2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009/11/29

「絵画と写真の交差」 名古屋市美術館

Img_2

名古屋市美術館で行われている「絵画と写真の交差」印象派誕生の軌跡に行ってきました。

写真が誕生して、170年になるそうです。この間、絵画と写真は、互いに影響を与えながら、今日に至ってきました。写真草創期の作品を見ていると、今の写真よりずーと、絵画的です。逆に、古典派の絵画自体が、まるで写真のように見えますよね。

絵画の作品は、モネやシスレーの絵もありましたが、それより、写真草創期の作品に引きつけられました。

カラーの華やかなデジタルの写真は、それだけで、見る人をひきつけますが、モノクロームの写真は光の濃淡だけで、表現しなくてはいけません。難しいけど、それが、写真の原点かもしれないですね。

074


070


076


002


005_2

晩秋の白川公園に建つ名古屋市美術館。

2009/11/26

 「揖斐峡」

002


005


007


009


016


徳山ダムに行くまでに、揖斐川に作られているダムはいくつかあるのですが、そのうちのひとつ、西平ダムでせき止められた人造湖の周辺です。駐車場がないので、ゆっくり、風景を楽しむことが出来なかったのが、残念。
緑が濃く、それと対照的な紅葉と、四季桜も咲いていたりしました。

山桜の名所でもあって飛騨・美濃紅葉三十三選のひとつにも選ばれているそうです。思いもかけず、穴場を見つけたので、来春が楽しみです。

2009/11/24

晩秋 「徳山ダム」

033


040


047


11月もあと一週間。朝は、どんどん冷え込んで、お布団の中の温もりがとっても心地いいですね。(笑)
日曜日に、晩秋を探しに、徳山ダムに行ってきました。

赤く染まる木は少なく、黄葉が多く、また、杉やヒノキの針葉樹が多いのが、このあたりの山。もう時期は少し遅かったでしょうか。。。高い山には、白い雪も見えます。

昨今のダム問題も影響しているのかもしれません、結構、観光客が多い。途中の道の駅には、立ち寄り温泉まで出来ていて、ちょっとした観光地です。

2009/11/20

ランの館のクリスマス -2009-

006


014


017


019


026


027


031


035


040


066


寒くなって来ましたね。紅葉も一気に進んで、街の風景は、晩秋のそれです。

昨日は、久しぶりに名古屋に出かけ、ランの館に寄って来ました。もう、、クリスマスの飾り付けがされて、綺麗でした。

今年は、望遠レンズを使って、写してみました。

2009/11/18

街路樹

1.ナンキンハゼ
Imgp8157

2.モミジバフウ
Imgp8158_2

3.イチョウ
Imgp8163


桑名市の郊外には、UR都市機構(旧日本住宅公団)が開発した団地と大手デベロッパー二社が開発した団地を合わせて、一大住宅地が広がっています。

そこの一角に私もすんでいます。(*^^)v

大規模団地のいいところは、広い道路が整備されて、こうした街路樹が歩道に沿って整然と植えられていることですね。夏は、緑陰になり、秋は、こうして紅葉が楽しめます。

でも、沿道のおうちは、ちょっと、楽しんでばかりもいられないようです。落ち葉が、下水の口をふさいでしまうので、お掃除が大変だとか。

我が家の前だけは、クロガネモチと言う、常緑で、赤い実がなる木。紅葉はしません。この実は、美味しくないのか、餌の少なくなった冬でも、小鳥も見向きもしません。(ーー;)

掃除をしなくてもいいから、助かりますけど、やっぱり、綺麗に紅葉する街路樹のほうがいいわ。

2009/11/15

皇帝ダリア

Imgp7732

Img_0073
最近、総丈、2,3メートルもあるこの花を見かけるようになりました。この堂々とした姿から、名がついたそうです。
散歩道の途中に咲いていたので、ちょっと、写させていただいてきました。左の画像のように、2階建てのおうちのベランダまで届きそう。

日本に前からあるダリアと違って、この時期、晩秋に咲くようです。メキシコ原産の外来種。いま、青紫の西洋アサガオも賑々しく咲いていますし、華やかですけど、なんか季節感がないですね。^^;


2009/11/13

岩屋ダム「東仙峡金山湖(とうせんきょうかなやまこ)」

Imgp8141_2


Imgp8147_2


Imgp8148_2


Imgp8150


Imgp7724

古代のロマンに思いを馳せている時間もなく、次の目的地。岩屋ダムに向かいました。

やっぱり、紅葉には少し早かったかな。でも、人造湖とはいえ、静かな湖面を取り囲む山々に、少し、赤く染まっているところも見えて、綺麗な風景です。

この周辺は、立ち寄り湯もあちこちにあって、ゆっくり、一日遊ぶことが出来ます。
http://www.s4.s012v.squarestart.ne.jp/annai/annaikanban.pdf

