2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 梅雨明け | トップページ | JAXAが小惑星の名称案を募集 »

2015/07/21

安全保障法制の世界の評価

3_2

安全保障法制について、テレビや新聞のメディアや民主党、共産党のレッテル張りがひどく、国民にまだ、理解されたとは、言い難い状況ですが、世界中の国からは、テロとの戦いのために、自衛隊の力に期待が集まっています。

今日の夕方、フジテレビ系のみんなのニュースで、総理自ら、模型をつかって、分かりやすく、丁寧に説明されていました。ところが、コメンティターに、津田大介(一応ジャーナリスという話ですが、どんな活動しているのか、よくわかりません。twitterを読むと、反日活動家というのがわかります。父親は社会主義協会派の活動家だそうです。社会主義協会というと、社会党の中でも、極左の立ち位置であることは、昔からしられてます。)そして、漫画家のやくみつる。((+_+))

フジテレビもずいぶん失礼な人選です。総理と対等に、話ができるメンツとは思えないです。そのうえ、総理の司会者は、総理の話を遮り、ずいぶん失礼な番組構成だったようです。最初は、私も、見ましたが、しょっぱなに、市会が津田大介に話を振ったのを見て、あっ、これ以上見ていると、腹立たしいだけと、チャンネル変えました。


Ckrrtv9veaaazu1


さて、上の画像は、アジア太平洋諸国の反応です。わかりやすいですね。反対しているのは、Chinaと朝鮮半島。

そして、日本では、朝日新聞、毎日新聞、中日新聞、そして、北海道新聞や沖縄タイムス、琉球新報。そして、TBSにテレビ朝日。わかりやすいですね。(^^;)


このKAZUYAチャンネルで、Chinaの今の脅威がわかります。

以前、Chinaとインドが、盛んに国境付近で、紛争を起こしていましたのをご記憶かと思います。しかし、最近は、Chinaがインドにちょっかいを出さなくなったので、表向きは紛争は収まっています。それは、インドが核保有国となったことが大きく関連している。

このような記事を見ました。Chinaは、相手が強いと、手は出せないのです。いじめっ子そのものですね。

« 梅雨明け | トップページ | JAXAが小惑星の名称案を募集 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅雨明け | トップページ | JAXAが小惑星の名称案を募集 »