2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009/08/31

たかさごゆり

Imgp7423_5今日は、8月31日。短い夏も終わりですね。

早朝、車のエンジンをかけると、外気温とエアコンの設定温度が表示されるのですが、これがいつの間にか、外気温と設定温度が殆ど変わらないところまで、下がっていることに気がつきました。昼間は、まだまだ、暑いですけど、朝夕は、涼しくしのぎやすくなったのを数字で確認しました。^^;

台風が近づいてきていますね。関東の南の沖合いを北上しています。進路に当たる方、お気をつけください。こちらも、南から湿った強い風が吹いてきています。

画像は、最近、よく見かけるタカサゴユリ。あまりに、繁殖力旺盛で、場所を選ばず、庭のあちこちに生えているので、抜いてしまうのですが、気になるのは、ユリネです。これって、食べられるのであれば、ありがたいですよね。ちょっと、茶碗蒸しに入れたり。(^^♪でも、残念ながら、苦くて、食べられないそうです。

切花にするのも、白いゆりは、なんかねぇ。。。今回の自民党にでもお送りしましょうか。(苦笑)

2009/08/27

日龍峰寺

昼間は、まだまだ、日差しは強いですけど、朝夕は、しのぎ易くなりましたね。
ずーと、冷たい麦茶ばかりいただいていましたが、今朝は、温かい緑茶を淹れてみました。
その温もりが、心地よく感じられる。もう、季節は秋へ。。。ですね。

昨日は、少し、曇り空でお出かけには、好都合。

以前、ネットのお友達、綺羅々さんが紹介していらっしゃった、日龍峰寺(にちりゅうぶじ)を訪ねてみました。
ここは、岐阜県関市下之保4585(旧武儀郡武儀町)http://www.jalan.net/ou/oup2000/ouw2001.do?spotId=21464ae2180021793にあります。

本堂が京都の清水寺本堂に似た舞台造り(懸崖造)であることから「美濃清水」との異名があります。
歴史は古く、5世紀前半、仁徳天皇の時代に、この地方に勢力を延ばしていた両面宿儺(りょうめんすくな)という豪族が、建立したとお寺に伝わるそうです。


Tera10

Tera12

Tera8

2009/08/23

処暑

Imgp7406_4

今日、8月23日は、二十四節気のひとつ、処暑(しょしょ)。暑さが、収まって、朝夕に、ふく風に冷気を感じる頃とか。

それでも、やっぱり、日中、日差しは強くて、汗は、どんどん、流れます。お風呂は、毎日欠かせません、それなのに、こんなときに、給湯器のリモコンが故障してしまいました。(ーー;)

あわてて、修理の連絡をして、来ていただくことになりましたが、電話の向こうで係りの方の言葉。

「14年も前の製品だと、ほとんど交換の部品がありません。もしかしたら、出張料だけいただくという、申し訳ない結果になる恐れもありますが、了解していただけますか。」

え~~~!!たった、14年で、もう、交換部品が無いんですか。14年が長いか、短いか、消費者とメーカーの見解の相違でしょうかね。

見ていただいたところ、幸い、部品の交換しなくて、応急的な修理でなんとか、給湯出来るようにしていただきました。でも、また、いつ故障するかわからないので、近いうちには、買い替えということになりそう。でも、最近の機械って、昔のものより、ずーと、壊れやすいんですよね。

早く壊れると予想して、思い切ってリースにするか。。。リースだと、壊れても、修理は、ガス会社負担だそうです。
リース期間は、8年だそうで、どっちが経済的か、8年後で無いとわかりません。^^;

画像は、おそがけに撒いたひまわりがようやく咲きました。短かった夏を惜しむように、咲いています。

2009/08/22

プラチナブログ

Ws000005昨年の12月に、「Azbyぶろぐひろば」で、ゴールドブログに選ばれたことをご報告いたしましたが、今回、プラチナブログに選んでいただきました。

ゴールドブログは、富士通のパソコンを使って、ブログを書いている人で、「Azbyブログひろば」に登録している人の中から、毎週、一編、選ばれるのですが、プラチナブログが選ばれるのは、毎月、一編です。

Imgp3072

トロフィーもいただきました。こんな立派なトロフィーをいただくなんて、人生初めての経験です。(^^)vこれも、ひとえにこのブログを見てくださる皆様のおかげです。これからも、よろしく激励お願いします。

そうそう、いつも、荷物もち兼運転手として、あちこち付き合ってくれる夫にも感謝しなくては。。。(爆)

