2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 早春の街風景  「寒緋桜」 | トップページ | 東山動植物園  「散策」 »

2010/03/15

「椿」  艶やかに

Imgp8637_2

Imgp8648


Imgp8655_2

Imgp8666


Imgp8668

Imgp8674


Imgp8678

Imgp8687a

もう早、桜が開花したというニュースを毎朝のように聞けるようになってきました。

桜は、開花すると、あっという間に咲き、雨が降って、風が吹くと、瞬く間に散ってしまう。潔い清浄感のある花ですね。同じ時期に咲く、桃は、可愛らしく、自己主張するでなく、控えめ。梅は、寒いうちから、咲き出して、華やかさと言うより、老かいさを感じます。

椿は、これらの花と比べると、いかにも、艶やかで、色っぽく、大人の花という感じ。

先にアップした名古屋城の記事でも載せましたが、東山動植物園に幾種類か咲いていると聞き、昨日、撮りに行ってきました。

一枚目の画像を現像処理していて、山本周五郎作の「五弁の椿」の映画を、ふと、思い出しました。見たことはないのですが、ポスターの女優さんがすごく綺麗だったのを記憶しています。

« 早春の街風景  「寒緋桜」 | トップページ | 東山動植物園  「散策」 »

コメント

aoiさん

椿は、縁起が悪いと昔から言われているので、どうしても、庭に植えるのは、ためらわれるのですが、お花は、品種改良が進んで、ほんとにいろんな花があるんですよ。
可愛い花ですね。

いろいろな種類の椿、とっても美しくて
きっと、人にたとえると美人さんですね〜!
お花には本当に沢山の種類があって、
それぞれいろんな表情があって楽しいです♪

Harukaさん

椿は、花びらが散るのでなく、花がそのままおいるので、縁起が悪いと言われてますよね。
でも、それは、近年のことで、昔は、逆に潔いとか言われていたそうです。

いずれにしても、万葉集にも読まれた昔から日本にある花、美しいと思います。

彼岸花は、園芸種として、通信販売もされてますよ。(^^)
赤だけでなく、黄色とか、白とかもあります。
こちらは、私も、あんまり好きな花ではありません。(^_^;)

moko-san,

椿の季節ですね。子供のころ、私の故郷のほうでは縁起の悪い花と言われていて、なんとなくとっつきにくかった。 ただ、最近は椿は春を代表する花として好きになりました。

話は変わるのですが、過日、薩摩半島の最南端に行ったら彼岸花の球根が観賞用の球根として売られているのに驚きました。人それぞれですね。

Sarahさん

たぶん、すぐ近くを同じくらいの時間にうろうろしていたみたい。(;^_^A アセアセ…
まさか、と思ってるもんね。

あはは、そうでした。(^^ゞ
結局名古屋国際マラソンは諦めて。
植物園一つに絞りました。
我々は午後から椿園にいました。
mokoちゃんは午前だったのでは?

写真教室の団体さんはいました。(^・^)

Sarahさん

なんだ、名古屋女子マラソンを見に行ってみえるのだとばっかり。
それでは、すれ違っていたのでしょうか。目が悪いので、絶対わからないんですよね。(--;)

写真教室の団体もいたでしょ。

椿日記、楽しみにしています。

besoさん

始めた頃は、フィルターもたくさん買って、付け替えたりしてましたが、いまは、画像処理ソフトで、フィルターの役目をしてくれるので、楽になりました。
ちょっと、ピントの甘いのだけ、フォーカス付けてごまかす。(汗)

驚きました。
拝見しながら、あまりにも似通っていたので。
mokoちゃんは一体何処の椿を撮ったのだろう。

東山植物園! 同じ日に同じものを撮りに行っていたとは!
本当に今、あの椿園の椿は最高に美しかった。まさに見頃でしたね。

素敵です。こんなに上手には撮れなかったけれど、私も明日あたり椿日記を書きます。

おはよう~
ぼかしをうまく使ってつばきの花が引き立ってますね。
つばきは花と葉のつややかさが魅力です。

さつまさん

これらは、全部、300ミリの望遠レンズで撮ってます。光を演出しながら撮るには、絶好のレンズです。(^^)

微妙に紗が掛かったような写し方で一際艶やかさ・大人の色っぽさが出ているように感じました。こういう細かい設定が身に付いていると更に楽しいでしょうねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 早春の街風景  「寒緋桜」 | トップページ | 東山動植物園  「散策」 »