2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

«  「揖斐峡」 | トップページ | 木曽川河川敷 »

2009/11/29

「絵画と写真の交差」 名古屋市美術館

Img_2

名古屋市美術館で行われている「絵画と写真の交差」印象派誕生の軌跡に行ってきました。

写真が誕生して、170年になるそうです。この間、絵画と写真は、互いに影響を与えながら、今日に至ってきました。写真草創期の作品を見ていると、今の写真よりずーと、絵画的です。逆に、古典派の絵画自体が、まるで写真のように見えますよね。

絵画の作品は、モネやシスレーの絵もありましたが、それより、写真草創期の作品に引きつけられました。

カラーの華やかなデジタルの写真は、それだけで、見る人をひきつけますが、モノクロームの写真は光の濃淡だけで、表現しなくてはいけません。難しいけど、それが、写真の原点かもしれないですね。

074


070


076


002


005_2

晩秋の白川公園に建つ名古屋市美術館。

«  「揖斐峡」 | トップページ | 木曽川河川敷 »

コメント

鷲猫さん

おお、たまには、真剣なコメントをありがとう。バキッ!!

Sarahさん

名古屋でも、なかなか、いい美術展は回ってこないですから、田舎に行くほど、遠くなってしまいますね。^^;
でも、Sarahさんは、自然を毎週のように満喫していらっしゃるから、羨ましいです。

ふう子さん

名古屋にもいらしたのですか。
転勤も大変ですが、思い出もたくさん残りますね。(^^♪

おおっ!!!

 良い催しでしたネ。
 
 写真の未来が視えて、画家たちも
 絵画の未来をカンバスに表現したのかもネ。。

 

 

美術館を撮る、mokoちゃんの切り取り方が
私も素晴らしいと思います。
mokoちゃんは美術館通いを続けていられて
尊敬です。
私はサッパリ・・・。

名古屋の美術館も素晴らしいですね。
名古屋は因縁の深い土地で、それなりに
思い出もたくさんありますが・・・・・。

四枚目の写真、素敵。^^

mimiさん

写真と絵画、反発するものかと思ってましたが、なかなか、面白い企画でした。

美術館の建物は、写したくなるところが多いのですが、内部は、なかなか、カメラを構えるのが難しいですね。
これも、あわてて、こそっと写しました。(^^ゞ

絵画と写真との交差、おもしろい着眼点ですね。一度ゆっくりとみてみたいものです。
窓の切り取り方が新鮮です。

YUKOさん

私も、昔の宗教は、苦手。(ーー;)

印象派初期のクールベやモネ、ドガ、といった人たちが、写真に影響を受けて、外の光を取り入れた輝かしい作品を描いていったそうです。

さつまさん

恐れ入ります。^^;

構図は、自分が好きなように撮ればいいと思ってます。(^^♪

aoiさん

>当時、初めて写真というものが作られた頃、
すごい衝撃的だったでしょうね!


日本に入ってきたころの、幕末の偉人の人たちの写真が時々紹介されますが、写されるほうも、勇気いったでしょうね。(笑)

『絵画と写真の交差』、とても興味深いです。

絵画的な写真と写真のような絵画。
直接線を描かない写真に魂を込めるのは、とても高度なアートですね。逆に魂を抜いた写真のような絵画は、私には怖いです。

わぁーnote
構図のとり方が参考になる~~~up

写真と絵画が互いに影響し合いながら…
なるほど、そうかもしれませんね〜!
170年…歴史を感じます。
当時、初めて写真というものが作られた頃、
すごい衝撃的だったでしょうね!

建物のお写真にも、チラリ秋の気配が…
いいものですね〜♪

yuriさん

やはり、すばらしい作品にはひきつけられるものがありますね。今回は、絵よりも、写真に渾身の表現力を見ました。

>mokoさんの写真にもいつも心惹きつけられていますよ!

ありがとうございます。励みになります。(^^♪

besoさん

関西のほうには、大きな美術館がたくさんありますから、いいですね。でも、お休みの日は、混むでしょうね。名古屋は、都会ほど、美術館は混まないので、ありがたいです。^^;

今日は寒かったけど、もう少し、紅葉は楽しめそうですね。

惹きつけられる作品には作者の思い入れが、魂がこもっていますよね。
美術館の周囲もきれいな紅葉ですね。
mokoさんの写真にもいつも心惹きつけられていますよ!

こんにちは
いい時間を持ってられますね~♪
長らく美術館に足を運んでないことを思いました。
紅葉がきれいな時期ですね。
みごとに表現してますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

«  「揖斐峡」 | トップページ | 木曽川河川敷 »