2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009/02/26

オオイヌノフグリ

002


003


今年は、季節が早く進みますね。まだ、2月と言うのに、菜種梅雨のような毎日でした。

今日は、久しぶりに青空が覗いたので、まえから、気になっていた、オオイヌノフグリが群生している空き地まで
散歩に出かけました。以前は、ただの雑草でしかなかった花ですが、こうしてレンズを通してみると、なかなか、可愛い花です。

このオオイヌノフグリは、帰化植物ですが、これより、ごく小さいイヌノフグリという種もあるのですね。それは、在来種のようです。やはり、これも外来種におされて、減少しつつあるそうです。


オオイヌノフグリ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
?オオイヌノフグリ

分類
界 : 植物界 Plantae
門 : 被子植物門 Magnoliophyta
綱 : 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asterdiae
目 : ゴマノハグサ目 Scrophulariales
科 : ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae
属 : クワガタソウ属 Veronica
種 : オオイヌノフグリ V. persica

学名
Veronica persica
Poiret
和名
オオイヌノフグリ
英名
Persian speedwell,
Large Field Speedwell,
Bird's-eye
ウィキスピーシーズにオオイヌノフグリに関する情報があります。ウィキメディア・コモンズには、オオイヌノフグリ に関連するカテゴリがあります。オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢、学名 Veronica persica)とはゴマノハグサ科クワガタソウ属の越年草。別名、瑠璃唐草・天人唐草・星の瞳。

ヨーロッパ原産の帰化植物。路傍や畑の畦道などに見られる雑草。

早春にコバルトブルーの花をつける。花弁は4枚。ただしそれぞれ大きさが少し異なるので花は左右対称である。花の寿命は1日。葉は1–2cmの卵円形で鋸歯がある。草丈10–20cm。

名前のフグリとは陰嚢の事で、実の形が雄犬のそれに似ている事からこの名前が付いた。ただし、これは近縁のイヌノフグリに対してつけられたもので、この種の果実はそれほど似ていない。だから、正しくは、イヌノフグリに似た大型の植物の意である。

皆さんご存知のように、「イヌのふぐり」と言う名は、このかわいらしい花には、似つかわしくないですよね。^^;
さつまさんが、「星の瞳」とか、綺麗な別名があると教えてくださったので、再度調べてみました。

「別名、瑠璃唐草・天人唐草・星の瞳。」こんな名前があるのですね。これらの名前が一般的になるといいですね。

2009/02/23

博物館「明治村」

070_2


069
039

137


141


明治村http://www.meijimura.com/に行ってきました。

ここは、建物の博物館。長い間、世界への門戸を閉じていた日本が、急速に近代化していく基盤を築いた時代、明治。その頃の建造物が、犬山市郊外の丘陵地に、自然を損なわず、配置されて、移築復元されています。

私が、初めて訪れたのは、もう、40年くらい前。開村が昭和40年3月18日だそうですから、まもなくだったのかな。その頃は、施設も少なく、あっという間に見学は終わり、近くの入鹿池で、友達とぼーとに乗ったものでした。

いまは、その入鹿池も、うまく、眺めに取り入れられて、一日、ゆっくり、園路を回れるように工夫がされています。


018_3


051_3

2009/02/20

海の博物館

016


004


033


034


035


018海の博物館http://www.umihaku.com/index2.htmlです。
鳥羽市浦村町にあります。

牡蠣の養殖が盛んなところで、あちこちで、焼き牡蠣が売っていたりします。子供の頃は、食べられなかったけど、年を重ねると、食べ物の好みも変わるのですね。殻つきの牡蠣を火にあぶって、口が開いたところを食べると、ぷりぷりして美味しいです。(^^)

この海の博物館は、中の展示品より、目を引いたのは、この建物。いろんな建築関係の賞を受賞しているそうです。一枚目の画像は、海に浮かぶ船をモチーフにしてあるようです。

左の画像は、中の展示の一部です。

023

海とは、関係ないと思うのですが、こんなものまで展示してありました。(笑)昭和30年代までの台所。
電気炊飯器に電気冷蔵庫。この頃の漁師さんは、一般サラリーマンより、裕福だったのでしょうね。(^^)

