2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 桜まつり  墨俣犀川堤 | トップページ | 癒しのスポット 浜名湖SA »

2009/04/04

山陽山陰の旅二日目「萩城下町」

Photo_5

Photo_6

« 桜まつり  墨俣犀川堤 | トップページ | 癒しのスポット 浜名湖SA »

コメント

aoiさん

山陰の、失礼だけど田舎町なのに、立派なお屋敷が並んでるんですよ。こうして、歴史のある街を旅すると、あらためて、その当時のお話を紐解くのも面白いかなと思いました。

歴史をたどって旅をするのも
また一興ですね〜!
私も、それほど歴史に詳しいわけではないけれど
この方達のお名前は、有名ですね!

桜の花は、きっと
沢山の歴史に立ち会っているでしょうから
お話できると楽しいでしょうねぇ…♪

nicoさん

本州の一番西と日本の一番南なのに、本当に不思議です。でも、それだけ、距離を置いていたからこそ、冷静に判断が出来たのかもしれませんね。

こんばんは mokoさん
山口県と鹿児島県が明治維新を引っ張っていったんですね~
高杉晋作の言葉は有名です
内閣総理大臣も山口県出身が最多ですね

にしはさん

あの時代は、反対派の抹殺は命をとることだったのですね。

今の時代は、失脚を狙う。。。みたいな感じ。(ーー;)

まだ、東北の方は、行ったことがないので、いつか行ってみたいです。今回、列車のたびもいいものだと思いました。(^^)

besoさん

まだアップしていないですけど、門司港まで行ったんですよ。(^^)

萩の方には、失礼ですけど、こんな片田舎から何人もの英雄が。。。と、言うのが、萩を訪れての実感でした。^^;

富士には月見草がよく似合う とか
  太宰治が言ったような?
皆さんがコメントされるように
   お城には桜が良く似合いますね。

mokoさんの写真はいつ観ても素晴らしいです。

彦根城といえば 井伊家 井伊直弼
井伊直弼といえば 幕末の安政の大獄
安政の大獄といえば 松下村塾の吉田松陰
良き指導者は大老によって死罪

九州から東北辺りまで 桜前線を追って
  城と桜の写真など撮りながら
    ふらふら ふらふら
      してみたいですね。

今は平和な世の中で幸せですね。

こんにちは
遠くまで行かれたんですね
中国地方の観光地として萩は有名ですね。
幕末から明治維新にかけて活躍した人物が出た土地で歴史の一端に触れられたようでなによりでした。
城址と桜の組み合わせは好きなんですよ~♪

綺羅々さん

お城と桜は、よく似合いますよね。この日、彦根城の近くも通ったのですが、まだ、咲きはじめで、寄らなかったです。松本城もずいぶん行っていないので、行ってみたいなぁ。

ボタ山さん

不思議なほど静かな城下町でした。(^^)
この町を、昔、熱気に溢れた若き志士たちが走り回っていたのですよね。

お城と桜はほんと似合いますね。
当時の城郭があったなら、その当時を体感できるかも・・・なんて思ったり。

今後開花する松本城に行ってみたいな~とあと思いました。

石垣にサクラの花、似合いますね。
幕末から明治維新を駆け抜けた志士たちの
声が聞こえそう。
静かな城下町ですね。

さつまさん

この時期、良き指導者が現れたことが、日本にとっても、若者にとっても、幸いだったということですね。
翻って、今の日本の状況は。。。(ー。ー)フゥ

松下村塾で世界へ目を向けるよう良い意味で洗脳された人達が歴史を動かしたのですね。でも、日本中にその下地が出来ていたからだと思います。歴史の街・萩。何か不思議に伝わってくるような気になりますね。石垣の反りの美しいこと♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜まつり  墨俣犀川堤 | トップページ | 癒しのスポット 浜名湖SA »