2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 黄砂情報ホームページとそらまめ君 | トップページ | 散り際も美しい 「荘川桜」 »

2010/05/15

藤の寺 正法寺

Imgp9637

Imgp9598


Imgp9601


Imgp9629


Imgp9604


Imgp9600_3滋賀県日野町にある正法寺、臨済宗妙心寺派の禅寺です。わがやが檀家になっているお寺が、同じ宗派。なんだか親しみを感じて、つい訪れたくなるのですよね。そういう年齢になったのかなと思います。(^^)

藤の花は少し満開を過ぎていましたが、まだまだ、きれい。花房の長さは、それほど長くなかったのですが、色がとても濃く、しっとりした藤棚です。


Imgp9609


Imgp9620


Imgp9621寺院は、正法寺山の麓にあります。後方には、ホンシャクナゲが咲いていました。普通に見られるロードデンドロン(西洋シャクナゲ)ではありません。思いもかけず、素敵な花に出会えて、嬉しかった。

« 黄砂情報ホームページとそらまめ君 | トップページ | 散り際も美しい 「荘川桜」 »

コメント

YUKOさん

私の子供の頃は、女の子に日本人形を買うことが流行していて、それの多くが藤娘でした。(笑)

『しっとり』という表現がぴったりですね。
香りもいいのですよね。
着物姿の女性という感じ。

Harukaさん

滋賀県の観光情報のHPをみています。(^^)
わかりやすくて、うまくできてると思いますよ。

新名神が出来てから、我が家から、便利になりました。ここには、一時間で行きます。
高速を降りてからが、かなり、厳しい道ですけど。(^_^;)

moko-san,

滋賀県の田舎も随分とご存じで驚きです。私は未だこの辺には行ったことがありません。
この辺のシャクナゲは有名でしたね。

mimiさん

今年は、ふさがすこし短いそうですが、よく手入れされてますよね。色がすごく濃いように思います。

見事な藤です!
色もまさに「藤色」
よく手入れされている藤ということが伝わってきますね。

臨済宗ですか、お寺はいつもほっとする場所ですね。

besoさん

>今年は藤の花の当たり年のようで
そうですね。私も、山の藤が、今年は、よく、目につくなぁと思ってました。

さつまさん

ここの藤、ちょっと、濃いめの色でした。山に近い、気候のおかげなのでしょうか。

こんにちは

藤のお花に石楠花
見頃の花たちを嬉しく見せてもらいました。

今年は藤の花の当たり年のようで、昨日の山登りで毎年見る倍以上の藤の花の光景を見てきたんですよ。
お花はいいですね~♪

綺麗な紫の藤にここで出合えました。
いいですねぇ。
たっぷり見せてもらいましたhappy01

ひろさん

道の駅愛東マーガレットから近いですよね。藤は、もうそろそろ、終わりですけど、シャクナゲは、まだ、大丈夫だと思います。それに、地元の方が、牡丹園を開催してみえますよ。私は、時間の都合もあって、寄らずに、帰りましたが。。。

>亀山・太厳寺のフジも良かったです。       
今年は、気候がおかしい割には、花が綺麗ですね。長持ちしてくれてるし。(^^)
亀山は、通過点なので、つい寄らずに帰ります。今度機会があれば、行ってみます。

うーん残念bearing 昨日仕事で滋賀へ。家内も道の駅愛東マーガレットで野菜やハーブ買うと同行。帰りに正法寺寄ろうと言っていたのに。
仕事の都合で寄れずに帰宅。今年は桜からツツジ・ボタン・フジとどの花も綺麗な花付きの様に思いますね。亀山・太厳寺のフジも良かったです。       ヒロ

Sarahさん

四日市の時に行かれましたか。鈴鹿スカイラインが、今通行止めですよね。私は新名神から行ったのですが、時間は一時間で、ごく近いのだけど、道が。。。(--;)
ナビに案内されたら、熊野古道かと思えるような狭い杉林のなかを走らされた。

日野のシャクナゲと正法寺の藤はセットで
行って参りました。2年前だったかな。
四日市にいるときに。
シャクナゲの自生が素晴らしかった。
あそこのは木が大きいから。
綺麗に咲いていたようですね。
藤も見事な咲きっぷりです。
本当に色が濃くて綺麗ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 黄砂情報ホームページとそらまめ君 | トップページ | 散り際も美しい 「荘川桜」 »