2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009/04/28

信楽「陶芸の森」

今日も、冷たい風が、しかも、強めに吹いてはいましたが、日帰りドライブで、信楽に行ってきました。信楽は、陶器の狸の置物がずラーと並んでいる、楽しい町です。新名神が開通して、信楽ICが出来たので、交通が便利になりました。

1.新名神高速道路の橋のひとつ

037

2.陶芸の森にいたお酒を飲んでる狸
043

3.同じく、酔っ払って胡坐をかいている?
048

先日の騒動のタレントさんも、こんな状態で、座っていたのでしょうか。^^;
なんか、連想してしまった。(^^ゞ

4.日本庭園
046

5.陶芸館
045

6.同じく陶芸館
047_3

7.陶芸館の入り口のモニュメント
050


ほっとする信楽http://www.e-shigaraki.org/。信楽観光協会のHPですが、みどり深い山に囲まれた盆地にある信楽は、ほんとうに、ほっとさせてくれる素朴な町でした。

2009/04/27

メイストーム

Img_0096昨日、今日と、この寒さと強風は、どうでしょう!!せっかく、植えた家庭菜園の野菜苗も、倒れてしまいました。(ーー;)

冬の寒さは、割と好きです。強く吹いていた風もやみ、深々と冷えこんでくると、そろそろ、雪が降ってくる。そんなシーン。冬の魅力ですよね。でも、この春の嵐は、辛い。吹く風は、体感温度を気温以上に低くさせます。

この時期の急に発達した低気圧をメイストームと言うそうです。

春の大型連休の頃は天気が大きく変わりやすい頃です。1954年5月の大惨事のように、低気圧が時に嵐となって大きな被害を及ぼすこともあるのです。 ●5月の低気圧は、まず急に発達するという特徴があります。そして急に動きが速くなるということもあります。 ●これは、北にある冬の空気と南にある夏の空気との間に日本列島があるため、その気温差を解消しようとする自然の動きが低気圧を発達させるのです。 ●このように低気圧が急に発達して動きも速くなると、突然の強風や強雨に見舞われることがあります


                                            @nifty今日のお天気豆知識より

今日も、朝から、北西風に乗って、厚い雲が流れてきてました。3月初めのころだと、ちらちらと雪が降っているところですが、さすがに4月も末、細かい霧雨です。でも、おかげで、虹の架け橋を見ることができました。最初は、端から端までのくっきりした大きな虹だったのですが、カメラを取りに戻っていたら、消えていってしまった。

Imgp2952

上の画像は、庭に咲いた、白いフリージア。

2009/04/25

山陽山陰の旅4日目  関門海峡大橋

Imgp5964_2


Imgp5955

総距離、9.4km。1973年に開通し、当時日本最長の橋となった。さすが、大きな港、門司港と下関港ですね。大きな貨物船が何台も行きかいます。

この橋を撮るために、旅程を一日延ばしました。風が強く、雲がひっきりなしに流れてきて、空と海がどんよりしています。時間がなくて、橋を渡っただけで、戻ってきました。今回は、見所が多くて、三泊四日でも、ほとんど駆け足。この下関や九州には、もう一度、あらためて、訪ねてみたい。

2009/04/22

春風とともに

Photo朝から、爽やかないいお天気。

今月になってから、夫が仕事に車で出かけることが多いので、足のなかった私は、最近、引きこもり状態で、ちょっと気分は沈みがち。今日は、車が空いたので、ひとりで、ちょっと、ドライブに出かけることにしました。

さて、どこに行こうか、散々迷った結果、鞍が池アートサロンに行くことに。。。

モネ、コロー、シスレー。。。表題の「春風とともに」がぴったりの、やわらかな春の風景が広がった世界がそこにありました。

この鞍が池アートサロンは、トヨタ自動車所蔵の絵画を無料で、一部公開している小美術館。一度に公開される点数は少ないですが、見応えのある絵ばかりです。都会の大きな美術館と違って、見学者が少ないので、独り占めして、絵を鑑賞できるんですよ。(^^)

道中も、伊勢湾岸自動車道と東海環状自動車道の新しい高速道路ばかりで、気持ちいいドライブコース。ただ、今日は、風が非常に強くて、ハンドルをしっかり持っていないと、流されそうになって、怖かった。それに、またも失敗。トヨタ鞍が池記念館のスマートな建物を撮ろうとしたら、また、デジカメにメディアがない!!^^;


2009/04/19

南信州「そのはらの春」

F1010018_2
里の桜は終ってしまいましたが、花桃は今が盛り。南信州園原の花桃の里に行ってきました。以前、紅葉の美しさにみせられて、出かけたヘブンスそのはらhttp://www.mt-heavens.com/。ここの近くです。

高速道路料金、4750円のところ、休日特別割引で、1000円。

この割引制度が、3月28日から始まってから、3週間。渋滞を嫌って、週末は遠出していなかったのですが、様子を見ていると、それほどの影響もないようなので、せっかくですから、恩恵に与ってみようと、伊勢湾岸道、東海環状道、中央道と、高速道路ばかりを使って、大回り。

行楽シーズンもあるのでしょうけど、やはり、以前よりは、中央道も混んでました。でも、思ったほどの混雑でもない。やっぱり、ガソリンはいるんですものね。ガソリン代がいる分は、お弁当を作って、節約。(^^ゞ

003

ロープウェイで昇る富士見台高原には、花桃はないのですが、その代わり、南アルプスの絶景を見る事ができます。ちょうど、前日の雨の影響もあって、朝のうちは、雲海が出ていて、その上に、白く残雪を頂いた峰々を見る事ができました。この景色は、期待以上のもので、素晴らしく、息を呑む美しさでした。

022_2

山頂には、まだ、ところどころ雪が残っていて、結構、寒いです。雪解け水の中で、ひっそりとみずばしょうが群生して、花を咲かせていました。

034

048


044


049

桜も、まだ、残っていて、タンポポも、春ののどかさの演出に一役買っています。

087

伝説「駒つなぎの桜」。源義経が、吉次に導かれ、奥州下向の際、この木に馬を繋いだといわれています。エドヒガンザクラで、高さ約20メートル。老木は、朽ち果て、いまは、ひこばえであるともいわれているそうです。でも、このひこばえも、相当の老木。

一本桜として、アマチュアカメラマンには有名のようで、近くの民家を借りているのか、岡山や広島のナンバーの車が駐車されてました。しかも、もみじマークつき。(苦笑)

この桜を見るために、多くの人が訪れるのですが、地元の方が、駐車場を確保して、交通整理をしてくださってました。しかも、駐車料金無料。「桜の保存のために薄謝を入れてください。」竹筒が設置されていましたので、私たちも、わずかのお金を入れてきました。

「短い時間だけなのに、こんなに駐車料金取るの!」と思うような観光地もあるのですが、逆に、こうして、無料で、ボランティアをしてもらっているところもあるのですね。恐縮してしまいました。



2009/04/16

名残の桜

Imgp5801_2

10日ぶりに雨が降って、桜もすっかり散ってしまいましたが、久しぶりに、近所の公園まで出かけたら、まだ、名残の桜が咲いていました。

Imgp5791

こちらは、御衣黄。最近は、あちこちで咲いていて、おなじみの桜ですね。咲き始めの頃は、緑色だけなのですが、段々、赤い色が混じってきます。

Imgp5803


Imgp5807


Sakura2

上の三枚は、八重桜ですが、三枚目と四枚目は、色がちょっと、違います。三枚目の薄いピンクが上品で好きです。(^^)
八重桜とも、牡丹桜とも呼びますよね。違いがあるのかと、調べましたが、この八重の桜の総称で、同じもののようでした。

「いにしへの 奈良の都の 八重桜 今日(けふ)九重(ここのえ)に 匂ひぬるかな」 伊勢大輔(いせのだいふ)
百人一首にも、うたわれているので、奈良時代からすでにこの種類はあったのですね。いまは、染井吉野全盛で、この八重桜のほうが、珍しく、新しい品種のように思えてしまう。

ソメイヨシノは、エドヒガンザクラとオオシマザクラの交配で、江戸の末期に作られた園芸品種として知られてますよね。

2009/04/15

山陽山陰の旅三日目  角島大橋

Imgp5944_2

Imgp5945_2


Imgp5934_2


エメラルドグリーンとブルーサファイアの海に、優美な曲線の橋。

この風景、テレビコマーシャルでご覧になられた方も多いでしょう。私も、「綺麗な海と橋、外国の風景なんだろうなぁ。」と思ってました。コマーシャルの商品名は、なんだったのか、覚えてません。^^;でも、この美しいシーンだけは、記憶が鮮明でした。これが、日本国内の風景、しかも、これから行こうとする旅先にあるのだと、旅行雑誌のグラビアで、知ったときは、嬉しかったなぁ。

私は、この三日間、ここに来るために旅をしていたんだわ。そんな感激でいっぱい。

ただ、写真では、私が感激したエメラルドグリーンと白い砂浜が、うまく現れていません。(ーー;)
角島大橋http://www.shiokazenosato.jp/tunoshima/tunoshima1.html。潮の引いているときは、こんなにエメラルドグリーンが綺麗に見えるのですね。海の写真を撮るときは、潮の加減もよく吟味する必要があると、あらためて思いました。

2009/04/12

山陽山陰の旅三日目  秋吉台と秋芳洞

Imgp5803三日目の朝、左は、萩港の様子です。萩は静かな城下町のイメージですが、漁港でもあって、前の晩は、ふぐのお料理が出てきて、堪能しました。

朝は、この通り、雲が多かったのですが、日が昇るにしたがって、青空が見え出し、秋吉台に着いたころには、いいお天気になりました。朝は、相変わらず、早く動き出す私たち。(^^ゞ

平日と言うこともあって、旅行客はまばらです。


Imgp5824


Imgp5827


Imgp5832


Imgp5839


Imgp5849


Imgp5854


秋芳洞は、鍾乳洞としては、広いですね。ずーと昔、修学旅行で訪れたときは、鍾乳洞もここだけだったと思いますが、いまは、近くに、2つの鍾乳洞が見学できるようになっています。秋芳洞の観光コース約1キロ。上下の差はあまりなく、遊歩道の幅も適度にあり、何より鍾乳洞の中が広く、見学は楽な鍾乳洞です。

2009/04/10

徳源院の桜

008_2今年の桜は、開花してからの寒の戻りのおかげで、長く楽しめましたね。3月の山陽山陰の旅から、あちこちの桜を鑑賞してきました。
ここ徳源院は、秋の紅葉に感嘆して、また、春の桜を待ち遠しく思っていましたが、それに応えてくれる淑やかな枝垂桜でした。

009


010


012


016


019

参道に植えてあるソメイヨシノは、このときまだ、3部咲き。素朴な山道の桜並木もいいものですね。


2009/04/09

はままつフラワーパーク

2_001


2_024


2_044


2_107


2_132


はままつフラワーパークhttp://e-flowerpark.com/の画像です。

ここは、2年前にはままつフルーツパークhttp://e-fruitpark.com/index.htmlを紹介していますが、そこと同じ系列なんですね。フルーツパークにも行きたかったのですが、けっこう、広いところで、お昼ごろに着いたのでは、フラワーパークを回るだけで、精一杯。

浜名湖周辺には、浜名湖ガーデンパークhttp://www.pref.shizuoka.jp/hg-park/index.htmlもあって、お花好きには、とっても魅力的な場所です。


2009/04/07

癒しのスポット 浜名湖SA

ようやく、春らしい気候が戻ってきましたね。やっぱり、春はいいなぁ。(笑)各地で、桜が満開になり、また、公園の花壇では、チューリップをはじめとした春のお花が美しさを競っています。昨日は、この陽気に誘われて、浜松フラワーパークhttp://e-flowerpark.com/まで、ドライブしました。

画像は、東名高速道路浜名湖SA。ここは東名高速道路のSAでは、人気のSA。この浜名湖の眺めをご覧ください。長時間狭い車内に閉じ込められていると、この開放感は堪りませんね。

2_201

2_197_2いつの間にか、恋人の聖地http://www.seichi.net/seichi.php
が出来ていました。^^;
このプロジェクトの趣旨はわかるのですが、選定委員にあの人が含まれてるのが。。。はて。

2_196


2_191


2_200

2009/04/04

山陽山陰の旅二日目「萩城下町」

Photo_5

Photo_6

2009/04/03

桜まつり  墨俣犀川堤

068


070


079


081


090


093


すのまた桜まつりhttp://www.sunomata.or.jp/sakura/index.htm

秀吉の一夜城の址、墨俣の犀川堤の桜です。本数では、日本有数ではないかと思います。
桜の見物にどこに行こうかと考えてみえる方、一度お出かけください。(^^)

2009/04/01

チューリップ爛漫

021a

4月になりましたね。いつも書いていますが、どんどん、時間の流れが早く感じるようになって来てます。何をそんなに急ぐ必要があるのかと思うくらい。^^;
山陽山陰の旅の画像は、一休みして、華やかなチューリップの画像です。

国営木曽三川公園http://www.kisosansenkoen.go.jp/のチューリップ祭りが、今年も、4月4日から始まります。準備中でしたが、混雑しないうちにみてまいりました。まだ、みどりのつぼみの遅咲きのチューリップもありますが、真っ赤なチューリップは見事に咲いて、綺麗です。

チューリップは、桜以上に、咲き始めると、あっという間に開ききってしまいますよね。なかなか、長い期間楽しむことが出来ないのが、残念です。

もっと、貼りたいのですが、容量の関係で、とりあえず、これ一枚。この画像の画質を落とすと、赤いチューリップがしおれてしまって、みすぼらしい。(苦笑)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »