2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/31

富士五湖周遊 「朝」

Imgp9326


ただいま写真の整理中。(;^_^A アセアセ…

山中湖の朝です。

富士五湖周遊 「白鳥も優雅に進む逆さ富士 山中湖」
http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2010/05/post-8a33.html
このとき、富士山の左側の方ですから、箱根の山々でしょうか。前日の雨で、まだ、薄い雲が残っていて、それは、幻想的な風景でした。

白鳥が、黒鳥になってしまってます。(爆)

2010/05/30

新タマネギのクリームスープ

Img_0487_3新タマネギも、お安くなってきましたね。(^^)

タマネギのスープというと、オニオンスープを思い浮かべますが、これは、牛乳でのばしたクリームスープです。
とても、口当たりがなめらかです。特に、新タマネギの甘さが、よく出て美味しい。

あるフランス料理のお店でランチを食べたときのスープがこれでした。

メインディシュは、正直言って、「こんな不味いものを出すかぁ。」(爆)
まあ、料理以前にお店の接客に問題ありでしたが。。。

スープだけは、タマネギで、こんな甘みのある味が出せるんだと、ちょっと感心し、家で早速作ってみた次第です。

作り方はとても簡単

① タマネギをスライスして、バターで炒める。
  焦げ付かせると、茶色くなるので、弱火。

② 水とコンソメスープの素を入れて、煮る。

③ 牛乳を入れて、ミキサーにかける。

④ 裏ごしをする

裏ごしをするとなめらかで、口当たりがよくなります。
ミキサーにかけなくて、スライスの形が残っていても、美味しいです。


2010/05/29

富士五湖周遊 「山中湖花の都公園」

Imgp9342


Imgp9343


Imgp9344


Imgp9346


Imgp9409


山中湖花の都公園http://www.hananomiyakokouen.jp/index.phpです。今回の富士五湖巡りでも、特に、期待していた場所なのですが、ここも、天候不順のおかげで、4月の末だというのに、つぼみも見えない状態でした。がっかり。
一週間後のGWが終わった頃には、咲き出していたようです。(;^_^A アセアセ…

ここは、屋外のお花畑のエリアは、無料だそうで、ちょっと、驚きです。山中湖観光開発公社の経営と言うことで、村営なんですね。少しくらいお金をいただいても、いいんじゃないかなぁ。採算はどうなっているんでしょう。

観光バスを降りた人のなかには、「まだ咲いてないのねぇ。これから先は有料?じゃあ、ばすにもどろうか。」
なんて話してる人たちも。。。

なんのために来たのよ、あなた達。。。

Hana

上の画像は、有料ゾーンにある、全天候型フローラルドームのなかで咲く、花々。そう広くなく、特別珍しいお花もあるわけでないので、確かに、何度も訪れていれば、外のお花畑で、帰る人もいるでしょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつも、ご訪問ありがとうございます。
また、温かいコメントをいただいて、感謝しております。

ちょっと、しばらく、コメント欄を無くすことにしました。
これからも、お気軽にご覧いただければ幸いです。

記事とか、画像で、ご質問とかございます場合は、メールをいただきましたら、ご返事させていただきます。
ブログ仲間のみなさまのところへは、また、おじゃまさせていただきますので、これからもよろしくお願いいたします。


2010/05/27

富士五湖周遊 「富士桜の群生」

Imgp9279


Imgp9292


Imgp9413


Imgp9429


Imgp9435


寒いです。みなさまのお住まいの方は、いかがですか。どうして、今頃、こんな冷たい北風が、しかも、強く吹くんだろう。空は、青く澄んで、気持ちのいいのに、外に出る気になりません。

と言うことで、季節感の無い画像で失礼します。(;^_^A アセアセ…
富士五湖の写真が途中になってますので、アップしました。

富士桜という種類で、ソメイヨシノよりは、ピンクが濃いですが、それでも、淡い嫌みのない綺麗なピンク。花も小ぶりで、可愛らしいです。
富士山をバックに、赤松の林の中に、群生しているんです。

この群生しているところがNHKの大河ドラマの「義経」のオープニングに使われたそうです。あんまり記憶無いですけどね。大河ドラマの義経と言えば、私には、「草燃ゆる」の方が、印象が深い。30年前のドラマです。(苦笑)

2010/05/24

大池寺 蓬莱庭園

Imgp9704a


Imgp9679

Imgp9694a


Imgp9687


大池寺http://www.sunalix.co.jp/daichiji/は、滋賀県甲賀市水口町にあります。今から約1250年前、天平年間に開山されたと伝えられる歴史のあるお寺。蓬莱庭園と称されるお庭は、枯山水に、サツキで、大波小波と宝船、七宝、七福神が現されています。

国道1号線から少し入ったところ。新名神が出来るまでは、よくここを走っていたのですが、最近まで、こんな落ち着いたたおやかな空間があることは、気がつきませんでした。

「ウドちゃんの旅してゴメン」http://www.nagoyatv.com/tabigome/trip/index.html?key=b5e51c82560846d7325b58ea90b924aaで、ここを紹介しているのをみて、サツキの咲く頃には、訪れてみようと楽しみにしていて、先日、出かけたのですが。。。