この展示品の中に、この頃、我が家にあったものがあります。どれかわかりますか?
正解は、「氷の冷蔵庫。」

電気冷蔵庫の隣に木でできた、二段のもの入れみたいなのが見えますね。上の段に氷を入れて、下には、食品を入れます。安月給の公務員だったのですが、父は、物珍しがりで、こんなものを買ったんですね。(^^)

もちろんすぐに役に立たず、母の実家に貰われていきました。譲られても、迷惑だっただろうなぁ。
氷をどう手に入れていたのか、思い出せません。今だったら、電気冷蔵庫で、作れますけど。(爆)

2009/02/19

お酒と風邪薬

すっかり、世界中を駆け巡ってしまいましたね。中川元財務金融大臣の記者会見の映像
周辺の人も、記者会見に出ることを止めなかったのですかねぇ。

でも、もし、本当に、お酒と風邪薬を一緒に飲んだとしたら、よく、これだけで済んだことと思われます。現に、以前、夫の勤務先の方で、それが原因で、命を落としてみえる方もあるのです。薬は、水以外で飲んではだめとか、飲まないよりは、飲んだ方がいいとか、いろいろ聞きますが、お酒とちゃんぽんは、絶対いけませんよね。

しかし、お酒で、失敗する人は、後を絶ちませんね。

053

050

057


074


069


画像は、お酒とは関係ない、なばなの里のベゴニア館の花。


2009/02/17

あちゃ~~~新車が!!

093昨年の暮れのことでした。12年間、走行距離20万キロ越えの愛車のエアコン、以前から効きが悪かったのですが、いよいよ、まったく効かなくなり、ディラーにみてもらいました。

「これは、エアコンよりも、ラジエターが目詰まりしています。突然、冷却水が沸騰して、そのまま、オーバーヒートで、エンジンが動かなくなる恐れがあります。」

えぇ~~~!まだ、二、三日前に名神高速道路を走ってきたばかり。一月前の定期点検の折、エアコンの効きが悪いこと、伝えたばっかりなんだけど。。。

20万キロ乗ってきても、エンジンの調子は、絶好調で、30万キロを目指していたんですけどね。でも、エンジンは問題なくても、いろんな部品に故障が出て来るのですね。それらも、重要部品ばかりで、交換するにしても、高価です。

泣く泣く、新車に交換しました。セダンから、ミニバンへ。。。それから、二月、ようやく、ミニバンの運転にも慣れてきたときです。

なばなの里に遊びに来た母を駅まで迎えに行くとき、道路が混んでいて、少し遅くなってました。右折車が信号待ちで、道を狭くしています。前を走る車、二台は横をすり抜けていきました。前日と打って変わって、寒い日、母を駅で待たすのも可哀想。何より、性格がそのまま、運転に出る私。(爆)おとなしく、前の車が右折するまで、待てばいいものを、同じように、狭いところを通り抜けた。。。そのとたん、カリカリカリ!!

え?なに?

歩道から、枯れ草が、それも、青々してるときは、問題ないのに、枯れて、茎が木化してた。それが、車道にはみ出していたんですね。先に行った車は、いずれも、軽のバン。それに、商用車で、多少の擦り傷などものともしない車だったようです。(苦笑)

車を見てみると、ヘッドライトから、テールランプまで二本の傷がずーと付いてます。ご丁寧に、ランプのカバーまで。。。

008


020


011

画像は、なばなの里の梅とメジロ。

2009/02/13

安八百梅園

001


006


011


072


073


075


081


022

昨年も、一昨年も、暖冬だったような記憶がありますが、それでも、記事を遡ってみてみると、結構雪が降って、梅を見に行くにも、寒かったと書いています。でも、今年は、もう、冬は終ってしまったのか。。。まだ、2月半ばと言うのに。。。地球温暖化が、ますます、進んでいるのを実感させられるこの冬ですね。

安八百梅園は、岐阜県の西濃の安八町に平成10年4月に開園されました。丘陵地にあるのでなく、川沿いの平地。周りは、田園や工場に囲まれているので、ちょっと、情緒に欠けるかな。^^;

2009/02/09

伊根の舟屋

019_2


014


015

2009/02/08

丹後半島をドライブ

002

011


032

夕日が浦から、丹後半島の北端に位置する経ヶ岬までの海岸線は、切り立った断崖があるかと思えば、綺麗な砂浜が続いたり、変化に富んでいて、海岸線ドライブには、飽きません。

Ws000003_2城崎温泉まで行きながら、そこには、泊まらずに、夕日が浦温泉まで戻りました。

残念ながら、お天気が悪く、美しい夕日を見ることはできませんでしたが、温泉が素晴らしかった。(^_^)v
「じゃらん」で調べたら、一週間前の予約だと、5000円引きということで、海花亭 花御前に宿泊しました。ここは、廊下も、ロビーも畳敷き。そして、お部屋についている露天風呂も、温泉。夜中に起きて、露天風呂に入るのが好きな私、最近は、リゾートホテル利用が多かったのですが、和風旅館のよさを再認識しました。

いくつか検討した中で、ここに決めたのは、口コミ情報で評判が良かったから。このネットの口コミ情報は、とても参考になりますね。

以前、箱根のあるお宿に泊まったら、料金の割りには、内容がかなり、いただけませんでした。テレビの旅番組のお宿紹介コーナーで、あるタレントがべた褒めしていたので、すっかり、信用してしまいました。何しろフランス料理の食材に、珍味がずらり。お部屋も、マイナスのところは、何も取り上げてませんでした。

口コミ情報では、泊まった方の不満とか、結構、上がっていたのですが、人それぞれの感じ方、捉え方もあるし、なにより、食いしん坊の私は、そのお料理に引かれて、決めたわけなのでしたが。。。

実際、利用してみて、多くの人の評価が、正しかった。^^;

夕日が浦」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

ビデオは、夕日が浦です。残念ながら、夕日も朝日も見えませんでした。(苦笑)

熊野の海」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

前にもアップした、太平洋の熊野灘。お天気も違いますが、波打ち際の表情がずいぶん違いますね。

2009/02/05

日和山海岸

130

269

雑誌「一個人」3月号の巻頭グラビアを見て、夫が、「ここに行ってみよう!!」。

ここは、兵庫県豊岡市、城崎温泉に近い日和山海岸。リアス式海岸で、日本海の荒波によって、形作られた奇岩がごろごろ。海岸から少し離れた広めの岩礁に、この竜宮城が建っています。雑誌のグラビアを飾っている写真は、冬の寒気と対馬海流の暖かな海水の温度差が生み出す「けあらし」という現象の海に浮かぶ水蒸気に包まれて、いかにも、幽玄な雰囲気が漂っています。

その写真に魅せられて、その場に立ってみたいと、高速道路を乗り継いぎ、片道300キロを行ってきました。2月始めの日本海、例年なら、雪が降りしきっているだろうと思ったのですが、暖冬の影響で、雨でした。

2009/02/02

生キャラメル

Img_0023_2いま、大評判の生キャラメル。北海道まで行かなくても、洋菓子店で、チョコチョコ、見かけるようになりましたね。

でも、お値段高い!!10粒くらい入って、1000円近くします。柔らかくて、口の中で、するっと、融けちゃうので、ひとりで、一箱ぐらい、あっという間に食べちゃいます。(笑)

自分で作ってみようと思い立って、ネットで作り方を調べていましたところ、先日発売のオレンジページにも作り方が載っていました。ネットの作り方、材料よりも、これが、簡単で、材料も、いま、我が家にあるものばかり。

さっそく、作ってみました。

材料 

 砂糖    100グラム
 水     大匙1杯
 牛乳    1カップ
 はちみつ 大匙1杯
 バター   20グラム

Img_0025


これだけです。どこのおうちにも、いま、お台所にあるのでは?

作り方まで、書くと、著作権に引っかかるといけないので、ここでは書きませんが、とても簡単。本屋さんで、立ち読みしてくるだけでも、出来ます。(爆)

注意点がひとつだけ。じつは、これ、失敗作です。硬くて、普通のミルクキャラメルになってしまいました。(汗)どうしたのかと思ったら、お鍋で、煮詰めすぎたようです。すこし、早めに火を止めたほうがよさそうです。

でも、普通のキャラメルとして、食べられます。美味しいですよ。(^^)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »