2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« アネモネ | トップページ | 山陽山陰の旅一日目  安芸の宮島 »

2009/03/26

山陽山陰の旅一日目   優美な姿「錦帯橋」

Imgp5595_3


Imgp5599_3


Imgp5600_2


Imgp5606_3


Imgp5604_2

宮島、岩国、津和野、萩、秋吉台、下関と、山陽山陰を三泊四日で、巡ってきました。
今回は、新幹線で広島まで行き、レンタカーを借りての旅。JR東海ツアーズのパックです。個別に列車、宿、レンタカーを手配するより、少し、お値打ちになるのかな。何より、グリーン車に半額くらいで乗れたのが魅力。長距離の場合は、静かなグリーンは、快適ですね。(^_^)v

朝出かけに降っていた雨も、新大阪を過ぎたあたりから、上がり、宮島に着いたころには、傘も要らない様になりました。でも、残念ながら、宮島の写真がありません。間違えて、消してしまった。(>_<)
最高傑作が撮れたわけでもないので、あまり惜しくないですが。。。^^;

宮島は、水の中に浮かんだ姿が素晴らしく、それをみたかったのに、しっかり、潮が引いて、普通の高床の神社の姿。それで、思い出したのが、前の日にみた綺麗な三日月でした。そう、大潮だったんですねぇ。写真も消してしまったことは、きっと、もう一度、海に浮かぶ荘厳な姿を撮りにいらっしゃいと言うことなのかもしれません。


写真は、錦帯橋。桜は、まだ、ちらほら咲き出したと言うところでした。錦川の両岸に桜並木が綺麗。この優美な曲線に満開の桜は、見事な風景でしょうね。

三枚目の画像でお分かりでしょうか。この橋は、うまく考えられていて、段の高さが円の頂点の近くは、低くしてあるのですね。

延宝元年(1673年)、三代藩主・吉川広嘉の時代に完成。こんな昔に、これだけの橋が造られたというのが、すごいことだと感心します。昭和25年、台風の洪水で流出し、昭和28年に再建され、また、現在の橋は、平成13年11月から、3年かけて、架け替えられたものだそうです。それでも、工法は江戸時代と変わらず、材料も国産材。

木橋がゆえに、これからも、何度か架け替えは行われることでしょうけど、この先人の匠は、受け継がれていくことでしょう。

« アネモネ | トップページ | 山陽山陰の旅一日目  安芸の宮島 »

コメント

aoiさん

錦帯橋、紅葉のときも、これまた、日本の原風景で、綺麗でしょうね。旅から戻ったばかりで、もう、お出かけしたくなりました。(^^♪

あ、私も3年前に広島お訪れた時に
錦帯橋にも立ち寄ってまいりました。
私の時は、秋の紅葉の時期だったのですけれど、
春の、桜のある風景もまた一興ですね!

ボタ山さん

ありがとうございます。PC上で、削除したつもりだったのですが、カメラで確認したら、残ってました。メディアは、初期化しないと削除されないのですね。^^;

綺麗な橋ですね。こんな技は、ずーと残っていって欲しい。こっちの川にもかけてくれないかしら。(^^)

安芸の宮島は写真残念でしたね。
錦帯橋、素晴らしい~~~
私は何度か行ったけど、写真は撮ってない
んです。こういう匠の技は、受継がれ
もらいたいです。

Sarahさん

この橋は、通行料を取られるのですよ。
人件費の方が高いのでは、と、思いましたが。。。^^;
平日でも、通行する人は多かったですね。

besoさん

暖冬のおかげで、桜が早く咲いていてくれて、いい旅でした。(^^)

たんごさん

>愛本橋は60m余りを橋脚なしで架橋していました。

60メートルですか。すごいですね。
WEBページでみてきましたが、また、復元が検討されているそうですね。

錦帯橋。素晴らしい景色です。
その他も。想像以上に素敵。
かき立てられます。
桜のシーズンただ中は、きっと人で溢れるのでしょう
ね。

こんにちは

旅を楽しんでる様子が写真からも読み取れます~♪

ステキな切り取りと人物が効果的に写っていて、いいなぁ~♪

>>普通に平らにしないで、この曲線にしたのは、この方が強いと言うことなのでしょうか。

たしか橋脚の間隔が広くとれるという利点があったとか。
愛本橋は60m余りを橋脚なしで架橋していました。

たんごさん

>両側から刎ね木を何本もせり出して行って、つなぎ合わせる方法です

ふーん、頑丈で、しかも、美しいですよね。
普通に平らにしないで、この曲線にしたのは、この方が強いと言うことなのでしょうか。

mimiさん

ブログに載せていらっしゃいましたよね。(^^)
300年以上も前に、これだけ緻密な工事が行われていたのですね。(^^)

nicoさん

このカーブと階段の作りは、写真の被写体としても、美しいですよね。

さつまさん

すごい技術ですよね。300年以上も前に、このような技術があったとは、驚きです。

錦帯橋ですか ^^
この橋は山梨の猿橋や当地の愛本橋(今はないんですが)とともに三奇橋と言われていまして、
刎ね橋構造なんですよね。
両側から刎ね木を何本もせり出して行って、つなぎ合わせる方法です。
錦帯橋の曲線美は見事ですね^^

錦帯橋にいらしたのですね。
私もこの橋は好きです。何回行ってもすばらしいなと思います。
昔の人の智恵ってすごいですよね。

こんばんは mokoさん
錦帯橋は迫力ありますね~
何重にも連なる橋は魅力的です
初めて拝見しました

錦帯橋。これだけの太い材木を橋のカーブに合わせてたわめてあるのをみてビックリ!
凄い技術です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アネモネ | トップページ | 山陽山陰の旅一日目  安芸の宮島 »