2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 国立西洋美術館 | トップページ | 秋の気配 »

2009/08/16

夏のお勧め 鮎料理

昨年ほどの暑さではないですけど、それでも、梅雨が明けるまで、ずーと涼しい日が続いたので、この連日の暑さになかなか慣れませんね。昨年は、エアコン入れなかったのに、今年は、入れています。堪え性がなくなったのでしょうか。^^;

Img_0309
暑いときは、さっぱりとした川魚が食べたくなります。今年も鮎を食べに行ってきました。例年は天然鮎に行っていたのですが、やっぱり、年を重ねて、さすがの食いしん坊の私も、たくさんは食べられなくて、別のお店に行ってきました。

和食処「きりやま」。養老山地と鈴鹿山脈にはさまれた四日市から関が原に抜ける国道365号線沿い、大垣市上石津町にあります。

ここは、珍しい鮎の刺身がいただけます。Img_0308

純粋には、天然ではないようなのですが、天然風とか。(苦笑)この天然風の意味が、いまひとつよくわからないのですが、近くの綺麗な牧田川の流れに囲ってあるようです。天然でないので、刺身でいただけるのかもしれません。


Img_0305
ここのもうひとつの隠れた名物がこれ、たぬき汁。お味のほうは、化かされたと思って召し上がってみてください。(爆)

Img_0307_3


このたぬきは、かわいそうですけど、剥製です。意外とかわいい顔してるのですね。


« 国立西洋美術館 | トップページ | 秋の気配 »

コメント

ふう子さん

ふう吉さんは、鮎釣りされるんですか。いいなあ。
夫は、岐阜の田舎育ちで、鮎は天然でないと食べません。天然風も食べますけどね。^^;

スーパーに出ているのをたまに買おうとするのですが、絶対、却下されてしまいます。(ーー;)

鮎は大好きです。
例年、ふう吉は鮎の友釣りに行くのですが、
今年は行かないようです。

で、釣果はなしということで、天然鮎は
食べられません。><

とっても、美味しいんですけどね~。

aoiさん

ほんとに、程々が一番ですね。また、毎日の水遣りが大変です。

たぬき汁は、見た目が、ほんとに美味しそうで、豚汁みたいなんですよ。

でも、aoiさんには、本当のことを言うと、絶対、頼んではだめですよ。これナイショ!!(漠)

ここのところ、いいお天気が続いていますね。
こうなってくると、時には雨も恋しくなっちゃう…
程よいのが一番ですね!何事も(笑)

お写真の鮎料理、お刺身で頂けるという事は
それだけ新鮮だという事ですね!
あと、狸汁…これはちょっと想像出来ないけれど
お味の方、試してみる価値はありましたか?(笑)

besoさん

鮎は、この時期しか食べられないから、やっぱり、食べたくなりますよね。(^^♪

備長炭の遠赤外線で、じっくり焼くと、頭から、尻尾まで、全部食べられるので、それがまた、美味しい。

まふゆさん

貴船は、2年前の9月に行っています。
http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2007/09/post_e4ac.html

車もすごかったでしょ。

貴船の川床も、少し下ると、空いてはいるんですけどね。

おはよう~

日記を読ませてもらいますと、朝食前なので急にお腹が空いてくました・・・・・笑

鮎は長らく食べてないなぁ~
家人に注文を出しておこう~♪

>たぬき汁の横に、「とらまえました。」と書いてあるでしょ。^^;

ホントだ! なんという~~
気が付かんかった(笑)

貴船は、あんなに賑やかだとは思いませんでした。お店がたくさんあるのに驚きました。

まふゆさん

たぬき汁の横に、「とらまえました。」と書いてあるでしょ。^^;
一度だけ、頼んだことがあるのですが、お味は、なんとも言えません。(^_-)

鮎の刺身って、珍しいでしょ。よほど、新しくないと、無理なんだそうです。
さっぱりして、美味しいです。

貴船の川床、すごい混雑でしょう!!

キャッ!
この狸を見て・・たぬき汁(>_<)

鮎のお刺身って、珍しいですね。あっさりしてそうね。

私もこの度、京都貴船で鮎を食べてきましたよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 国立西洋美術館 | トップページ | 秋の気配 »