2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 白いスイトピー? | トップページ | 平和安全法制に関する法案が閣議決定 »

2015/05/14

正面衝突のもらい事故

もらい事故で4000万円の損害賠償?福井地裁の判決が波紋http://spotlight-media.jp/article/139547896994575232

これはひと月前の福井地裁の判決です。

ネットでは、騒然となったものですが、ご覧になられたでしょうか。

Photo

絵は下手ですが、こんな感じ。まさに、正面衝突。

この件に関して、twitterでやり取りしました。

Photo_2

結局、本来もらい事故の被害者であるはずの直進車が、過失を問われ、自賠責3000万、任意保険1000万の補償を言い渡された判決です。

この後、直進車の方が、控訴されたかどうかは、わかりませんが、裁判官によって、とんでも判決が出ることも考えて、おかなくてはいけませんね。


追記

Twitterで詳しい方が教えてくださったのですが、任意保険を使うと、当然翌年の契約更新では、等級が下がることは、よく知られています。

それ以外に、自賠責保険は、3000万の最高額まで使うと、自賠責保険は、契約が切れてしまうので、再度、自賠責保険の契約をし直さなくてはならなくなります

これは、知らなかったですね。保険料は、まあ、それほど高額ではないですが、もらい事故で、今までの判例では、過失ゼロであったものが、今回の判決が判例として残ると、これからの自動車保険料にも影響は避けられないと思われます。


この事故の運転者は、大学生で、居眠り運転。助手席で亡くなったのは、この車の持ち主で、この車の任意保険は、家族限定で、この大学生は担保できていなかったのです。

他人に、車を運転させることは、十分気を付けないといけないですね。

« 白いスイトピー? | トップページ | 平和安全法制に関する法案が閣議決定 »

コメント

まふゆさん

自分に過失がないことを証明する。「悪魔の証明」民法で言うそうですが、こんな難しいことないですよね。
まずは、クラクションを鳴らすことは最低限必要見たい。

もらい事故・・不意におこるし、ほんとに恐いです。

いくら注意して運転していても、正面からやってこられては防ぎようがないですよね。

その方は、本当にお気の毒です。

ひろしさん

この事故でなくなった方は、34歳の方のようなのです。遺族が、自賠責保険に請求したところ、請求を棄却されたので、こう言う裁判を起こしたようです。自賠責は、居眠りとか、飲酒とか、運転者に重大な過失があるときは、支払われないことになっているようですね。

私は、若いころ、職員の事故を扱う職場にいたので、交通事故の揉め事に関しては特に妙に詳しい。(^^;)
とても神経を使うし、ストレスがかかります。我が家は十分な保険をかけていますが、それ以上に、自分が運転するときは、防衛運転に気を配ります。

車は凶器。それでも使わない訳にはいきません。事故を起こさない,事故に会わない。
それでも今回の様なもらい事故。みんなが被害者。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 白いスイトピー? | トップページ | 平和安全法制に関する法案が閣議決定 »