2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« ヤマザキマザック美術館 | トップページ | 富士五湖周遊 「富士芝桜まつり」 »

2010/04/28

ランの館「2010年春」

053


077


088


160


211_3


ボタンが咲いた。藤が咲いた。北の街では、遠くの白い峰を背景に桜が満開。そんな季節感がたっぷりなブログを拝見してるとき時、季節に関係のないランの花のアップで、恥ずかしいです。(;^_^A アセアセ…

それでも、数ヶ月には、一度、このランの館を訪ねたくなる私です。ランの館は何度と無く訪れても、いつも、新しいランの花に出会えるような気がします。胡蝶蘭やデンファレ、オンシジュウムは、いつもそっと、脇役を務めていますが。。。

今回は、土曜日で、アトリウムでは、ミニコンサートやバラの花の育て方などの講習会、中庭では結婚式後の記念写真が撮られたりして、賑やかでした。

おかげで、アトリウムのランの飾り方などは、撮れなくて、花の形中心の画像が多くなりました。アトリウムの全体的な雰囲気も好きなんですけどね。

また、デジブックを作成しました。最初、50枚いっぱい入れたのですが、自分で見ていても、飽きてしまった。バキッ!何枚か、削除しましたが、それでも多いです。時間があるときに、ご覧いただければ、嬉しいです。

« ヤマザキマザック美術館 | トップページ | 富士五湖周遊 「富士芝桜まつり」 »

コメント

yuriさん

>いつも楽しみにしています。
ありがとうございます。
自分では、忘れているのかもしれないですけど、
いつも、違った品種が飾ってあって、目を見張ります。


>GWは渋滞に遭っていなければいいな~と、願っています。


29日に出て、2日に帰りました。
29日はそれほどでもなかったのですが、
2日は、かなり渋滞しました。最後のところで、20キロ以上の渋滞で、しかも、3車線が2車線になるので、流れが悪くて。。。ここでどっと、疲れましたね。
一般道に降りた方がよかったんだけどね。

YUKOさん

花の女王はやっぱり、バラかなと思いますが、ランは個性的ですよね。形が、花らしくないのも多くて、「どう?綺麗?」と言っているようですよね。(^^)

mokoさんのランの館は、いつも楽しみにしています。
四季を問わずいい所ですね~
ランのさまざまな色と良い、形と良い、上品で惹きこまれていきますね。
GWは渋滞に遭っていなければいいな~と、願っています。

ランは「私を撮って」という自信たっぷりの佇まい。
輪郭もはっきりしていて、強さを感じます。

様々な表情があり、実にきれいですね♪

さつまさん

pentaxの色には、特別な「雅」というのがあって、これが緑を特に強く出すので、赤も独特な色合いを出すのだと思います。

mimiさん

ランの花は、他の花とは違った形をしてますよね。それだけに、不思議な魅力を感じます。
写真にとるのも意外と楽。(笑)

チャンチンは、秋に見たのとは、まったく違って、見えました。

赤が凄く出ていて羨ましい。
妖艶という表現をしたい写真です。

いえいえ、美しいものはいつでも美しいのです。
蘭の美しさは時を越えます。

チャンチン、きれいですね。
私も何本かみました。逆光のチャンチン、幻想的な美しさです。

besoさん

おはようございます!

besoさんは、ランを育ててみえるのでしたね。(^^)
ランの小さい花を見てると、何とも、不思議な気がします。こんなに小さく可愛らしくどうして咲けるのだろうって。
心のこもった手入れをしてみえるのでしょうね。

こんばんは
ランの花は特に好きなんです~♪
妖艶さを感じさせてもらった写真をありがとうね。

Sarahさん

確かに、私は、ランだけでなく、花全体に撮るのに飽きました。(^_^;)
生意気なこと言っていてはいけないね。
もっと、深く、魅力を探らなくてはいけないよね。

蘭。こうして見るとやっぱり綺麗。
mokoちゃんの写真にではなく、蘭そのものに
ちょっと飽きてしまった感のある自分。^^;
でも、こうやって一つ一つ見せて頂くと、やっぱり
蘭は花の女王だって気がします。
デジブックも拝見しました。
華やかな蘭。優しい色合いの蘭。さまざまで
それぞれが綺麗ですね。
お写真も、さすがという他ないです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤマザキマザック美術館 | トップページ | 富士五湖周遊 「富士芝桜まつり」 »