リンク先は、周辺の案内図です。

2009/11/10

考古天文学「金山巨石群」

Imgp8119


Imgp8122


Imgp8124


Imgp8126


Imgp8134


Imgp8136


飛水峡では、ゆっくり車を停める場所も無く、お弁当を広げることも出来なかったので、岩屋ダムに行ってみることにしました。

一枚目は、その途中の七宗ダムのあたりです。

Imgp8128
飛騨川の支流馬瀬川を遡っていくと、途中、「金山巨石群」の看板が目に入りました。看板のある道を入るとすぐにこの大きな岩がごろごろ。

これは、ただ単に、大きな石が自然に転がっているのではないのです。古代天文観測台なのだそうです。

http://www.seiryu.ne.jp/~kankou-kanayama/kyoseki/

詳細は、このアドレスをクリックして、見てください。
いまは、閑散とした山奥に、古代には、天文学の知識を持った人たちの集落があったということなのですね。
なんか、不思議なものを発見した思いでした。

晩秋の日差しは、帰途をあわただしくさせて、ゆっくり見る時間はなかったのですが、もう一度、訪ねたい場所が出来ました。

2009/11/09

飛水峡

Imgp8096


Imgp8097_2週末の土曜日は、久しぶりにお弁当を作って、ドライブ。東海環状自動車道美濃加茂ICを降りて、飛騨川沿いを上ってみました。

立冬というのに、暖かい一日でしたね。今年は、秋の訪れが意外と早かったので、そのまま、順調に季節は進むのかと思いきや、また、暖冬傾向で、紅葉もいまいちのようです。おまけに、写真の腕もいまいちで、ちょっと、露出がオーバー気味ですね。^^;露出補正はしたのですけど、フィルターもきちんとするべきでした。最近手抜き気味で反省。

高山本線と並行して走るR41号線沿いに流れる飛騨川の一部、岐阜県加茂郡白川町から七宗町に渡る約12kmの峡谷が飛水峡です。

ほとんど、紅葉していないというか、そもそも、紅葉する木もあんまりなさそうです。(苦笑)それでも、車の窓からは、綺麗なところも見えました。でも、R41号は、下呂温泉から高山に通じる、交通の要所。信号も少ないので、トラックも頻繁に走ります。片側は渓谷、片側は山が迫っていて、駐車スペースもほとんどありません。

Imgp8104_2
ここは、いまから、41年前、飛騨川バス転落事故が起きたところです。
人々の記憶からは、もう、遠くなって、高速道路が日本海側と繋がった今、ここを通る観光バスもほとんど見かけません。それでも、この碑には、今も花束がそっと、供えてありました。

Wikipediaを読むと、高度経済成長が始まったころ、ようやく家族で旅行を楽しめるようになった時代が背景だっただけに、一家全員が犠牲になるという痛ましい事故の内容が掲載されています。

この事故を契機として、災害時における国道の防災体制が整備され、いまは、所々で見られる雨量にもとづく事前通行規制もこのときの事故を教訓に、制度化されたそうです。

2009/11/04

十月桜

Imgp7671


Imgp7675


Imgp7677


Imgp7681


Imgp7685


Imgp7694


Imgp7696


今朝は、冷え込みましたね。朝、7時20分くらいで、外気温6度。最近の暖冬傾向から、1月、2月でも、こんな温度です。でも、昼間は、ぐんぐん気温も上がって、しのぎやすい一日でした。

しかし、雨が降りませんね。長梅雨があけてからは、台風が来たときくらいしか、雨が降ってないような気がします。空気がこれだけ乾燥していると、新型インフルエンザだけでなく、在来型のインフルエンザも気をつけないといけないですね。

この間から、話題になっているのが、緑茶に含まれるカテキンがインフルエンザウィルスに効くとか。


≪1煎目は飲んで≫

 飲用以外の緑茶利用について、大森教授は「いずれも1煎目はおいしく飲みましょう。カテキンは1煎目で6割しか溶け出さず、4割は茶葉に残る」と前置き。

 うがい用には「2煎目の茶葉を煮出す。つまり急須に熱湯を入れて5~10分置けば、残るカテキンを抽出できる。冷ましてペットボトルなどに入れておく。冷蔵庫なら1週間はもつ」。飲用時に「ぬるく入れてゴクンの“ゴ”の段階で止めるようにして飲むだけでも、十分のどの消毒になる」。  2008.11.14 産経ニュースより   

いいお茶を1煎目から、うがい用にしなくてもいいみたいです。(^^)v

さて、ネットのお友達のブログを賑わしている十月桜。私も写しに行ってきました。咲いているのは、多度大社。
数年前に、何人かの方が奉納されたものですが、花つきがあんまりよくないです。まだ、木が若いからなのか、それとも、消毒が必要なのでしょうかね。

2009/11/02

秋バラ

Hana1


Hana3


Hana6


Hana7


Hana8いよいよ、11月になりました。今年は、年賀状は、10月中に発売されて、すでに、年賀状印刷のコマーシャルも流れてます。これを毎日聞かされて、あっという間に、年の瀬に。。。(ーー;)

画像は、六華園の庭に咲く、秋バラ。春のバラに比べると、全体的に、小ぶりでしたが、このピンクのバラだけは、美しく、大きく咲いていました。


« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »