2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »

2014/01/29

伊勢神宮

1


2014/01/28

あら、おしゃれね。

Photo


2014/01/22

あぁ!残念

Dsc_0082


ミニロト抽せん数字:2014年1月21日 火曜日

第751回
抽せん日 2014年1月21日
  07 15 18 19 30 (08) ( )はボーナス数字

  1等 12口 13,002,500円
  2等 70口 160,100円
  3等 1,796口 10,800円
  4等 49,556口 1,000円
    販売実績額 527,752,800円

久しぶりに買った宝くじのミニロト。

2014/01/20

大寒の空

Dsc_0080


この冬は、こんな風に青空が広がる日が多くて、気持ちがいいです。
冬の陽ざしたっぷり。
しばらくサボっていた、お散歩を再開しました。

2014/01/19

寒中お見舞い申し上げます

Imgp1447


久しぶりの積雪です。
と言っても、ほんのうっすら庭の芝生を白く覆っただけで、あっという間に溶けてしまいました。

今年は、平年に比べて寒いと、テレビでは盛んにアナウンスしていますが、日中の最高気温は、10度になる日もあり、あまり寒さは感じません。昨年までなら、雲が流れてくると、風花が舞い、一時は、みるみる庭一面、白くなったものですが、今年は時雨で、雪にはなりません。

平年って、どんな基準なんだろうと調べました。


『平年とは?平年並みとは?』
気象予報に平年より雨量が多いとか、気温が高いなどよく出てきますが、「平年」とはどういう意味で、「平年並み」とはどういう基準で決めているのでしょうか?.平年とは
過去30年の平均で、10年に1回更新します。西暦年の1位の数字が1になる10年ごとに更新している。
現在2006年の「平年」は、1971年~2000年までの30年のデータを使用しています。


・なぜ30年なのかと気象庁に聞いたら世界気象機関で決められているからだそうです。

.平年並みとは
今年の夏は平年並み、冷夏、暑夏という場合はどうして決めているのでしょうか。
気温や雨量を、低い(少ない)→平年並み→高い(多い)と3つの階級に分けて表現しています。
この3つの階級に分ける区分値は、30年間の観測値(例えば夏の平均気温など)を小さい順に並べて、小さい方から10番目まで(全体の33%)が「低い(少ない)」、11~20番目(同33%)が「平年並」、それ以上を「高い(多い)」、各階級の出現率が等しく33%(10年)となるように決めています。現在の区分値は1971年から2000年までの30年間の資料で作成した値で、区分値は10年毎に更新しています。
「冷夏」や「暖冬」は、これらの階級を用いた表現です。「冷夏」とは、夏(6~8月)の平均気温が3階級表現で「低い」場合。「暖冬」とは、冬(12~2月)の平均気温が「高い」場合を指しています。また、これらの反対は、「暑夏」と「寒冬」です。.

Ricohlogo_3
http://www.rcc.ricoh-japan.co.jp/rcc/breaktime/untiku/110712.html

リコージャパンさんの情報発信サイトさんを参考にさせてもらいました。ここでは、現在2006年となっていますが、平成23年に新しい平年値が発表されてました。これが、現在の平年値。

http://www.jma.go.jp/jma/press/1103/30a/110330_heinenchi.html

でも、数字では、肌感覚としてよくわからないですね。(* ̄ー ̄*)
以前は、汗べとべとの夏よりも、雪がちらつき、キーンと空気が張り詰めた冬のほうが好きでしたが、年を重ねるにしたがって、少々暑くても、夏のほうが。。。好き。

写真の寄せ植えは、お正月に遊びに来てくれた孫が作ってくれたものです。何日も泊まって、じいじとばあばを遊んでくれてありがとう。

2014/01/10

妙高高原   「不動滝」はどこ?

Imgp1398


Blog1


富山、新潟旅行、二泊目は、国民休暇村妙高です。
宿舎の周辺に、「不動滝」があるということで、探しました。

行きつ戻りつしながら、ようやく、滝が見えるところまで降りる遊歩道の案内を見つけました。そこを降りていくと、
途中から、道がない!!

そばの潅木に黄色と黒の作業用らしきロープがくぐりつけてあります。
どうも、それを持ちながら、降りるみたい。Σ(゚д゚lll)アブナッ !

私達夫婦のチャレンジすることではないようで、戻りました。
残念ながら、写真もうまく撮れなくて、画像もありません。

国民休暇村妙高のお客様サービスのひとつに、周辺の散歩コースに係りの方が案内してくださるものがあって、
この不動滝見学するコースもありました。フロントの方に尋ねてみたら、やっぱり、このロープを使って、滝が見えるところまで降りるのだそうです。

宿泊者を見てると、私達より高齢の方も、多く見受けられましたが、結構、参加される方もいらっしゃるそうです。
もともと、妙高高原をトレッキングの目的で、宿泊してる方も多いわけで、あれくらいの傾斜はどうってことないのかもしれません。(汗)

2014/01/08

妙高高原「いもり池」

Imgp1380


Imgp1384


Imgp1389


昨秋に出かけた富山、新潟ドライブの続きです。
北陸自動車道から、上信越自動車道を走って、妙高高原に向かいました。

妙高高原は、若かりし頃、スキーシーズンになると何度も訪れたところです。妙高、赤倉、池の平。雪のシーズンの頃のイメージは、もう遠い思い出で、記憶のかけらもありません。
でも、紅葉のシーズンもなかなか、いいところでした。

いもり池。晴天だと、この池に妙高山がきれいに映るのですけどね。

2014/01/07

初積雪(平成25年12月28日)

Dsc_0068


昨年末になってしまいましたが、今シーズン初雪、初積雪です。
ちょっと、ピントはずれで、情けない。(* ̄ー ̄*)

孫が、4歳になって、雪遊びが出来るようになってきたので、もう少し、積雪があるといいのですが。。。
今年は、平年より、寒いと気象予報ですが、そうでもなく、年々、暖かく、雪も少なくなってきました。

この雪を集めて、小さな雪だるまを作りました。


Imgp1441


バラに雪。
これも、ぼろぼろ。。。( ̄○ ̄;)!

でも、フィルターをかけたようにみえるので、残しました。

平成26年元旦

Dsc_0077


« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »