2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009/03/31

津和野「安野光雅美術館」

Imgp5671

Imgp5663


Imgp5667

Imgp5659_2一枚目の画像、「津和野町立安野光雅美術館」http://www.town.tsuwano.lg.jp/anbi/anbi.htmlです。焼き杉の黒い板塀がおしゃれですね。今の若い人は、なじみがないかもわかりませんが、昔は、こんなわざと焼いた板塀の家が、あちこちにありましたよね。消し炭みたいにすぐ火がつかないのかと心配になりますが、防火剤はちゃんと塗られてるのでしょうね。^^;

二枚目、三枚目は、昔の小学校の教室を再現されています。とても、美しく手入れがされて、ぴかぴか輝いていました。二枚目の画像、手振れしています。^^;

Img_0062
美術館の展示は、HPに掲載されているように、テーマを決めて、年に数回、展示換えがなされるようです。水彩画の津和野の風景を見る事ができると期待して行きましたが、それは、残念ながら。。。

でも、安野光雅氏は、画家だけでなく、絵本作家としても、著名で、海外でも、高く評価されているそうです。確かに展示してあった絵本の内容も、大人でも楽しめました。

「かぞえてみよう」
「サンタクロースのふくろのなか」

2009/03/30

山陽山陰の旅二日目「津和野」

二日目は、雲が多いながらも、お天気は回復。岩国から、津和野に向かいました。

Imgp5656

JR津和野駅前。今も走るのでしょうか、D51が飾ってありました。駅前には、無料の広い駐車場があります。
ここに車を置いて、自転車で回ってみえる方々もいらっしゃいました。

Imgp5677


Imgp5679
平日で、観光客の姿も、ちらほらです。

Imgp5683


Imgp5689

今回、回ったところで、一番桜が咲いていたのが、この津和野。沿岸部より、盆地の方が、今年の桜は、早かったようです。山桜も、ソメイヨシノより早く咲いてましたよね。


Imgp5693


Imgp5694
津和野祇園祭(鷺舞神事)つわのぎおんまつり(さぎまいしんじ)
この姿、テレビドラマでみた覚えがあります。なんとも、不思議な衣装です。ちょっと、怖かった。^^;

Imgp5701


2009/03/27

山陽山陰の旅一日目  安芸の宮島

Img_0033


Img_0050


Img_0052


Img_0057


Img_0063


Img_0073


Img_0076


Img_0070


Img_0054


Img_0086


先の記事で、画像を削除してしまったと書きましたが、メディアに残っていました。^^;パソコンに転送するとき、ファィルごと削除してしまったと思ったのですが、初期化していなかったので、パソコン上だけの処理で、大丈夫だったみたい。

雨上がりで、全体的に暗いですけど、それはそれで、雰囲気のある風景でした。今一度、青い空で、満潮の時に、訪れたいですね。

2009/03/26

山陽山陰の旅一日目   優美な姿「錦帯橋」

Imgp5595_3


Imgp5599_3


Imgp5600_2


Imgp5606_3


Imgp5604_2

宮島、岩国、津和野、萩、秋吉台、下関と、山陽山陰を三泊四日で、巡ってきました。
今回は、新幹線で広島まで行き、レンタカーを借りての旅。JR東海ツアーズのパックです。個別に列車、宿、レンタカーを手配するより、少し、お値打ちになるのかな。何より、グリーン車に半額くらいで乗れたのが魅力。長距離の場合は、静かなグリーンは、快適ですね。(^_^)v

朝出かけに降っていた雨も、新大阪を過ぎたあたりから、上がり、宮島に着いたころには、傘も要らない様になりました。でも、残念ながら、宮島の写真がありません。間違えて、消してしまった。(>_<)
最高傑作が撮れたわけでもないので、あまり惜しくないですが。。。^^;

宮島は、水の中に浮かんだ姿が素晴らしく、それをみたかったのに、しっかり、潮が引いて、普通の高床の神社の姿。それで、思い出したのが、前の日にみた綺麗な三日月でした。そう、大潮だったんですねぇ。写真も消してしまったことは、きっと、もう一度、海に浮かぶ荘厳な姿を撮りにいらっしゃいと言うことなのかもしれません。


写真は、錦帯橋。桜は、まだ、ちらほら咲き出したと言うところでした。錦川の両岸に桜並木が綺麗。この優美な曲線に満開の桜は、見事な風景でしょうね。

三枚目の画像でお分かりでしょうか。この橋は、うまく考えられていて、段の高さが円の頂点の近くは、低くしてあるのですね。

延宝元年(1673年)、三代藩主・吉川広嘉の時代に完成。こんな昔に、これだけの橋が造られたというのが、すごいことだと感心します。昭和25年、台風の洪水で流出し、昭和28年に再建され、また、現在の橋は、平成13年11月から、3年かけて、架け替えられたものだそうです。それでも、工法は江戸時代と変わらず、材料も国産材。

木橋がゆえに、これからも、何度か架け替えは行われることでしょうけど、この先人の匠は、受け継がれていくことでしょう。

2009/03/21

アネモネ

Imgp5733


Imgp5737


Imgp5742

庭の花壇のアネモネです。

2009/03/19

明日には咲きます

Imgp5727昨日は、岐阜で、今日は名古屋で、ソメイヨシノの開花が発表されました。そろそろ、近くの公園の桜も咲きだす頃かと、朝から見に行きましたが、まだ、このとおり。
でも、今日の暖かさだと、明日には、開いているでしょうね。

ソメイヨシノは、梅や河津桜と違って、寿命が短いですね。咲き始めてから、一週間くらいで満開になって、雨が降って、風が吹くと、あっという間に葉桜に。。。(ーー;)

今年は、どこの桜を見に行くか、予定を定めて、動かないと、みたいと思っている桜の名所も見逃す羽目になりそう。滋賀県の徳源院、京都の醍醐寺には、行きたいのですけどね。

Imgp5709

2009/03/16

春はまだ少し先「花フェスタ記念公園」

Photo


以下は、花の地球館(大温室)と花トピアに咲いていた花たちです。

Imgp5555


Imgp5576


Imgp5660


Imgp5670


Imgp5674


Imgp5677


Imgp5678


Imgp5681


Imgp5688


Imgp5684_2


2009/03/12

ボケナビに翻弄されてます。

Imgp55421_2

Imgp5549


Imgp5538


Imgp5532

Imgp5536

春になったと思えば、急に冬に逆戻りして、めまぐるしい気候の変化に、梅も桜も戸惑っているでしょうね。今年も、いなべ梅林公園http://www.city.inabe.mie.jp/pages/1608_0.html
に行ってみました。左の画像は、一輪だけ、あわてものの桜が開いていました。

この山は、標高はそう高くないのですが、さすが山地、平野部とは、気温も3,4度は違います。その上、昨日は、ちょっと、霙も当たったりして、寒かった。それでも、だんだんとこの梅林の評判も伝わって、他府県からも訪れる方も増えているようです。でも、平日は、やはり年金世代が多いようです。^^;

新しい車には、カーナビを付けました。走り慣れてる道でも、到着予測時刻とか、途中、渋滞情報とか、意外と参考になり、便利なものです。ただ、不思議なのは、行きと帰りで、違う道を教える。(>_<)

このいなべの山の道は、暇に任して、走り回っているので、反対方向に道案内されても、どういった道を走ることになるかは、分かっている。ナビの案内を無視して、一番走りやすい道を帰るわけです。でも、これが、初めて訪れただった場合、大変な目に。。。

先だって、明治村に行ったときのこと、行きは、スムーズに案内してくれて、高速のICを降りて、ほどなく目的地に着きました。ところが、帰りは、来た方向と違う方向に案内します。広大な明治村ですので、外周道路を行けば、反対側から行く方が、近いのかともしれないと、その通りに走ったら、狭い市街地に誘導され、使う高速と違う高速のICを教えてくれる。

まだまだ、カーナビの操作に慣れていないせいなのかもしれないですけど、このボケナビ!!

2009/03/09

あおなみ線沿線散歩「荒子川公園」

名古屋市内の交通網と言えば、地下鉄が主ですが、このあおなみ線は、名古屋駅から、名古屋港までほとんどのところ高架線を走ります。広々とした町並みを車窓から眺めながら走るこの線、なかなか快適でした。地下鉄ですと、名古屋市内の町並みを眺めると言うことはありませんので、こんなところに、こんな建物があったのだとか、いろいろ再発見が出来て、楽しいです。

とりあえずは、荒子川公園に降りてみました。

Img_0017

銀色と青のコントラストがスマートな車体です。車内のシートも真新しく、綺麗です。

Img_0023

荒子川に沿って、桜が植えられています。つぼみは、まだまだ、固そうです。
でも、市民のいい憩いの場のようで、散歩したり、ベンチでおしゃべりに余念のない女性たちが多く見受けられました。

川は、流れがないのか、汚い。(ーー;)


Img_0018


Img_0024

Img_0025_3左は、名古屋駅前のミッドランドスクエアに映る夕焼け。トヨタのビルです。陽は沈んでも、また、昇りますよね。(笑)


2009/03/06

「狂気の沙汰も金次第」筒井康隆

Ws000000_2最近、雨が多いですね。雨がやむと風が吹いて、花粉がいっぱい。これまた、外に、出にくくなります。こんなとき、本でも読んでみようと、思い立ち、この本を選びました。

これは、昭和51年10月30日初版。夕刊紙「夕刊フジ」に連載された筒井康隆氏の爆笑エッセイが100篇納められています。日常や私生活の些事について、筒井康隆ワールドが独特のユーモアを持って、展開されています。そして、一文ごとの、山藤章二さんの挿絵が、また、なんともおかしい。

これを最初に読んだのは、初版当時です。私の弟が、笑い転げて、ベットから落ちてしまったのが、きっかけで、私も読んでみました。

いまから、もう、30年以上も前のお話でありながら、今なお、43版の改訂を重ねて、読まれているんですねぇ。話題は古いのですが、著者の鋭い切り口は、新鮮です。

2009/03/04

花粉症のベテラン

Imgp5590


Imgp5592


Imgp5605


花粉症暦30年のベテランです。(^^ゞでも、近年は、割と、穏やかに済んでいたんですけどね。

今年は、久しぶりに症状が酷いです。ちょうど、シーズンの入り口で、風邪を引いてしまったのも、拙かった。それでも、夜寝る前に、一錠だけ、市販薬の鼻炎用カプセルを飲むと、ほとんど一日、症状がでなくて、収まっていたのです。

ところが、昨日は、花粉の飛ぶピークを迎えていたんでしょうか、昼間から、くしゃみと涙で、顔がずるずるの状態。いつも飲んでいる骨粗鬆症のお薬を貰いに行ったら、お医者様に、花粉症の薬も飲んでいるか聞かれました。市販薬を飲んでいることを話すと、夜一回だけ飲む薬を処方されてしまった。

これが、全然、効かない。(ーー;)昨晩は、酷い目にあいました。やっぱり、花粉症の場合、対症療法しかないようなので、長い間、自分にあった薬が、一番いいなあぁ。^^;

画像は、散歩道の途中のお家の庭に咲く、桜です。ソメイヨシノよりは、早いのですが、それにしても、早いです。気がつくのが遅かったのですが、たぶん、2月の末から、咲き出していると思います。もう、満開を迎えています。

これが、散り終わった頃、ソメイヨシノが咲き始まります。ソメイヨシノも、早いかもしれませんね。

2009/03/02

初午大祭

松阪市の岡寺山継松寺http://www.okadera.com/
のお祭りです。


Photo_2


« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »