2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 木曽川河川敷 | トップページ | 山眠る »

2009/12/04

銀杏

Imgp8238


Imgp8243


愛知県祖父江町は、昔から、銀杏の産地として有名です。もともとは、木曽川の東に広がる濃尾平野で、伊吹降しの冷たい風にさらされ、それから、家や田畑を守るために植えられたものとか。

先日、祖父江の銀杏まつりにお出かけになったお友達のWEBページで、綺麗な画像を拝見して、私も、近くなので、出かけてみました。

銀杏も、緑が少し混じっているくらいのころが綺麗ですね。私が出かけたときは、もう、ちょっと、色があせてしまってました。

ところで、この銀杏の実の硬い皮を剥く方法は、ご存知でしょうか。以前、テレビで紹介していた方法を載せます。

Img_0099_2


紙の封筒に5~8個くらい入れます。
それを電子レンジで、30秒くらい加熱します。
これ以上だと、レンジの中で、ぽんぽん破裂します。^^;

左下の画像のように、殻から一部飛び出すのもありますが、手で綺麗に割ることが出来ます。もし、まだ硬いときは、もう一度、数秒、レンジにかけるか、調理用のはさみに、銀杏を割る?ための凹みがついているもので、割ると簡単に割ることが出来ます。Img_0103

« 木曽川河川敷 | トップページ | 山眠る »

コメント

Sarahさん

お祭りのときに行かないとだめですね。^^;

銀杏の綺麗さで行くと、名古屋の若宮大通の街路樹のほうが綺麗です。^^;

銀杏を剥くのは、ほんと簡単ですよ。
いくつでも食べられます。食べ過ぎちゃいけないのだけど。

行かれたのですね。
二枚目の写真で「ああ、あそこだ!」と分かりました。
私の日記に書いてくださったように、元々は防風林
だったのですね。
知りませんでした。
そして銀杏の簡単な剥き方も。
今度試してみます。

aoiさん

レンジの加熱って、微妙ですよね。
他の食品でも、ほんの少し過ぎると、硬くなってしまう。

便利な道具なんですけどね。^^;

ふう子さん

ここの銀杏は、多くの使命を持ってます。激しい風を避ける。そして、実った果実を食用に。。。
だから、街路樹の銀杏と違って、大きく枝を伸ばして、スタイルも無骨です。
でも、たくましいですね。(^^♪

わぁ〜黄色いイチョウが鮮やかですね!!

イチョウと言えば銀杏…美味しいですよね!
私も、mokoさんと同じ方法ですね〜。
けれども、時々加熱し過ぎて固くなったりします。
30秒くらいがちょうどいいのですね!
今度からそうしてみます♪

>銀杏を割る?ための凹み

なるほど!
そういう使い道があったのですね〜(驚き!!)

二枚目の写真に 何か ものすごい
激しさを感じてしまいました。

空の青、銀杏の黄色、明るい光と影、
実に美しい一瞬を撮っていらっしゃいます。

besoさん

今年も、暖冬傾向のようですが、昼間と夜は気温の差が大きいようで、紅葉がきれいでしたよね。
今日も、山のほうに行ったのですが、まだ、それなりに、きれいでした。(^^♪

yuriさん

ここは防風林なので、伸び放題。それも、銀杏をとるのに、大きくしてあるようですね。網がつけてありました。

でも、銀杏は、街路樹のほうがロマンチックですね。(^^ゞ

綺羅々さん

私は、銀杏大好きで、10個くらいは食べてしまいます。でも、食べ過ぎてはいけないとは聞いてましたが、青酸が含まれてるんですか!!
これは、考えなくちゃ。^^;

YUKOさん

黄色と緑はよく合うのでしょうね。(^^♪
絵だと、雰囲気が出せるからいいですね。

写真の場合、ちょっと、時期を失するとだめですねぇ。(ーー;)

さつまさん

銀杏も、早々と落葉しているのもあるし、日の当たり具合だけでもないようですね。(^^♪

今年は紅葉が特にきれいだった気がします。

銀杏の黄色さは日に映えて一段と色が増しますね。

散った銀杏の葉もいいですね~♪

こんなに伸び伸びとした銀杏を見たのは初めてです。
大抵は剪定されて上へばかり伸びてました。
きれいで気持ちがいいですね~2枚目の銀杏さん
踊っているかのようですnotehappy01

綺麗な風景ですね。

私は銀杏は食べないのですが、小さい子には食べさせてはいけないのだそうです。
なんでも青酸がちと含まれているとか・・・。
春日井市にある某大学農学部の農場で教鞭をとっている講師くんが銀杏で博士号をとっていてレンチンのことを教えて貰って事があります。
一緒にちっょと塩を入れるとおつまみにそのまま食べられるようですよ。

きれいな黄色ですね!
緑が混じっているほうが確かに発色がいいですよね。紅葉を描いていてもそう思いました。

空の青とイチョウの黄色の対比がキレイ!
こちらの思いっきり遅いイチョウがやっと色づきました。
陽の当たり具合だけじゃないんですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 木曽川河川敷 | トップページ | 山眠る »