2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 香りは、まだ、充分 | トップページ | 印象派の巨匠 ピサロ展 »

2009/06/22

菩提樹

Imgp6212


Imgp6226


Imgp6198菩提樹の花です。昨日、朝刊にいなべ市藤原町の明源寺の境内で、見ごろを迎えたと言う記事を見て、早速、写してきました。

お釈迦様が、悟りを開いたと言い伝えられる菩提樹は、インド菩提樹で、この樹ではなく、間違って伝えられたとか。また、シューベルトの「菩提樹」は、セイヨウ菩提樹で、また違うものだそうです。でも、この樹は、そんなこと、関係ないと、樹高10メートルの高さにびっしりとかわいらしい花をつけ、甘い香りを漂わせて、早速見物に訪れた大勢の人に、その姿をみせてくれていました。

« 香りは、まだ、充分 | トップページ | 印象派の巨匠 ピサロ展 »

コメント

aoiさん

>菩提樹といえば、インド菩提樹…
を想像してしまいがちですけれど、

よくご存知ですね。(^^)
私は、単に菩提樹と言う木があるということくらいでした。大昔、小学校のころ、音楽の授業で、習った「菩提樹」の歌が、記憶の底にあったくらい。^^;

金木犀よりは、少し、大きいですね。大きさは、ロウバイと同じくらいなんですよ。よく似た感じですよ。下向きに咲くところなど。香りは、金木犀ほど強くありません。

菩提樹といえば、インド菩提樹…
を想像してしまいがちですけれど、
実は、いろんな種類があるのですね。
屋根の上まで、立派に成長していますね!

いい香りと、小さくて可愛らしいお花は、
キンモクセイのようなイメージなのかな〜?

yuriさん

とても大きな木で、境内にどーんと立っていて、来る人を守ってくれているような感じです。お寺には、どこにも、こういう木がありますね。
そのなかで、こうして花をつけて、楽しませてくれる木があると嬉しいですね。(^^)

菩提樹の木も、花も初めて見ました。
大木にたくさん咲いて、見守っているように~ですね。
なんと!かわいい花の集まりでしょう!!
きれいな黄とオレンジで下を見下ろしていますよね~confident

Sarahさん

私は、はじめてみました。
確かに、お寺の花ですよね。木も大きかった。

シューベルトの菩提樹を聴いてみました。
子供のころは知らなかったんだけど、若い男の子の失恋の歌なのね。^^;

おお、菩提樹。
可愛らしい花ですよね。
観たことあるけど、遥か昔のことだから
こんな色でこんなに可愛かったんだと、
ちょっと驚いています。^^;
香りも良くて、まさにお寺の花!という
風に感じました。

besoさん

ほんと、色は、なんとも、優しい色で、形も小さくほんわかと下を向いて、癒される花です。(^^♪

ひろしさん

遠いところを帰っていらしたのですね。飛行機に乗っているだけでも、相当、退屈でしたでしょう。特に、お孫さんが、2歳のちょうど、動き回りたくなってきたころだと、息子さんたちも大変でしたよね。^_^;
無事、着かれて良かったですね。

お孫さんとの、楽しい時間は、あっという間だったでしょう。(^^♪

まふゆさん

見物に来ている人たちは、みんないい香りねぇと口々に話してました。が、実は、私は、あんまり好みでない。バキッ!!(>_<)

綺羅々さん

大木ですが、これだけ、花を付ける様になったのは、ここ数年のことだそうです。
一見の価値ありですよ。(^^♪

おはようございます。

やさしいお花をいっぱいつけて菩提樹が咲いてるんですね。
とっても癒される色ですね~♪

息子一家がアルゼンチンから一時帰国し、ここ一ヶ月近く降り廻されてパソコンもゆっくり開いていませんでした。二歳の孫もスカイプでいつも見ていましたが、しっかり抱いたり遊んだり・・・でも<来てくれて嬉し、帰ってくれて嬉し>で19日離日、昨日無事着いたと電話有りヤレヤレcoldsweats01 又ゆっくりと安見さんの散歩道拝見させて戴きます。

どんな香りなんでしょうねぇ?

見ただけでも、良い香りのしそうな花ですね。

初めて見ました。
こういうかわいらしい花が咲くんですね。
いろんなお花をこうして見られるのは嬉しいです~。

さつまさん

>三重県の田舎の方ではなかったですか
そうです。鈴鹿山脈と養老山脈に囲まれた山間僻地です。^^;
昔は、松茸も採れたのですか。いまは、それは聞かないですね。セメントの原料の山だから、結構、もろくて、最近は、土砂崩れがよく起こってます。(>_<)

シューベルトの菩提樹、懐かしいですよね。
若者の失恋の歌だったと、調べて、初めて知りました。^^;

この花は、ソシンロウバイとよく似てますね。

おぼろげな記憶ですが、いなべ市藤原町と言うと三重県の田舎の方ではなかったですか? 松茸狩りをして、ふんだんに食べた記憶があります♪ 
まあ、それはそれとして、菩提樹というと、お釈迦様やシューベルトで興味津々!
こんな花が咲くんですね。それと「甘い香りを漂わせて」なんて聞くと益々興味津々。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 香りは、まだ、充分 | トップページ | 印象派の巨匠 ピサロ展 »