2009/08/20

秋の気配

Imgp7392

今朝から、うるさいアブラゼミに、つくつくぼうしが加わり、大きく鳴きだしました。あまりに短かった夏を惜しむように、より一生懸命に鳴いているように聞こえます。

画像は、庭に咲いた白い桔梗。

以前、MIHOミュージアムを訪れたときに、頂いてきた苗が、いつの間にか花をつけていたんです。種から育てた山野草の苗を分けてくださっていて、「何鉢でもお持ちください。」と、おっしゃってくださいましたが、枯らしてはかわいそうなので、一番育ちやすそうな桔梗の苗を5鉢くらいいただいてきました。

それらが、咲き出しました。すっかり忘れていたのに、ちゃんと咲いてくれて、感動もの。(^^)v

この桔梗のつぼみの姿が、面白いのはご存知でしょうか。風船のように膨らんでいます。

最初、みつけたとき、ユニークなと思いながら、不覚にも、写真に撮りそびれました。次の花芽が、見当たらないのですけど、もし、見つけたら、こちらで紹介したいと思ってます。


2009/08/16

夏のお勧め 鮎料理

昨年ほどの暑さではないですけど、それでも、梅雨が明けるまで、ずーと涼しい日が続いたので、この連日の暑さになかなか慣れませんね。昨年は、エアコン入れなかったのに、今年は、入れています。堪え性がなくなったのでしょうか。^^;

Img_0309
暑いときは、さっぱりとした川魚が食べたくなります。今年も鮎を食べに行ってきました。例年は天然鮎に行っていたのですが、やっぱり、年を重ねて、さすがの食いしん坊の私も、たくさんは食べられなくて、別のお店に行ってきました。

和食処「きりやま」。養老山地と鈴鹿山脈にはさまれた四日市から関が原に抜ける国道365号線沿い、大垣市上石津町にあります。

ここは、珍しい鮎の刺身がいただけます。Img_0308

純粋には、天然ではないようなのですが、天然風とか。(苦笑)この天然風の意味が、いまひとつよくわからないのですが、近くの綺麗な牧田川の流れに囲ってあるようです。天然でないので、刺身でいただけるのかもしれません。


Img_0305
ここのもうひとつの隠れた名物がこれ、たぬき汁。お味のほうは、化かされたと思って召し上がってみてください。(爆)

Img_0307_3


このたぬきは、かわいそうですけど、剥製です。意外とかわいい顔してるのですね。


2009/08/15

国立西洋美術館

国立西洋美術館。上京すると、時間があるときは、寄るようにしています。企画展が開催されているときも、この常設展だけ見てきます。企画展はすごい混雑でも、こちらは、比較的、ゆっくり鑑賞が出来ます。

印象派の絵画が展示してある部屋から、モネだけの絵が展示してある部屋もあります。

2009/08/12

東京・銀座・歩行者天国

朝から、夏空が広がってます。夏休み、お盆休暇でお出かけの方、よかったですね。

台風、直撃は、まのがれたようですが、大量の雨が降って、被害にあわれた方、お見舞い申し上げます。

あわせて、昨日の朝の地震は、怖かったです。こちらは、震度は3でしたが、不気味な揺れがなかなか収まらず、阪神淡路大震災を思い出させました。テレビをつけると、東海地震の予想震源地。すわっ!と思いましたが、関連は薄いとか。。。でも、最近、備えがおろそかになっているので、しっかり、警告になりました。

昨日、お騒がせしたパソコンの不調は、修理に持っていったところ、ハードには、問題は無いようでした。どうも、セキュリティソフトが災いをしていたようです。いまのところ、また、正常に動き出しているので、このまま、様子見です。

さて、画像は、日曜日の東京銀座、歩行者天国の様子。お盆の休暇で、人は少なめなのでしょうね。外国人の方が目に付き、銀座のお店は、世界のトップブランドがずらり。日本国内とは雰囲気が違いますね。(^^♪

200988_057


200988_056


200988_053


200988_058


200988_051
モダンアートですね。

卵?と何を意味してるのかな。いつも、東京には、コンデジしかもっていかないのですが、こういうのは、広角レンズで狙うともっと面白い絵が撮れるのでしょう。

いつも、夫と二人連れですが、この日は、別行動しました。荷物は持ってもらうのに便利ですが、自由に行動できない。都会を一人でぶらぶらするの大好きなんです。(笑)

上野の国立西洋美術館、ブリジストン美術館、そして、ネットのお友達、YUKOさんとそのお仲間の個展を鑑賞して来ました。美術館のはしごは、やっぱり、かなり疲れますね。YUKOさんの個展もすばらしく、大急ぎで回ったのが、もったいなかったなぁ。

【まのがれる】と【まぬがれる】

「台風、直撃は、まのがれたようですが、大量の雨が降って、被害にあわれた方、お見舞い申し上げます。」
のところです。

最初、普通に【まのがれる】と書いていました。でも、変換しないんですよね。(^_^;)
「あれ?これって、方言かしら。」と、よく考えて調べたら、【まぬがれる(免れる)】が普通の言い方のようです。