今年は、サツキがなかなか咲きません。やっぱりここでも、早すぎた。霧島ツツジや平戸ツツジは、普段道理の時期に咲いたのですけどね。

ウドちゃんのこの番組は、東海ローカルだと思ったら、一応全国で流れているのですね。他の地方では、超ローカルチャンネルみたいですけど。(;^_^A アセアセ…タレントが旅をする番組は、制作費も安いのか、たくさんありますが、この番組は、ウドちゃんの飾り気のない人なつっこさが好感がもてます。

Imgp9711


Photo

Ws000001この寺の周辺には、池がいくつかあったのですが、これは、「心」の字になっているそうです。そういえば、いくつか分かれていました。上空からみれば、「心」の字にみえるのでしょうか。

左はGoogleEarthの画像です。「心」の字を崩したようにみえないこともありませんね。上空から、ここをみることが出来ない時代に、そこに思いが至った方って、なかなかの空間処理能力?


2010/05/20

2010年初夏 「鶴舞公園の薔薇」

Bara1


Imgp8786


Imgp8853


Imgp8869_2


Imgp88541_2お友達のブログでは、薔薇の花が華やかです。今年は、咲く時期が少し遅れているようで、花フェスタ記念公園は、まだ、少し早いようですので、名古屋市にある「鶴舞公園」にバラを見に行ってきました。

過去には、2007年2008年と行ってました。こうしてみると、腕は変わってないけど、公園の薔薇の咲き方も、あまり変わってないかな。でも、毎年、記録に残していくのは、面白いですね。

今回は、4GのSDカード全部撮って来たので、それを整理するのが大変。丸一日以上、PCの前に座りきり。(;^_^A アセアセ…それでも、誰にも、文句言われないのが、専業主婦の強みでしょうか。(爆)



2010/05/17

散り際も美しい 「荘川桜」

Imgp9530


Imgp9531


Imgp9537


Imgp9544


Imgp9546


Imgp9560旧荘川村の御母衣ダムの湖畔に咲く荘川桜。もう、10日ほど前になってしまいましたが、5月8日に行って来ました。里桜より少し遅めに咲くようですが、それでも、落花盛ん。

国道156号線沿いにあり、駐車場を心配していましたが、観光協会の方が交通整理してくださってました。しかも駐車場無料。施設の入場料を払い、その上、駐車料金も必要なところもあるので、無料だとなんか申し訳ない気持ちです。お礼に?飛騨牛の串を買いました。とても美味しくて、なお感激。(笑)

この荘川桜http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%98%E5%B7%9D%E6%A1%9Cは、ダムに沈む二つのお寺の庭に咲いていた古木を移植したものとか。樹齢450年のアズマヒガンザクラ(エドヒガンザクラ)だそうです。この種は、非常に長寿のようで、同じく、岐阜県の有名な桜、薄墨桜もこの種で、樹齢1500年になるそうです。縁起のいい桜ですね。

2010/05/15

藤の寺 正法寺

Imgp9637

Imgp9598


Imgp9601


Imgp9629


Imgp9604


Imgp9600_3滋賀県日野町にある正法寺、臨済宗妙心寺派の禅寺です。わがやが檀家になっているお寺が、同じ宗派。なんだか親しみを感じて、つい訪れたくなるのですよね。そういう年齢になったのかなと思います。(^^)

藤の花は少し満開を過ぎていましたが、まだまだ、きれい。花房の長さは、それほど長くなかったのですが、色がとても濃く、しっとりした藤棚です。


Imgp9609


Imgp9620


Imgp9621寺院は、正法寺山の麓にあります。後方には、ホンシャクナゲが咲いていました。普通に見られるロードデンドロン(西洋シャクナゲ)ではありません。思いもかけず、素敵な花に出会えて、嬉しかった。

2010/05/13

黄砂情報ホームページとそらまめ君

朝から、強くて、冷たい風。ベランダの手すりを拭いていると、黄砂だと思いますが、細かい砂でびっしりと汚れています。

洗濯物を外に干すかとても迷います。

昨日も前日の雨で汚れた車のボディは、黄砂混じりの雨の跡がしっかり残ってる。普通の雨の時は、こんな風に点々と砂汚れが目立つわけではないので、黄砂が混じっていたことは、はっきり、わかります。

最近、中日新聞にスギ花粉情報と共に、黄砂情報も載っているのを見つけました。でも、我が家、新聞は定期購読していないので、毎日、知ることが出来ません。

そこで、ネットで調べると、こんなサイトがありました。

黄砂情報提供ホームページhttp://www.data.kishou.go.jp/obs-env/kosateikyou/kosa.html。ここのなかの黄砂予測図http://www.jma.go.jp/jp/kosafcst/index.htmlを動画でみると、毎日、中国大陸から、大気汚染物質を大量に運んで来てる。すべてが日本上空に到達するというわけでもなく、日本海上空で、ほとんど薄まっているようにみえますが。。。

