2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 「狂気の沙汰も金次第」筒井康隆 | トップページ | ボケナビに翻弄されてます。 »

2009/03/09

あおなみ線沿線散歩「荒子川公園」

名古屋市内の交通網と言えば、地下鉄が主ですが、このあおなみ線は、名古屋駅から、名古屋港までほとんどのところ高架線を走ります。広々とした町並みを車窓から眺めながら走るこの線、なかなか快適でした。地下鉄ですと、名古屋市内の町並みを眺めると言うことはありませんので、こんなところに、こんな建物があったのだとか、いろいろ再発見が出来て、楽しいです。

とりあえずは、荒子川公園に降りてみました。

Img_0017

銀色と青のコントラストがスマートな車体です。車内のシートも真新しく、綺麗です。

Img_0023

荒子川に沿って、桜が植えられています。つぼみは、まだまだ、固そうです。
でも、市民のいい憩いの場のようで、散歩したり、ベンチでおしゃべりに余念のない女性たちが多く見受けられました。

川は、流れがないのか、汚い。(ーー;)


Img_0018


Img_0024

Img_0025_3左は、名古屋駅前のミッドランドスクエアに映る夕焼け。トヨタのビルです。陽は沈んでも、また、昇りますよね。(笑)


« 「狂気の沙汰も金次第」筒井康隆 | トップページ | ボケナビに翻弄されてます。 »

コメント

YUKOさん

ビルのガラスや水面の映りこみ、まるで、別の世界が広がってるようで、ふと見とれてしまいます。(^^)

川への映りこみ、独特の光が幻想的。
よーく見ないとそうとわからないほど、鏡のような水面ですね。

aoiさん

4枚目、汚い川だから余計に、映りこみは、はっきりしていて、絵画的ですよね。(^^)

オレンジのビルの映りこみ、これも、チャンスと写しました。

4枚目のお写真、不思議〜な感じですね。
水面に映った風景…ですかね!?
一瞬、絵画かな?と思っちゃいました…(笑)

ビルに映った夕焼けもいいですね〜!
青空が映ると青色に、夕焼けが映るとオレンジに…
なんかいいなぁ♪

綺羅々さん

見慣れた風景でも、切り取ってみると、意外と、新鮮な風景が広がりますね。
もっと、いろんなところに目を向けてみなくてはと思います。

なにげない風景なのに切り取ったことで素敵な空間になりますね。
雲の写り込みやゆうやけの移り込みがまたおもしろくていいなって思いました。

ボタ山さん

電車の混雑が嫌いで車の移動しかしていなかったのですが、こうして、列車の移動も面白いですね。(^^)

トヨタビルのビル、バブルがはじけて、当初計画よりは低くなったんですよ。でも、名古屋の景気がよくなって、もっと高くすればよかったと言う声もあったみたいだけど、でも、結局、また。。。(>_<)

nicoさん

桜は、シーズンが短いので、撮りに行く場所に迷いますね。(^^)
今年は、どこに行こうかなぁ。梅のように長く咲いていてくれるといいんだけど。。。

ふらりと、気の向くままに、電車に乗って
気の向くままに駅を降りて、
ぶらりと散策、そんなのもいいですね。
さすが、地場の会社のビル
でっかいなぁ~~~~~ 

mokoさん こんばんは
荒子川公園の桜並木よさそうですね
満開になったら写真撮りに行きたいぐらいです
トヨタのビルはすごく高いなぁ~
陽は沈んでも・・・もちろんトヨタは大丈夫に決まってます

Sarahさん

このあおなみ線は、JRの貨物線が第三セクターに移行して、営業してるようです。JR貨物もこの線を使っていて、有効活用ですよね。

もう少し行くと藤前干潟に行けるので、また、行ってみようと思ってます。

besoさん

名古屋駅前は、様変わりですよ。(^^)
ビルがどんどん、建て変わっています。

のっぽビルは、かなり遠くからも見えますよ。(^^)

行ったことありません。
都会の中の公園ですね。
こんな素敵な空間があったなんて。
mokoちゃんはほんと、よく知ってる!

こんばんは
なかなかステキな散歩のコースですね~
ゆっくりとできる気がします。
川への映り込みをうまくとらえましたね。
また、ミッドランドスクエアは魅力ある建物ですね。
私が愛知県に居た頃と比べると名駅周辺は様変わりです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「狂気の沙汰も金次第」筒井康隆 | トップページ | ボケナビに翻弄されてます。 »