2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 菩提樹 | トップページ | 醒ヶ井宿 「梅花藻」 »

2009/06/25

印象派の巨匠 ピサロ展

Img_210日前になりますが、岡崎美術館で開催されている「印象派の巨匠ーピサロ展」に行ってきました。

印象派の美術展が開かれると、必ず目にするカミュー・ピサロ彼の絵。とても、穏やかでみるものの心に安らぎを与えてくれます。初めはよく知らなかった私ですが、何度か、ピサロの絵を見ることで、とても好きな画家の一人になりました。

ピサロ展ということで、たくさんのピサロの絵に会えると期待して行ったのですが。。。^^;。そうではなく、オックスフォード大学のアシュモリアン美術館に収蔵されているピサロとその家族の絵が中心。ピサロ自身の絵は点数もすくなくちょっと、残念でした。

なんども、印象派の絵を鑑賞しているうちに、私でも、モネの絵とか、シスレーの絵とか、ブータンの。。。とか、ある程度、記憶に残っています。でも、ピサロの絵は、みれば、気持ちのいい風景と思う割りに、あんまり、どの絵がよかったと記憶に残ってない。^^;パンフレットに使われている絵は、スーラに代表される点描派風な描き方ですが、これは、はじめて見ました。こういう描き方の絵は、あんまり好きじゃない。


Img_0002_2


今回の数点の中では、上の「チュイルリーの庭園、雨天」が、一番、好きでした。銀灰色の空のした、整えられた庭園の中を歩く人々。最近、なぜか、この一両日和がお気に入り。(爆)

Photo_2左は、ルノワールの絵。人物画は好きじゃないのですが、ルノワールの描く風景画は、ダイナミックな感じがして、好きです。


« 菩提樹 | トップページ | 醒ヶ井宿 「梅花藻」 »

コメント

mimiさん

印象派の絵は、穏やかで、ゆったりとした気分になりますね。
そして、構図や、奥行き感がとても、参考になりますね。(^^)

印象派の絵は人気がありますね。
みていてほっとするところがあるからでしょうね。
ピサロも私は好きです。

aoiさん

>「チュイルリーの庭園、雨天」も、本当に見事ですね。

ピサロの絵は、この雨の風景であっても、明るいですよね。

>特に、雨の日の色、景色、空気感…
さすがに、専門的ですね!!

yuriさん

東京に近いと、いろんな美術展が頻繁に行われていて、羨ましいですけど、1時間待ちなんて、ざらで、ところてん式に追い出されるのは、なんか絵を鑑賞する雰囲気じゃないですよね。^^;

絵画を鑑賞する時間は、それほど長いことないですけど、その美術館の静かな雰囲気とともに過ごせる時間が好きです。

やっぱり、絵画は本物を見ると
作品の良さやイメージが伝わりますよね!
こちらの「チュイルリーの庭園、雨天」も、本当に見事ですね。
特に、雨の日の色、景色、空気感…
上手いなぁ…

物憂い雨の風景なのに、淡い色調が和みを覚えますね~
こういうの、私も好きですけれど、mokoさんの仰るとおり
なかなか印象に残るかと言うと・・・難しい感じですよね。
いつも眺めていられれば・・・いいんでしょうね~
私もゆっくり美術館に行ってみたくなりましたhappy01

besoさん

ピサロの絵は、温厚な人柄から、色使いも明るく穏やかな絵が多いんです。みるものの心をほんわかとさせてくれる絵が多いので好きです。(^^♪

おはようございます。

ピサロの「チュイルリーの庭園、雨天」の絵を見せてもらい、さすが巨匠の絵の構図はすばらしいなぁ~と感心しています。
色づかいもみごとですね~♪

Sarahさん

私の好きな絵は、主に風景画のおとなしめの絵。

奥行きのある絵をみてると、そこにずーとその世界が広がってるようにみえるんですよね。

ふうこさん

67歳で離婚。すごく勇気のある方ですね。^^;
美術展なんて、別に、改まった服装で出かけなくてもいいわけですから、自分が、見たいと思うものをみればいいのにね。

夫は、付き合ってはくれますが、絵は興味がなくて、入場料がもったいない。^^;

mokoちゃんは本当によく美術館に出かけられますね。
感心します。私ゃ最後に行ったのがmokoちゃんと
ご一緒したボストン美術館ですから。(^^ゞ
あ、いや、待てよ。
その後、三重県立美術館もご一緒しましたね。
mokoちゃんとしか行ってないや。あはは。

ピサロのこの絵は素敵ですね。
雨天の感じが出ているし、19世紀後半のフランスの
雰囲気が出てるし、何よりこの色調がいいわ。

ああ、たまには私も観に行かないとぉ。

昨日、ある女性と話をしました。
67歳で離婚したことのある方です。
「しょうもない夢やけど、バレエの公演とか、
絵の展覧会とか、誘ってくれはる男の人がいんかなあと、考えることがある。そんなところに行く、服も靴もないって言ったら、よっしゃ、わしが買ったるって言ってくれるような人。シンデレラみたいなこと、夢みている、ばあさんなんよ。
苦労は山ほどしているって思いもするが、やっぱり、苦労が足りんのやろね」って、お話でした。

ちなみに「ラーメンでも食べにいこか」と誘ってくれる人はいらっしゃるみたい。「でも、世間話しかできひんような人と出かけるなら、一人で
いたほうがましや」と。

私は「そう願っていれば、そういう人が
きっと現れると思います」というのが
精一杯でした。

ピサロの絵を鑑賞するモコさんと
思わず引き比べてしまいました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 菩提樹 | トップページ | 醒ヶ井宿 「梅花藻」 »