2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« バジルの苗とスパゲティ | トップページ | 発掘・暴露・指摘 »

2015/09/07

古今伝授の里フィールドミュージアム「名勝東氏館跡庭園」

Kokonn


Kokon2

一眼レフを持って行ったものの、データカードを入れ忘れたという大失敗。これで二度目です。(^^;)
スマホで撮ったのですが、露出調整を忘れてしまい、酷い写り具合です。

古今伝授の里http://www.kokindenju.com/

ここは、「ウドちゃんの旅してごめん」という番組で、ウドちゃんが訪れているのを見て、初めて知りました。

岐阜県郡上市牧。この牧集落には、鎌倉時代から戦国時代初めにかけ約300年間、領主・東(とう)氏の拠点がありました。東氏は下総の国の名門・千葉氏の一族で、承久の乱の戦の功績により、郡上郡山田庄を加領され、11代320年余り、この地を治めた豪族です。

東氏は代々歌道に優れ、なかでも、9代常縁(つねより)は高名な歌人であるとともに傑出した歌学者で、「古今集」研究の第一人者でした。連歌師・宗祇にその奥義を伝授したことで、「古今伝授」の祖と言われているそうです。

この近くに、道の駅「古今伝授の里」があります。東海北陸自動車道が延伸されるまで、せせらぎ街道をよく走り、この道の駅にも立ち寄ったことがあります。

でも、この「古今伝授」の意味がわからなかったのですが、古今集の奥義を伝授したことから、古今伝授という名前が付いたのですね。

はるか昔の日本の優雅な歴史が連綿と繋がれて来て、今の日本がある。この綺麗な水と緑豊かな山々で、昔の日本人はどんな生活を送っていたのだろうと、この庭園跡を見ながら、ロマンを感じ、この長い悠久の歴史をもつ日本人を誇らしく思いました。


古今伝授の里コンセプトhttp://www.kokindenju.com/kokindenju.html

いまは、車だと、高山方面には、名古屋から高速で一直線。大和に寄る人も少なくなっていると思いますが、こんな隠れた歴史遺跡と文化を紹介するミュージアムに、是非立ち寄って欲しいと思いました。

« バジルの苗とスパゲティ | トップページ | 発掘・暴露・指摘 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バジルの苗とスパゲティ | トップページ | 発掘・暴露・指摘 »