2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 余呉湖 | トップページ | 近江牛ランチ »

2015/06/11

韓国MERSの報じ方

http://news.nifty.com/cs/world/koreadetail/wowkorea-20150611-146368/1.htm


韓国のMERSの拡大が止まりません。既に、死者は9人となり、感染者は122人、隔離対象者は3805人となりました。妊娠中の女性も感染し、お腹の赤ちゃんも感染の疑いがあるそうです。16歳の男子高校生も、感染し、数日で亡くなったようです。新たに感染が判明した14人のうち5人は感染経路が判明しておりません。怖いですね。

O0301020013333924227_2

http://www.sankei.com/world/news/150611/wor1506110015-n1.html

「今後もさらに感染者が出るだろう」

 WHOの専門家エンバレク氏は9日、ジュネーブで記者会見し、韓国での感染拡大についてこう語り、感染者の隔離を徹底させるよう訴えた。

 それもそのはず、韓国保健福祉省は8日に「第一次流行の終息」を発表したが、感染者は日々増えており、感染の疑いは全国に広まっている。

韓国は、なぜか、第一次流行の終息宣言をしています。「第一次終息って何?」と、ネット上では、苦笑の嵐。

でも、わるいけど、これは、韓国の国内の問題なのです。ただ、この韓国のMARSのパンデミックを報道しない日本のマスコミがひどいです。


6月10日のTBS「ひるおび」のMERSについての報道内容は、下記の通り。

「韓国のMERS 感染者100人超、死者9人」

・でも、全て院内感染ですから
・57歳以上しか死んでない、死んだ人は全員すでに病気だった(肺炎、肝臓ガンなど)
・若い人、入院していない人で死んだ人はいない (←若い人・健康な人も感染する、とは言わない)
・正しく恐れましょう (←でも、致死率や10分で感染は言わない)

ナビタスクリニック 久住英二医師 (ひるおび再登場。専門:血液内科、旅行医学、予防接種)
・「感染力は非常に低い」
・「発症するまでは感染させない」と言いながら「まだ感染経路がはっきりしてないんですけど」
・健康な人は感染しないという事?という質問に「感染しても重症化しない」
・「風邪と同じ」


6月8日19時のNHKニュース

・日本に感染するとしたら中東からの可能性が高い
・韓国では感染者は完全に隔離されてるので韓国から日本に感染する心配はない
・韓国への旅行、出張は普段通りで構わない
・韓国では感染が確認された病院などにいかないなどすればよい


下の記事は、ミヤネ屋にゲストとして出演するある大学の関係者が番組ディレクターとの打ち合わせをTwitterに掲載したもの。堂々とネット上でつぶやくのですから、恐れ入ります。(^^;)

本日3日も電話コメント決定。「ミヤネ屋」。Dとの打ち合わせ終わり、15時すぎのコーナー。昨日の数件もそうだけど、韓国が怖いというイメージをいかに阻止するかが現時点で頭の使いどころかと。日本に入ってくることが万一あるとすれば、それは中東からであって韓国からじゃないと思いますよと。


何故か、致死率40%もあり、決して、老人とか、身体の弱い人だけの病ではないことや、MERSの感染の仕方がまだ、確実にわかっていないこと、そして、治療法もないこと、抗ワクチン剤もないことは、しらせず、「韓国に旅行しても大丈夫よ、もし日本で感染者が出たら、それは、韓国からの感染でなくて、中東から帰国した人からの感染よ。」と言う伝え方です。

要約すると、テレビ局は、日本人の健康のことより、MERSにより、韓国が経済的に打撃を受けることを心配しているようです。

« 余呉湖 | トップページ | 近江牛ランチ »

コメント

まふゆさん

北海道新聞も酷いみたいですね。(^^;)

こちらも、朝日と、もっとひどい中日新聞しかないので、コンビニに、読売新聞を買いに行っています。

このMERSの渡航注意とか禁止を外務省が検討しているのですが、民主党と自民でも親韓派の議員が抵抗しているのだそうです。信じられない。

恐い話ですね・・

テレビ局の姿勢には、本当に首をかしげてしまいますよね。

新聞もそうですが・・北●道新聞なんかいつもです。
止めてしまいたいところですが、お悔やみ欄など、どうしても見なければいけないページがあるので・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 余呉湖 | トップページ | 近江牛ランチ »