2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 「椿」  艶やかに | トップページ | 不揃いのチューリップ »

2010/03/17

東山動植物園  「散策」

Img_0234

東山動植物園は、名古屋市の東部の丘陵地にひろがる東山公園の一部で、周辺にはスポーツセンターや東山一万歩コースなどがあって、散策するには、絶好の場所です。動物園は、小さな子供さん連れが多いですけど、植物園から、東山万歩コースは、一人で、ぶらりと歩くのもいいですね。

椿が目的で行きましたが、ちょうど、梅林も見頃でした。

ただ、ご覧いただいてもわかると思いますが、名古屋城の梅林と同じで、手入れが行き届いていないんですね。枝が縦横無尽に出ております。「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」などと、俗に言いますが、せめて、剪定などもうすこししていただかないと、写真になりません。(;^_^A アセアセ…

Imgp8582


Imgp8592


上二枚のうち、下は、「思いのまま」。白とピンクを思いのままに咲き分ける。梅の木自身が、自分で考えて、身を飾ろうとしているのでしょうか。

Imgp8600


Imgp8622


Imgp8606


さんしゅゆが咲いていました。「さんしゅう」かと思ったら、正しくは、「さんしゅゆ」なんですね。なんか、発音しにくい。

Imgp8653


椿苑のそばに、白川郷から移築した合掌造りの家があります。これは、白川郷でも、あまりないりっぱな大きな合掌造りの家です。

« 「椿」  艶やかに | トップページ | 不揃いのチューリップ »

コメント

YUKOさん

あまり可愛らしい虫ではないので、無視してください。バキッ!

蝶々などだと、もうすこし、はっきり写るのでしょうけど、蝶々が飛んでたら、たぶん逃げ出してました。(;^_^A アセアセ…

4枚目に虫を発見!
虫も春の陽気にさそわれて、気持ち良さそうですね。

aoiさん

>春満開ですね!!
今日も暖かかったので、梅だけでなく、桜も、もう、明日にも咲きそうですね。(^^)

>自然にこういう咲き方をするのですね、
どういう、DNAになっているのか、わからないのですけど、不思議ですね。


春満開ですね!!

>梅の木自身が、自分で考えて、身を飾ろうとしているのでしょうか。

自然にこういう咲き方をするのですね、
凄いですね〜!

ボタ山さん

動物園の動物を見ると、とても、可哀想になって、動物園はあんまり好きじゃないので、私もあんまり寄りませんでした。
特に、ここ東山動物園は、檻にいることが目立つのですよね。最近改良に手を付けているようですけど。。。

>宮崎県の山奥の平家の落人の里
ああ、九州は、至る所に歴史を感じるところがあるのですねぇ。
先日、友達が宮崎に出かけた話をしていたので、懐かしく風景を思い出していたところです。

besoさん

私も、植物園の奥まで行ったのは初めてです。
星ヶ丘の方の駅が近いのですが、とても、モダンに変わってます。また、お出かけください。

さつまさん

花の咲く木を写すのは、どう撮るか、悩みますね。(;^_^A アセアセ…
うまく、小鳥でもとまってくれると、ポイントになるのですけど。
かえって、雨の日などの方が、風情が出ていい場合もありますよ。

動物園の散策、私も福岡市営の南動物園の
前はよく通るけど、近年入ってません。

さんしゅゆの木、見事に咲いてますね。

庭の山椒(さんしゅゆ)の木~
鳴る鈴かけて~~~

宮崎県の山奥の平家の落人の里
椎葉村の民謡「稗つき節」が
アタマによぎりました。

そちらで住んでる時に東山動物園は行ったけど、動物を見ただけで公園内を散策しなかったなぁ~
さんしゅゆが正式名とは知らなかったです。
今マンションの庭にも黄色い小さな花がきれいに咲いてくれてます。

色々な花が咲いてきましたね。
この時期は鼠色からカラフルな明るい色に満ちあふれて元気な季節。
梅を写すのは難しいと思ったらこういう撮り方もあるんですねnote

Sarahさん

>合掌造りの切り取り方もさすがだな

ありがとうございます。ちょうどいいところに梅がみえた。この日は、これだけかな、満足行く画像は。

仰るとおり(手入れが届いてない)だし、梅は散々観たので、
ここは殆どスルーしちゃいました。
でも、サンシュユは見事に満開でしたね。
合掌造りの切り取り方もさすがだな。(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「椿」  艶やかに | トップページ | 不揃いのチューリップ »