2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« ランの館のクリスマス(2008) | トップページ | 癒し »

2008/12/18

ランの館のクリスマス(2008)Ⅱ

084


089


086

ランの館は、欧州のある国のラン好きの外交官(アジョナ・オーキッド氏)の邸宅という設定で形作られ、展示は、アトリウム、庭園、邸宅の中と、大きく三箇所に分かれています。

ランの花の展示は、アトリウムが中心ですが、邸宅の中の部屋の飾りは、「おうちの中にもランの花をこのように飾ってください。」というコンセプトで構成されています。とても、ゴージャスなお部屋。(^^♪

特に、クリスマスの飾りつけは、見事でしたので、ご覧ください。

三枚目のツリーは、あの、ガーデナーで、絵本作家でもある、ターシャ・テューダーのツリーです。吊り下げれている飾りは、ジンジャークッキー。

« ランの館のクリスマス(2008) | トップページ | 癒し »

コメント

aoiさん

私も、ツリー、好きです。(^^)

アップしていませんが、名古屋の松坂屋デパートには、スワロフスキーの素晴らしいツリーが展示してありました。(^^)

ステキな飾り付けですね〜☆
あったかい雰囲気が伝わってきます。

ツリーの飾り付けって
本当に大好きです!
私も、街でステキなツリーを見つけると
ついつい、吸い寄せられるように
歩み寄ってしまいます(笑)

mimiさん

ここの一部屋でもいいから、まねて、飾ってみたいです。とても、優雅なんです。
ここに行くと、なぜか、すごく気分がゆったりするんですよ。

nicoさん

室内の撮影は光源によって色が違うので、難しいですね。(^^)

綺羅々さん

ここのクリスマスは、ちびっ子たちもお気に入りだと思いますよ。豪華ですもの。(^^)

こんな家にすんでみたーーい!!

こんばんは mokoさん
”ランの館のクリスマス”見事な飾りつけですね
暗くなって電飾が輝きだしたら一段ときれいでしょう
ここまでの飾りは見たことありません
写真もお見事です
部屋の中での撮影はスローシャッターになりますので難しいですね
真ん中の写真はノイズもなく決まってます ブレなく、ノイズなく、画質がいい写真は見てて癒されます

いいですね~。
ドール達のショールームの近くなので、ロケがてら行く方も多いのですが、こういう演出もきっと楽しいだろうな~と思います。

ふう子さん

大変ですね。年末年始も、お母様のところでしょうか。お正月は、ゆっくりと過ごせるといいですね。

yuriさん

今年なくなったのでしたね。でも、素晴らしい女性でしたね。ターシャのツリーはクッキーがつるしてあるのです。家庭で飾るとき、手作りクッキーを飾ってやると、幼い子が喜ぶかも。(^^)

besoさん

今日も、お友達とランの館に行ったのですけど、見学の人も多くなっていて、クリスマス気分満喫してきました。(^^)

YUKOさん

白い飾りは、よりゴージャスな感じで、いいですね。こんなお部屋で、パーティをすれば、みんな楽しいでしょうねぇ。

わあ、楽しそう!

なんだか、ひきこもって、毎日を送ってます。毎日が、ただ流れていきます。

なんにも、やる気がでなくて。
義務感で働いてます。

どこかに遊びに行きたいなあ!

ランの館のクリスマス・・・素敵ですね~
夢のようで、ゴージャスですね!
スノーマンかしら?!かわいいなぁ!!
ターシャのツリーもいいなぁ~
ターシャ・テューダーさんは今年天国に召されましたね~たしか~義母の一周忌の頃でした。
10(?)才でしたね。素敵な方だったわね~。人生を教えられました。

街の中でのツリーは時々見ますが、部屋の中のツリーもいいですね。
このような光景に出会うと、クリスマス気分が盛り上がります。
もう~来週ですよね~♪

なんてウォーミーなんでしょう☆
一気にクリスマス気分が盛り上がりました!
ターシャのツリー、かわいいですね~♪

Sarahさん

さすが、ターシャのツリーをご存知なのですね。(^^♪
明日は、楽しみ。

おおっ!ターシャのツリーだ!
懐かしい!!これが再現されているのですね。
楽しみで~~す!!(^o^)/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ランの館のクリスマス(2008) | トップページ | 癒し »