2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 四十八滝山野草園「九輪草」 | トップページ | 付知峡「不動の滝、仙樽の滝」 »

2009/05/27

マイナスイオンがいっぱい「宇津江四十八滝」

Imgp5973


Imgp5978


Imgp5995


Imgp5989


Imgp5980


この宇津江四十八滝http://www.48taki.com/は、日本の滝100選には選ばれてませんが、日本の自然100選に選ばれてます。標高1,200mの滝上川を源として、狭隘な渓谷を流れながら、落差が大きく雄大に流れ落ちたり、平板な岩盤を白糸を垂れるように流れたりと、なかなか変化に富んだ美しい渓谷美を形成しています。

狭い遊歩道が続いて、6段目の滝以降は、かなり急なのぼりになります。ホウノキ、ナラ、トチ、ヒノキ、そして白樺等の雑木林のなか、森林浴して歩くと、とっても気持ちいい。紅葉の時期もいいですが、滝めぐりは、やはり、この時期が最適ですね。ちょうど、少し前に雨が降って、流水量も豊富でした。

ただ、この間、お友達のブログで話題になっていた高齢のカメラマン軍団がここにも出現してました。写真を撮るのは、癒し効果があるそうで、高齢者にもいい趣味ではあるのですが、いかんせん、マナーが悪い人が多いのです。決め付けてはいけませんが。。。この狭い遊歩道に三脚を立てては、他の人の通行の妨げになることは、普通の人には、わかると思うのですけどね。

なぜ、高齢者に三脚を立てる人が多いのか不思議でした。自分は、重いので、三脚を持ち運ばないのです。^^;
結局、フィルムカメラなので、レンズが大きく、三脚を立てないと手振れするんですね。でも、だからといって、他の人の通行を妨げていいというわけではありません。こういう狭い渓谷では、ひとつ足を踏み間違えると、大きな危険が待っています。どうしても、三脚を立てたいのなら、観光客の訪れるまでの早い時間帯でも狙うようにするべきでしょうね。そのほうが、フォトジェニックな作品も狙えます。

最近、怒りのブログになってます。(爆)

Photo

« 四十八滝山野草園「九輪草」 | トップページ | 付知峡「不動の滝、仙樽の滝」 »

コメント

aoiさん

これからは、水の季節ですね。
水と森。夏のむしむしした暑さは嫌いだけど、山のさわやかな緑陰は、夏でないと味わえないしね。(^^♪

本当に、画面からマイナスイオンが
出ているような感じがしますね〜、爽やか!

>狭い渓谷では、ひとつ足を踏み間違えると、大きな危険が待っています。

確かに!
旅先でも、よく三脚を持ち歩いておられる
カメラマンの方が沢山いらっしゃいますけど、
旅を堪能するには、ちょっとツラい重さですしね…。

yuriさん

栃木の日光華厳の滝とか、見返りの滝とか行ってますよ。(^^)
すごいですよね。つり橋もすごかった。カメラが良くなったので、また行ってみたいです。

いま、老人のカメラマンが多いんですよね。そして、他の方も言ってみえるように、自分は上手なんだから、三脚を立てて写すのは当然。みたいな風にみえる態度!!あれはいけませんね。
もっと、謙虚に、迷惑かけてますといえば、まだ、許してもらえるのにねぇ。

ふう子さん

先日、テレビでも話題にしていました。カメラマンの話でなく、老人の暴走に怒りの声。^^;
確かに、年老いてくると、人間が出来てくるのでなく、判断力も落ちるし、わがままになるそうですね。
自分も、そんな風になって、嫌われる年寄りにならないようにしなくちゃと、いまから、心がけようと思ってます。半ば真剣。(^^)

新緑の滝めぐり・・・たまりませんね~!!
mokoさんのお写真は、またとびきり素敵happy01
栃木や福島にも良い所がいっぱい有りますよ。
さっそく出掛けたくなりました~
mokoさんの怒り・・・よーぉく分かります。
こちらにも、これまた!いっぱい居ますから~

今は手振れ防止機能がデジカメだとついて
いますので、三脚なしでも、いい写真が
撮れるのですが、フィルム・カメラに
こだわっていると無理でしょうね。

年をとると、いろんな判断力が衰えてくるので、
困った人も多くなります。

団体でしたら、リーダーの方からマナーを
注意してもらうとか、何か考えたほうが
いいでしょうね。

滝の写真、素敵です。^^

綺羅々さん

確かに、三脚を使って、しっかりピントを合わせて、構図もきちんと構えて、。。。それが基本なのでしょうけど、でも、それは、他人や自然に迷惑をかけていないということが基本でしょうね。

特に、アマチュアカメラマンの団体は、もう、競争で、場所取り、そして、他の観光客の事なんかそっちのけ。それぞれがいっちょ前の名カメラマン気取り。^_^;

本当は、誰もが訪れる場所は、もう、いい写真スポットではなくなっているのですけどね。

mimiさん

>デジタルカメラの人を見下すようなところがあると感じるのは

確かに、それありますよね。少しの間、通った写真教室の講師の方の別の教室は、高齢の方が多くて、フィルムカメラの人が多かったようですが、そんな意識の人もいたようです。

こういう写真教室のなかには、講師が、フィルムカメラ以外はだめと言うところもあります。

私は、いまだにフィルムカメラ持ってる人を見ると、気の毒に思うのですけどね。バキッ!

せめて、三脚をたたんで、一脚にするとか、もう少しマナーを考えるべきでしょうね。綺麗なお花の根元を平気で傷めたりするしねぇ。

先日はスゴイ人出の花フェスタでしたので三脚を気にしている余裕はありませんでしたが、「三脚を使ってこそ素晴らしい写真が撮れる」と考える人はけっこういらっしゃるようです。
三脚よりも自分の技術を磨かなきゃ、人が惹かれる作品はできないと思うんですけどね~。
そして周りに気遣いが出来ない人の作品は独りよがりだと感じます。

水の表情がとてもおもしろいですね。
流れていたりとまっていたり。
いろんな写真を見られて素敵だな~と思いました。

besoさん

緑の中を歩くのは、気分がリフレッシュして、いいですね。(^^)
梅雨のまえに、どんどん、緑の中に出ようと思ってます。(^_^)v

いろいろな滝が癒されます。
マナーのこと、フイルムカメラの人は、どこかデジタルカメラの人を見下すようなところがあると感じるのは私だけでしょうか。三脚も使っているのを誇りにしているのでしょう。困ったものですね。

おはようございます。

イオンをいっぱい運んでくれてありがとう~♪
滝の流れをきれいにとらえてますね。
オレンジのつつじにどうだんつつじ
とてもステキですよ~☆

ボタ山さん

このアマチュアカメラマンたちだけでなく、最近の年寄りのマナーの悪さが、ネットニュースで話題に上ってますね。^^;そういう自分たちfs20世代もそういう域に一歩近づきつつありますが、わがままな年寄りにならないように気をつけたいものです。

新緑、清流、滝
心が癒される景色ですね。
日本の美~~~ 
しかし、マナーの悪い人
ガッカリですね。

Sarahさん

新聞に載る前に行って、よかった。^^;新聞に載ると、わっと人が押し寄せますからねぇ。

今朝の中日新聞一面にここの九輪草の写真が載って
いましたね。
ああ、mokoちゃんのところで観たばかりだ!って
叫んじゃいました。^^;
滝のお写真も素晴らしい。。
木々の深い緑と青い水、そして木漏れ日。
凄いです。

ツツジ2種もとっても綺麗。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 四十八滝山野草園「九輪草」 | トップページ | 付知峡「不動の滝、仙樽の滝」 »