といいながら、車一台通れるくらいの狭さ!!((+_+))

でも、苦労して、ひやひやながら車で行ってよかった。いままで、いろんな渓谷とか、滝巡りしていますが、これほど素晴らしいところは、初めてです。


2


Photo


R309号、国道とは名ばかり、狭いです。(^^;)まだ、県道21号の方が広かったようです。ただ、一番の見どころが、上に挙げたGoogieearthの地図のところ。

ルート案内などで下調べをすると、道の幅員はわかりませんが、こうして、Googleearthで調べて、ある程度情報を取っておくと、便利ですね。

Imgp6353


上写真は、みたらい渓谷の絶景ポイントのちかくの天ノ川。

Imgp6355

こちらの階段を上がると、絶景ポイント。

絶景ポイントの画像は、明日にします。(^^♪

2015/12/05

汐留ビル群

Photo


Img_6371


Img_6376


1


JRの新橋駅前は、たまに通ったことがありますが、古くて、汚い?(^^;)そのまま。でも、地下街は綺麗に整備されて、汐留ビル街にも地下街が続いています。

Img_6377


汐留シティセンターの42階にある高層レストランでランチを食べました。意外と安いので驚き。量が多くて、お蕎麦は少し残しましたが、美味しかった。

たまには、都会の空気を吸うのもいいものですね。(^◇^)

2015/12/04

ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち展

Img_20151204_0001


久しぶりに、東京に出る機会ができたので、美術館に足を運びました。

月曜日に開館しているところは少ないのですが、それでも、東京はすごい。たくさん美術館やミュージアムがあって、そのうちのいくつかは有名美術展を開催していました。古典派の展示のところがいくつかあったのですが、パナソニック汐留ミュージアムでは、ゴーギャン展を開催していたので、行ってみました。

ゴーギャン以外は、初めて鑑賞する画家でしたが、アンリ・モレの「ブルターニュの風景」とかフェルディナン・ロワイアン・ピュイゴドーの「藁ぶき家のある風景」、シャルル・ラコストの「花盛りのマロニエ、パリ」など、惹かれるものがいくつかあって、心に栄養をいただく時間を過ごせました。

絵葉書が欲しかったのだけど、これらのはなかった。そろそろ、展示の期間も終わる頃だからだったのかな。

この美術展で、新しい知識を得ました。

ゴーギャンの「ブルターニュの眺め」に子供が描かれていますが、それが靴を履こうとしているところ。ゴーギャンは、そのポーズがお気に入りのようで、「ブルターニュの子供」という作品にも同じように子供が靴を履こうとしているポーズが描かれています。

そして、そのポーズが、ドガの作品で、靴を履こうとしてかがんでいる踊り子の絵がありますが、それとおんなじポーズ。(^^♪

これらの絵を検索してみたら、この絵画展をご覧になった方がブログで紹介していらっしゃったので、アドレスを載せておきます。

http://ameblo.jp/aauasks/entry-12089935736.html

川上村 「蜻蛉の滝」

Imgp6340


Photo


http://www.vill.kawakami.nara.jp/sightseeing/playing/fall_info.html

奈良旅行の記事の初めに紹介した宿に向かう途中の蜻蛉の滝。

午後三時を過ぎていて、山に囲まれて日差しが遮られているため、ちょっと暗いです。明るいときは、虹も見えるそうですが。。。

滝の入り口に、小さな公園があって、桜がたくさんありました。

滝を見てから、戻ってきたら、地元のご老人が、「水は落ちていましたか?」と尋ねられます。

「豪快に流れていましたよ。(^^♪」と答えましたら、

「それはよかった。前日の雨で、流量が多いのです。普段は、伏流水が流れているだけで、ちょろちょろしか流れていない時もあります。」と話してくださいました。

「春は桜も綺麗だから、また来てください。毎年、4月15日頃です。」と教えてくださいました。枝垂れ桜がたくさんありましたから、遅咲きですね。

この滝の上には、つり橋があって、滝の周囲をぐるっと回ることもできるようです。10キロ歩いた後の足には、もう無理でした。(^^;)

2015/12/03

新潟日報支社報道部長がTwitterで暴言連発



【新潟日報幹部Twitter暴言事件】渦中の人物が「ぱよちん団」メンバーで大騒動http://www.excite.co.jp/News/society_g/20151130/DailyNews_1048077.html


エフセキアという、セキュリティ関連会社に籍を置きながら、自分が気に入らないfacebookの利用者を独断でリスト化して公開した男がいて、それがもとで、会社を退職することになった事件を記事にしました。

当初、彼は、「フェイスブックで得た公開情報をまとめただけだから問題ない」としていましたが、それは、自分の仕事上で知りえることができた公開情報です。

おかげで、この男には、まるでブーメランが返ってくるかのごとく、自分の公開していた個人情報を調べてさらされ、さらに、過去にはタレントの千葉麗子氏に「ぱよぱよちーん」と意味は不明なリプライを飛ばすという痴態までバレ、この人物および近しい関係者は一部で「はよちん団」と呼ばれることになりました。((+_+))

そんな「ぱよちん団」メンバーがまたまたお騒がせです。しばき隊のメンバーとされる「壇宿六(闇のキャンディーズ)」を名乗り、ツイッター(@sadmaz6)で新潟県弁護士会の高島章弁護士(@BarlKarth)らに暴言を連投した人物が、新潟日報上越支社報道部長の53歳、坂本秀樹氏であると判明。ネット上で大騒ぎ。

エフセキア事件は、ほとんどの報道機関が、報道しない自由を行使して、新聞もテレビでも、ほとんど取り上げられなかったのですが、今回は、報道機関のしかも報道部長の暴言、個人攻撃ということで、テレビなどでも、少し、話題になりましたので、ご覧になられた方もるかもしれません。

しかし、テレビなどでは、高島弁護士に対する暴言だけだと思いますが、本当は、普通の主婦に、もっと、卑劣な口汚い攻撃をしていました。

左側に立ちいろいろ主張をする人は、なぜか、攻撃的で、野蛮なのですよ。ネットをやっていると、それに気が付かされます。結局、私たちの若いころに、終焉したと思われる過激派の芽というものは、脈々と引き継がれているのかなと、少し、怖さを感じます。

師走の富士山

Img_20151129_090007473

先日の日曜日から火曜日にかけて、関東に住む息子家族のところに遊びに行ってました。

この富士山は、行きに写したもの。富士山に向かう方が綺麗に見えます。やっぱり、雪を頂いてる富士山が綺麗ですね。(^^♪

もう、カレンダーも残り一枚となりました。年々歳々、時間が過ぎていくのが早くなります。さて、この一年、何をして過ごしたのか。。。毎日、ブログを更新するようになって、それを見れば、分かるのですけどね。

2015/12/02

金峯山寺蔵王堂

Imgp6334


Imgp6333

http://www.yoshinoyama-sakura.jp/temple/t_zaoudo.php

http://www.town.yoshino.nara.jp/kanko-event/meisho-kanko/shisetsu/yoshinoyama/kinpusenji-zaodo.html


特別拝観中は、拝観料が1000円。うーん、ちょっと、考えて、拝観は止めました。でも、とても、立派なご本尊のようです。


Imgp6311


この吉野山から、大峰山一帯が行者様の修業の場です。

大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)は、吉野と熊野を結ぶ大峯山を縦走する、修験道の修行の道。

2002年(平成14年)12月19日、国の史跡「大峯奥駈道」として指定された[1]。ユネスコの世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』(2004年〈平成16年〉7月登録)の一部[2]。

後で、ご紹介する天川村は小さな村ですが、そこに温泉街があって、修験者の方の宿泊先として、結構な賑わいを見せているようです。

2015/12/01

運動不足が深刻

Img_6314


こんなものを買ってしまいました。(^^;)

やっぱり、実際の散歩の方が、身体全体を動かすし、気分転換にもなるので、それが一番なのでしょうけどね。暑いとか、寒いとか、雨だとか、風だとか。いろいろ理由を付けては、歩かない。

お天気のいい日は、外を歩けばいいので、少し、続けてみようと思ってます。効果があればいいのだけど。。。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »