2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 朝日新聞どこへ行く | トップページ | どこの国の方ですか? »

2014/09/05

「東海道五十三次の内 関宿」

最近、タレントが地方都市を巡って、その地の名所や名物などを紹介する番組が多いですね。それほど有名タレントではなくて、製作費もほとんどかからないのに、視聴率はそこそことれるからでしょうね。

私たち視聴者も、遊びに行く参考に見てしまいますよね。それに、自分の地元とか紹介の時は、どこが出てくるかと、興味深々。

花田☆温水 おじさんぽhttp://www.tv-aichi.co.jp/ojisanpo/oa/2014/140830.html

テレビ愛知(テレビ東京系のローカル局)で、放送している、この番組もその一つです。たまたま、「関宿」を紹介していたので見ていました。

それほど観光客は歩いていないのですが、花田さんが声をかけて、どこから、いらしたのか聞いてみると、「神戸です。」「京都です。」なかには、「東京です。ファンです。」と握手を求めている人も。

私は、近すぎて?まだ、一度も行ったことがなかった。通り過ぎてはいますけどね。(笑)

先日、ブログのネタに、行ってみました。

Imgp2270


Imgp2271


Imgp2272


Imgp2273


Imgp2274


Imgp2278


Imgp2275


Imgp2280


「関宿」http://www.kameyama-kanko.com/home/map/seki/index.html

関は、古代から、交通の要衝であり、鈴鹿の関が置かれていたところです。関の名は、この「関」に由来。亀山市に合併されるまでは、鈴鹿郡関町でした。

古代三関http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E9%96%A2の一つであった関宿は、江戸時代、東海道五十三次の四十七番目の宿。Wikipediaによると、天武天皇のころには、もう、交通の要衝として、関が設置されていたようです。

関宿は、難所の鈴鹿峠越えを控えている上に、大和街道、伊勢別街道の二本の街道が始まる交通の要衝でもあったわけで、本陣が二つ、脇本陣が二つ、旅籠は四十二軒あったそうで、たいそう賑わっていたということです。

中山道の妻籠、馬篭ほど、古い建物がのこっているわけではありませんが、東海道の中では、唯一、歴史的な街並みが残っているということで、昭和59年、国の重要伝統的建造物群保存区に選定されました。

街並みの中の、和菓子屋さんに入って、かき氷を食べながらお話を聞くと、10年前に比べると、観光客の数も減ってきたそうです。

昔は、関は、ちょうど、ドライブでも、観光バスの立ち寄りどころとしても、昔の宿場のように、ちょうどいい距離だったのですが、いまは、高速道路が走って、特別、ここを目指す人でないと、立ち寄らなくなったのでしょうね。

桜並木がきれいなところがあるので、また、春にでも、訪れてみようと思いました。

« 朝日新聞どこへ行く | トップページ | どこの国の方ですか? »

コメント

ひろしさん

県外の人が多いようですね。(^^♪

私たちが訪れた時も、京都から観光バスが二台来ていました。旅行の行程の中に含まれてるのでしょうね。

県内や地元の方より遠方からの方が多いのかなあ。
私は地元ですが良く出かけます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝日新聞どこへ行く | トップページ | どこの国の方ですか? »