これ以外には、そらまめ君http://soramame.taiki.go.jp/Index.php。空をまめに監視しているから、そらまめ君。(笑)黄砂だけでなく、ひろく大気汚染物質をしらべているそうです。

まあ、あまり、神経質になっていてもしょうがないかもしれませんが、顔を拭くタオルや下着は、当分室内干しかな。

Img_0501画像は、日曜日、琵琶湖バレイに登って見た琵琶湖です。この日は、霞んではいましたが、黄色くはなかったので、春霞だったのでしょう。(笑)

水仙が反対向いてます。水仙も綺麗な琵琶湖を見たいのでしょうね。(^^)

2010/05/10

富士五湖周遊 「白鳥も優雅に進む逆さ富士 山中湖」

Imgp93212

朝の散歩に出ましたが、ホテルから湖畔までは、ちょっと、距離があって、湖までは出られず、戻りました。でも、夫が、珍しく早起きして、富士山の日の出を見に行こうと言ってくれました。

残念ながら、日の出には間に合わなかったのですが、朝の静かな湖面に逆さ富士が綺麗に映えていました。

夫「白鳥が泳いでるよ!!」

私「え~、足漕ぎボートでしょう。」

夫「あほな、あんな小さいところに、乗れるかい。」

なるほど、よくみれば、本物の白鳥です。(;^_^A アセアセ…
山中湖には、おおハクチョウが住み着いているんですね。

2010/05/07

富士五湖周遊 「かちかち山ロープウェイからの眺望」

Imgp9239


Imgp9240


Imgp9248

かちかち山ロープウェイhttp://www.h7.dion.ne.jp/~ropeway/は、河口湖の西の隅にあります。河口湖大橋を渡ると、気が付かないくらい目立たないロープウェイ。河口湖は、何度か訪れていましたが、子供の遊園地かと思ってました。(;^_^A アセアセ…

ホテルに着くには、まだ少し時間があったので、登ってみることにしました。なんと、思いもかけず、素晴らしい眺望が開けていました。ほんの数分の登りで、高さもそれほど高くないのにね。一枚目は、富士山とその麓の富士吉田市。二枚目は、河口湖大橋。

このかちかち山は、太宰治版かちかち山の舞台だそうです。かちかち山は、昔話しか知りませんでしたが、「残酷な描写があることから多少改作されたものが流布し、知られている。」そうです。確かに、昔話には、因幡の白ウサギとか、結構、残虐な話がありますよね。

太宰治が「かちかち山」(御伽草子のなかの一編)を書いていたとは、勉強不足で知りませんでした。あらすじを読むと、やっぱり、太宰作品と思わせます。(苦笑)

2010/05/05

富士五湖周遊 「本栖湖」

Imgp9220


Imgp9223富士五湖のひとつ、本栖湖。一番西側にあります。

3月、4月の寒さのおかげか、まだ、桜が咲いていたんですよね。芝桜は、ちょっと、残念でしたが、桜と富士山の競演をみることが出来て、嬉しい思いでした。その上、雪もたっぷり。

この隣に精進湖、西湖と続き、この三つは、かって、ひとつの大きな湖だったそうです。水面が連動しているので、地下水脈も共有していると考えられています。結構、水が汚くて、ちょっと、興ざめしましたけどね。(;^_^A アセアセ…

2010/05/04

富士五湖周遊 「富士芝桜まつり」

Imgp9163


Imgp9165


Imgp9171


Imgp9176


Imgp9187


GWもあと一日となりましたが、いい時間を過ごされましたか。3月の中旬から続いた季節はずれの寒さもようやく終わって、しのぎやすい好天が続き、観光地も、各地でにぎわっているようですね。おかげで、高速道路は大渋滞。

私は、連休初日の29日から、富士五湖を周遊して、そのあと、孫の顔を見に行ってました。遊びよりも、孫の顔を見に行くことの方に重点かな。(笑)

いいお天気が続いていますが、29日は、朝から、雨が降り出し、高速を走る頃には、土砂降りに。。。雨も、たいていは小降りになったりするものですが、なかなか、やみ間がありません。携帯で、雨雲の位置を確かめるたびに、我が家の車の位置と同じ。(;^_^A アセアセ…

牧ノ原SAで、休憩を取ろうと入ると、外に並べていた商品を大急ぎでなかに取り込んでみえます。それまでは、雨は降っていなかったみたい。どうやら、私たちが、雨雲を連れてきたようです。(爆)車の速度は、80キロくらいでしたが、雨雲の移動の速度も、同じぐらいだったのですね。

画像は、最初に訪れた富士芝桜まつりhttp://www.shibazakura.jp/index.htmlの様子です。今年は、遅くまで雪が降ったり、また、霜が降りたりで、花が遅く、また、苗自身が傷んでしまって、今年は、もう、咲くのは、難しそうな様子も一部見受けられました。

HPの画像のような一面華やかなのを期待していったのですけどね。それまでは、土砂降りだったようですが、私たちを追い越していった雨雲が抜けて、綺麗な富士山がみえて、幸運でした。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »