2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 報道の自由と報道しない不自由 | トップページ | 東海道新幹線火災 »

2015/06/30

【報道機関圧力発言】

産経ニュース首相「遺憾」 民主は批判で攻勢http://www.sankei.com/politics/news/150629/plt1506290023-n1.html

昨日から、テレビや新聞では、報道機関への圧力だと、自民党の若手議員の会合での発言を大きく取り上げて、まさに、安倍政権への圧力を強めています。

しかしテレビ新聞のこの取材姿をご覧ください。


Cih4g9xukaao_ly


Cij_dh0umaepviu1

この写真を見て、「よく似たものを最近見たな?」と思ったら、最近、キッチンの窓にぴったり貼りついてる「ヤモリ」の姿を連想しました。(^^;)


のぞき見、盗聴。これは許されるのでしょうか。そして、私的な集まりです。国会の本会議や委員会で、発せられた言葉ではありません。いや、予算委員会でこそ、このテレビやマスコミの一方的な報道こそ、咎めることはできないのか、質問が出てもいいくらい。

その対する野党はと言えば、民主党が、またまた、国会の貴重な時間をこのようなことで、潰しています

日本人の生命財産をどう守るかという大事な法案をまとめようとしているとき、対案も出さず、憲法9条があるから日本は安心などとお花畑なプロパガンダをして、覇権国家中国を喜ばしていてもらっては困ります。

一方、民主党の枝野幸男幹事長は同日、圧力発言について国会内で記者団に「この問題に対する首相の鈍感な姿勢、態度が最大の問題だ」と語り首相を批判した。同党は同日の衆院平和安全法制特別委員会で首相側近の加藤勝信官房副長官を標的に、攻勢を強めた。   

                                              6月29日産経ニュース抜粋
                                                 

民主党は、自分たちが政権を担っていた時代のことをすっかり記憶から、消してしまっています。

【ブーメラン】(政権党時代)民主党幹部「電波止めるぞ!」「書いたらその社は終わり」発言&記者会見で特定メデイアの排除も!http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-9efe.html

このときは、「これはオフレコ、書いた社はそれで終わりだからな」と言っていますが、それ以上に、被災地の人に対するこの横柄さの方が問題だったので、報道の自由への圧力にまで、目が行かなかったんですかね。 大震災で、東北が悲嘆にくれていた頃、民主党の復興大臣は、こんな横柄さで被災地を回り、安倍さん(現総理大臣)は支援物資をトラックに積んで、被災者を励ましていらっしゃったのですね。

この松本復興相のオフレコ発言を探していたら、こんな酷い動画が出てきたので、アップ。

これ以外にも、置石東が「電波を止めるぞ!」発言。

「電波止めるぞ!」 民主党幹部が目の敵にする表現の自由  2012年03月13日(火) 週刊現代

「間違った情報ばかり流すなら、電波を止めてしまうぞ!政府は電波を止めることができるんだぞ。電波が止まったら、お前らリストラどころか、給料をもらえず全員クビになるんだ」

 いまどき、こんな暴言を吐く政治家がいたとは驚くほかないが、これは民主党の輿石東幹事長の発言である。

「2月23日の幹事長番記者たちとのオフレコ懇談での発言でした。『野田政権が、税と社会保障の一体改革から社会保障の部分を切り離し、消費増税法案を先行させる見込み』というフジ他各社の報道を問題視し、『間違った情報を流しやがって!裏を取っていない情報を流すな!』と恫喝した」(大手メディア幹部)

 輿石氏は「間違った情報」と言うが、報道の元になったのは、同じ日の前原誠司・政調会長の会見。前原氏が年金一元化など社会保障関連法案の提出を4月以降に先送りすると発言したため、前述のような報道になったのだが・・・・・・。

「民主党幹部の言うことがバラバラなんですよ。原因は党をまとめられない輿石氏の力量不足に他ならないのですが、自分のことは棚に上げ、マスコミに八つ当たりしている」(同)


« 報道の自由と報道しない不自由 | トップページ | 東海道新幹線火災 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 報道の自由と報道しない不自由 | トップページ | 東海道新幹線火災 »