2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 森の中で、出会った 「バラ園」 | トップページ | 黄色いバラが好き »

2015/06/05

南KOREA「MERS」で大混乱 

今テレビでは、まったく放送していませんが、隣の南KOREAでは、「MERS」で、いま、国中が大混乱になっています。

この「MERS」という病気は、中東呼吸器症候群(MERS)http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/mers_qa.html

中東のヨルダン、カタール、サウジアラビア、アラブ首長国連邦から発生が見られたことから、中東呼吸器症候群こう命名されました。潜伏期間は9日~12日で、症状としては、・咳・息切れ・呼吸困難など呼吸器系の障害や、・発熱・下痢などの消化器系の障害、さらには・腎不全などを発症。

致死率は、これまでの報告では35%。

かなり高い致死率ですよね。しかも、まだ、特効薬がなく、治療法がないのだそうです。


厚生省の中東呼吸器症候群(MERS)に関するQ&Aより

Q.MERSに対する予防方法はありますか? どのように治療するのですか?

A.  現在、MERSに対するワクチンや特異的な治療法はありません。患者の症状に応じた治療(対症療法)になります。

Q.どのようにしてMERSに感染するのですか?

A. 人がどのようにしてMERSに感染するかは、まだ正確には分かっていません。患者から分離されたMERSコロナウイルスと同じウイルスが、中東のヒトコブラクダから分離されていることなどから、ヒトコブラクダがMERSウイルスの感染源動物の一つであるとされています。その一方で、患者の中には動物との接触歴がない人も多く含まれています。家族間や、医療機関における患者間、患者-医療従事者間など、濃厚接触者間での感染も報告されています。

Q.MERSはヒトからヒトへ感染しますか?

A.海外の感染予防対策の実施が不十分な医療機関等においては、患者から医療従事者や他の患者に感染(二次感染)した例が報告されています。ただし、季節性インフルエンザのように、次々にヒトからヒトに感染すること(持続的なヒト-ヒト感染)はありません。
          


三つめの人から人への感染はありませんとなっていますが、とんでもない!韓国ではそれが進んでいて、パンディミックを起こしています。

こんな大変なことが、隣の国で起こっているのに、テレビでは騒がないし、また、国からの情報も出ていません。あんな船が沈んだということは、一方だけで済むことが、延々と毎日流されて、うんざりしましたよね。ナッツリターン事件もこの間公判があったことまで、やってました。

マスゴミのやってることは、理解できません。

http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/nhk-b.html
さくらにゃんさんのブログで、韓国の状況がわかります。既に死者は三人出ています。しかも、入院患者が行方不明になっているそうです。( 一一)

http://ameblo.jp/fuuko-protector/entry-12034859387.html
なでしこりんさんのブログ。

「韓国には行かない!韓国人には接しない!」 それがあなたの身を守る!

   韓国マーズには特効薬はなく、高齢者や病的弱者が死亡します!


 なでしこりんです。反日で有名な「爆笑問題」・大田光の嫁が韓国旅行をキャンセルして、香港行きに変更したことが話題になっています。口の悪いネットユーザーは「大田の韓国の実家への里帰りじゃないの?」という声もあるようですが・・・。しかしまあ、「死亡率40%、特効薬なし」の病気が拡散中の韓国に出かけようした勇気には恐 この記事、韓国旅行をキャンセルしたアジア圏の国のことを紹介しているのですが、「台湾と香港を含む中華圏の観光客は6900人。そのほかのアジア地域が100人だった」とのこと。そしてこのわずか「100人」こそが日本人観光客なんだそうですよ。  

 やっぱりね! 日本のマスゴミに巣くう在日韓国人が必死になって「韓国マーズ隠し」をしてるのもこういうことなんでしょう!中国や台湾ではきちんと韓国での現状を報道する一方、日本では相も変わらず韓国旅行の宣伝を垂れ流しています。彼らは日本国民の生命なんてどうでもよいのでしょうかね。
      

 韓国マーズ には特効薬はありません。もし誰かが日本に韓国マーズを持ち込み感染を広げれば感染した10人の内4人は死にます。 それはお年寄りであり、糖尿病患者であり、免疫抑制剤を使っている人たちです。 韓国に行くことは、あなたの周囲の人々を危機にさらすことになりかねません。日本人から死者が出て、「あの時、韓国に行かなければよかった」と反省しても手遅れなんです。「韓国には行かない!韓国人には接しない!」。 今はそうするしかありません。 By なでしこりん
れ入ります。 今日の記事は韓国の「聨合ニュース」からです。
O0274022413327123218_2

      
     
       韓国は観光地ではありません。超汚染地帯です!


 韓国で中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、中国人をはじめとする外国人観光客による韓国旅行のキャンセルが増加している。


 韓国観光公社によると、中国人などの外国人観光客による韓国旅行の予約取り消し件数は2日現在、前日の2500人から7000人に増加した。このうち、台湾と香港を含む中華圏の観光客は6900人。そのほかのアジア地域が100人だった。


 中国専門の旅行会社関係者は「中国の現地メディアが韓国のMERS感染拡大を大きく報道している」とした上で、「そのため、新型肺炎(SARS)を経験し、大きい被害を受けた中国人が韓国行きを避ける可能性が高い」と説明した。


 また別の旅行会社の関係者によると、7~8月の香港などからのホテル予約件数が平年に比べ約80%下落しており、旅行業界だけでなくホテル業界にも影響が広がっている。(韓国・聨合ニュース)
. この記事、韓国旅行をキャンセルしたアジア圏の国のことを紹介しているのですが、「台湾と香港を含む中華圏の観光客は6900人。そのほかのアジア地域が100人だった」とのこと。そしてこのわずか「100人」こそが日本人観光客なんだそうですよ。ww

 やっぱりね! 日本のマスゴミに巣くう在日韓国人が必死になって「韓国マーズ隠し」をしてるのもこういうことなんでしょう!中国や台湾ではきちんと韓国での現状を報道する一方、日本では相も変わらず韓国旅行の宣伝を垂れ流しています。彼らは日本国民の生命なんてどうでもよいのでしょうかね。 

 韓国マーズ には特効薬はありません。もし誰かが日本に韓国マーズを持ち込み感染を広げれば感染した10人の内4人は死にます。 それはお年寄りであり、糖尿病患者であり、免疫抑制剤を使っている人たちです。 韓国に行くことは、あなたの周囲の人々を危機にさらすことになりかねません。日本人から死者が出て、「あの時、韓国に行かなければよかった」と反省しても手遅れなんです。「韓国には行かない!韓国人には接しない!」。 今はそうするしかありません。 By なでしこりん

« 森の中で、出会った 「バラ園」 | トップページ | 黄色いバラが好き »

コメント

まふゆさん

『韓国におけるマーズの感染拡大の原因者は「1名」なんですが、5月20日にこの男性のマーズに感染確定してからの「感染を疑われる人たち」の数が一気に増えます。「マーズの感染力は低い」というのはどうやら韓国においては事実ではないようですね。「バーレーン帰りの68歳の韓国人男性のマーズ感染が確定(5月20日)」してから以後、患者と接触、もしくは二次接触者、三次接触者の人数の報告が増え始めます。』

厚生省のHPでは、感染力は低いとしてありますが、韓国では、このように一人の人間から、爆発的に感染が広がってます。米国が、韓国人は特殊なDNAだと言ったようですが。。。(苦笑)

それでも、心配ですよね。

『韓国では感染症対策に欠かせない隔離病棟が「ほとんど整備されていない」といい、室谷氏は「日本にあるようなサーモグラフィー(熱感知器)も設置しておらず、空港の防疫体制も極めてお粗末。申告しない限り、感染者を素通りさせているのが現状だ」と指摘し、続ける。

韓国では、感染病対策用の隔離病棟もベットもほとんどないらしいのです。そして、日本人は、医者に受診したとき、ちゃんと、本当のことを言いますよね。感染が広がっている国から戻ってきたと。それを言わない、嘘をつくのです。まえに、えアフリカから帰国したエボラ出血熱に感染が疑われる日系カナダ人とかいましたね。本当のことを言わずに、一般の診療所で受診してました。日系ではなく、韓国からの帰化?か特別在留者みたいです。 

とにかく、他人に迷惑をかけてはいけないという、日本人の心構えと同じものがないのです。長い歴史の中で培われてきたDNAの違いだと思います。

恐いですね~

テレビニュースでは、ちらっと何回か見ました。

近いし対岸の火事では済まないですですよね。

終決するまで事実を伝えてほしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 森の中で、出会った 「バラ園」 | トップページ | 黄色いバラが好き »