それでいいのだ。やっと溺死をまのがれた遭難者でもないかぎり、息ができるというだけで笑いたくなる心理など、とうてい理解できるはずがない。(『砂の女』p.223)


「飯間浩明のことばのページ」http://www.asahi-net.or.jp/~qm4h-iim/index.htm によりますと、広辞苑の初版にも載っており、平安の時代にも使われていたとのことで、この言い方も間違いではないようです。

2009/08/11

パソコン不調

もうすぐ三年になるパソコン、突然壊れてしまいました。(^^;)
ずーっとフリーズする事もなく、素直に働いて来てくれたのですが。。。昨夜は、六時間もかかって、リカバリーしたのですが、どうもだめみたい。
幸い、長期保証に入っていたので、修理にだします。
しばらく、更新できませんし、お友達のブログにも、お邪魔できないかとおもいます。m(_ _)m
修理から戻り次第、復活しますので、宜しく御願いします。

2009/08/07

ダイナランドゆり園

023


037


051


055


065


102


110


116

今日から、立秋ですね。
梅雨は明けたとはいえ、本格的な夏空は、なかなか広がりません。それでも、暦が秋を知らせてくれると、涼しく、過ごしやすい秋の気配を求めてしまいます。(笑)

「秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」藤原敏行(古今和歌集、秋歌上、169)

      
(通釈)秋が来たと目にははっきりと見えないけれども、風の音にはっと気づいた。

この有名な句、背景などは詠まれていなくても、その情景がすーと目の前に広がりますね。趣のあるいい歌ですよね。

画像は、ダイナランドゆり園。二年前に訪れたときより、栽培面積が広がり、本数も増えているようなので、楽しみにしていたのですが、訪れたときは、もう見ごろは過ぎておりました。

2009/08/05

飛沫  「阿弥陀ケ滝」

087_2


084_3

長かった梅雨もようやく明けて、暑くて、ムシムシとする日本の夏がやってきましたね。でも、梅雨末期の雨があまりに長く続いて、うんざりしていたので、少々の暑さは、我慢しますから、しばらくは、この晴天続いてください。(笑)

昨日は、青空が広がったので、久しぶりに岐阜県奥美濃にドライブ。画像は、「阿弥陀ケ滝」です。二年前の7月にも訪れています。http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2007/08/post_41b5.html

昨日は、ここしばらくの雨量の多さのせいで、滝の流量が大変多くて、水しぶきは、すざまじいものがありました。この滝は、滝つぼのすぐ近くまで、行けるので、その迫力をまさに感じることが出来ます。

東海一の名瀑となっていますが、この日の流量であれば、華厳の滝や那智の滝とも、並び賞せるくらいの名瀑と言えるでしょう。

100これが遊歩道の図です。拡大してもらうと、わかりますが、上の方が、往路、下が復路です。帰り、もう、あと少しで、出発点と思ったら、渓谷を横切る飛び石が、流れに飲み込まれてしまって、渡れません。

「え~~~、もう一度、引き返さなくてはいけないの!!」
と思ったら、茶店の前を通るもうひとつのルートがありました。
よかった。ほっとしました。

万が一、渓谷を横切る道が飛び石を渡るしかなかったら、もしかして、流れの中に足を入れてるかも。その結果どうなるかは、誰にもわかりません。ヾ(--;)ぉぃぉぃ


2009/08/03

食事中

Imgp7332

本当に、久しぶりの青空が広がってます。でも、また、明日からは、雲が広がり、雨の時間もありそうな予報が出てます。最近の天気予報は、よくあたるから、このいいお天気を活用して、やらなければいけないことは、いっぱいあるんですけどね。日差しが強いと、それはそれで、庭に出るのに躊躇されます。ただ、怠けてるだけかも(苦笑)

画像は、庭の菜園に来たすずめたち。玄米を精米してでた糠をオクラの根にまいておいたのですが、こごめとか残っているのを啄ばんでいるようです。

すずめは、昔は、田んぼを荒らす害鳥と聞いてきましたが、庭の虫とかも食べてくれて、ありがたいです。でも、残念ながら、だんごむしとか、ナメクジは食べないようなんですよね。

少し前、ネットのニュースに、すずめが年々少なくなっていると載っていました。あるサイトによると、1990年ころに比べて、半数になっているとか。

すずめの個体が減少している原因は、よくわからないそうですが、ちょっと、気になりますよね。決して、綺麗ではないですけど、ちゅんちゅんと、えさを啄ばんでる姿は、なかなか愛らしいものです。

2009/08/02

雨に打たれて

Hasu10


Hasu11


« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »