2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008/12/25

メリークリスマス

151_2

174_2
メリークリスマス。(^^)

昨夜は、美味しいケーキをいただかれましたか?我が家、とりあえず、小さなケーキを買ってきました。と言っても、私一人で食べて、夫に出すのを忘れました。^^;

今年の冬は、暖冬傾向なのでしょうか、なかなか、雪が降りません。スキー場の情報見ても、積雪ゼロのところも多いですね。天気予報では、クリスマス寒波がやってくると言ってますが、どうでしょう。少しずつ、冷えこんでは来ていますから、今夜あたりから、山のほうでは、雪が降るのかな。我が家から見える鈴鹿山脈も、早く白くお化粧した美しい姿をみせて欲しいものです。

一枚目の画像、ちょっと、雪山を思わせてくれるオーナメントでしょう。ランの館のものです。白く雪が積もった木々が青空にすくっと立っているとこんな感じです。(^^)

120


125


140


2008/12/21

癒し

F1_240


F1_250


久しぶりに、草津水生植物公園に行ってきました。季節は冬。しかも、年の瀬も押し迫っているいま、人影もまばら。

でも、温室に咲く綺麗なスイレンに見惚れました。

一枚目は、水面に映っているところ。二枚目は、水面に浮かぶ葉っぱの水滴が反射して、きらきら。

こちらは、スイレンとは、まったく関係ないのですが、真央ちゃんが、スケートのGPFのフリーの演技に使って一躍人気になったクラシック「仮面舞踏会」。YouTubeで検索していたら、出て来ました。それが、曲も素敵なのですが、ここに次々現れる画像がまた素晴らしいのです。著作権は大丈夫なのかなぁ。。。と思いながら。。。^^;

2008/12/18

ランの館のクリスマス(2008)Ⅱ

084


089


086

ランの館は、欧州のある国のラン好きの外交官(アジョナ・オーキッド氏)の邸宅という設定で形作られ、展示は、アトリウム、庭園、邸宅の中と、大きく三箇所に分かれています。

ランの花の展示は、アトリウムが中心ですが、邸宅の中の部屋の飾りは、「おうちの中にもランの花をこのように飾ってください。」というコンセプトで構成されています。とても、ゴージャスなお部屋。(^^♪

特に、クリスマスの飾りつけは、見事でしたので、ご覧ください。

三枚目のツリーは、あの、ガーデナーで、絵本作家でもある、ターシャ・テューダーのツリーです。吊り下げれている飾りは、ジンジャークッキー。

2008/12/16

ランの館のクリスマス(2008)

002


005


013


019


028

今年も、「ランの館のクリスマス」デスプレィを見に行ってきました。昨年はこの記事a href="http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2007/12/post_a581.htmlのように、イルミネーションに灯がともされる頃に行ったのですが、今年は、明るい時間で戻りました。

最近、連日のように、名古屋市内では引ったくりや強盗の被害が報道されてます。もう、暗くなると、繁華街でも、うろうろ、していられない。(ーー;)
なにより、地方都市のほうが、怖いんです。わが団地から、もう少し、西のほうにも団地があるのですが、そこでは、自宅の駐車場で、主婦が外国人の強盗に襲われて、かばんを奪われたとか。。。

バス停から自宅まで、歩いて5分くらいなのですが、日が沈むと、もう、住宅地は真っ暗です。とぼとぼと、一人歩く気になりません。^^;ここ数年、どんどん、治安は悪化するばかり。暮らしやすい日本が、戻ってきて欲しいですね。

一枚目、ちょっと、失敗。暗いです。(^^ゞこのディスプレイがとても気に入り、こればっかり撮っていたのですが、広角レンズの接写では、背景処理がなかなかうまくいきませんでした。数日先に、もう一度、レンズを変えて、挑戦してきます。(笑)

2008/12/12

今夜の月

Imgp3698

今日は、お月様が綺麗にみえてますね。全国的にも晴れているところがほとんどだと思います。皆様のところも、こんな綺麗な月が出ていますか。あまりに晴れすぎて、ちょっと、愛想のない画像です。^^;

今夜から、13日(土)の早朝にかけて月が1年でもっとも地球に接近し、しかも満月と重なるので、とても、綺麗で大きな月を楽しめます。暮れなのに、日中暖かい日が続いてるとはいえ、さすがに、夜は寒いですけど、少し、厚着をして、夜空をご覧ください。

そして、ちょうど、ふたご座流星群の活動時期なのですね。明日の夜が一番多く見ることができるそうですが、ちょっと、この月明かりでは、流れ星をみるのは、むずかしいかもしれませんね。

三大流星群の解説がこのページに載ってます。http://weather.nifty.com/today_topics.htm#knowledgeTitle1年明けには、しぶんぎ座流星群がみられるので、そちらに期待したほうがよさそうです。

2008/12/11

怪しいメール

昨日の新規メールのなかに、「○○の更新が行われておりません。」と言うような標題のメールが来てました。え?なにそれ?いつも、差出人のアドレスを見て、怪しいのは、即、削除するのですが、この日は、何気なしに開いてしまいました。

「○○を使われてから、一年を過ぎましたが、更新手続きがされていません。以下のアドレスから、手続きをお願いします。云々・・・」

最近、ネットで、買い物とかしてるし、その度に、メールアドレスを登録してしまってる。特に、宿泊施設などは、ポイントがあるので、新しい施設を利用するたびに、登録しています。でも、こんなの知らないよ。

怪しい!!即、削除。

私は、niftyのメールを使っています。ここは、迷惑メール対策の設定が出来て、迷惑メールブロックや迷惑メールフィルター機能があります。

迷惑メールブロックは、迷惑メールのアドレスはもちろん、題名に迷惑メールによく使われる言葉が含まれる場合、全部、受信拒否が出来ます。迷惑メールフィルターは、@niftyが一定の基準に基づいて「迷惑メール」と判断したメールを、自動的に専用フォルダーに振り分ける、「迷惑メールフォルダー」や、登録したアドレスからのみメールを受信する「未登録アドレスブロック」などの機能の設定を行います。

これは、結構役に立っていて、ほとんど、変なメールを目にしなくていいのですけど、たまに、こうして、網をくぐって、来るのですね。今回も、題名の一部を受信拒否の項目に入れたので、もう来ないと思いますが、しばらくは、嫌な気分が残ります。

ネットを始めたころ、アンケートとか、クイズの応募に、メールアドレスも書いていました。もちろん、ネットの応募の場合は、メールアドレスがいるわけですけど、街角のアンケートとかにも、パソコンのメールアドレスを持っているのが、ちょっと、誇らしくて、つい書いてしまっていたのですね。そのころは、まだ、今のように多く普及していたわけじゃなかった。(^^ゞ

でも、考えてみると、メールアドレスと自宅住所を一緒に登録することは、架空請求にいい材料を与えてしまうことですよね。企業のサーバーから、よく個人情報が漏れたと、ニュースで流れますけど、あんまり、何でも登録することは、考えなくてはと、あらためて思いました。

030_2

庭のミニバラです。


2008/12/07

冷え込みました

005


019


今朝、雨戸を開けていたときのこと。ふっとみると、ハンギングの「よく咲くパンジー」が、しなっとしています!!

慌てて、ジョーロを用意して、花のところに行くと、水が足らないのでなく、どうやら、早朝、霜が降りたみたい。ハンギングだけでなく、花壇のパンジーたちもみんなグシャ。でも、朝日が当たるにつれて、少しずつ元気を取り戻してきてくれました。

よく咲くパンジーというのは、パンジーの華やかさとビオラの丈夫さを併せ持った新しい品種。パンジーより花が小さめですけど、ビオラよりは大きくて、花付きもよさそう。

昨年の秋から、今年の春は、ナメクジと団子虫のえさになるだけだからと、あんまり、パンジーやビオラは植えなかった。でも、やっぱり、冬花壇の主役は、パンジー&ビオラですよね。今年はたくさん植えてみました。いまのところは、被害はないようですが、また、来春は、ナメクジとの戦いが始まるんですかねぇ。。。

2008/12/06

QUOカード、頂きました。

027

少し前のことなのですが、「Azby ブログひろば」の記事募集「私はコレ!使って良かったパソコン周辺機器」、に投稿したら、QUOカードを頂きました。一位にはなりませんでしたけど、投稿者の中から抽選にあたりました。(^^♪


Ws000002
同じ頃、「Azby ブログひろば」で、ゴールドブログに選んでいただきました。

このブログをはじめて、そろそろ、丸4年になります。皆さんの優しいコメントが何よりの励みです。(^^♪

mixiとか、ネットの知人の掲示板を読ませていただいてると、なかには、何も考えていないのか、それとも、考えることが出来ないのか、記事を書いた人の気持ちとか、思いを逆なでするようなコメントを書く人がいます。そういうのって、記事を書かれた本人より、心無いコメントを読ませられる方が、もっと、嫌な気分にさせられますよね。(苦笑)

幸い、私のブログに来て下さる方は、教養も深く、優しい方ばかりで、ここまで続けてきた甲斐があったと思っています。(^^♪

これからも、どうぞよろしくお願いします。

029


035


2008/12/01

竹と紅葉のコラボレーション「教林坊」

1


2


3


4


5


6


7


8


9


10


東近江ののどかな里にこんな味わいのあるお寺がありました。その名も教林坊

竹に囲まれた山門をくぐり、少し急勾配の参道を歩くと、すぐ、この空一面を覆う真っ赤な紅葉が目に飛び込んできます。書院と蔵の屋根は、ヨシで葺かれています。琵琶湖に生えるヨシ。近江のお寺らしいですね。

ここは、長い間、住職が不在で、荒れ放題になっていたそうです。それを今の住職が、庭を整備され、こうして鑑賞できるようにしてくださいました。

そのいきさつが新聞記事になって、それが本堂に展示されてましたので、ここに、引用しました。


客殿(書院)は、ヨシぶきの屋根だった。土蔵もそうだ。ヨシは琵琶湖の水辺を包む、湖国の寺らしい。
渋いヨシ屋根を血染めの紅葉が彩る。楓は100本近い。「古いものは200年以上」そう言って、住職の廣部光信
さん(33)は、江戸時代に書かれた寺の縁起の現代語訳を示した。

ーもみじの葉をゆする風の音は、転任がこの霊山に遊んで音楽を演奏しているようでー

近江の寺を愛した白洲正子は「ささやかな寺」と表現し、「興味をひいたのは、慶長時代(1596~1615)の石庭で(中略)いきなり山につづく急勾配に作ってあり」と記した(「かくれ里 石の寺」)。

そんな名園の寺だが、20年ほど締められたままだった。廣部さんが「石の寺・教林坊」として公開したのは、今年4月17日である。1995年に住職に就いた。無住に近い状態が続き、寺は荒れていた。「ヨシは半分腐って、雨漏りがし、床は一部抜けていた」私財を投じ、地元の信者や町の協力を得て、復興した。客殿は全面改修に近かった。本堂の垂木は自分で作った。「お金がないから」と言って指差した手作りの柱は、長さが足りず、継ぎ足してあった。「素人仕事で」と笑う。周囲の竹林も切り開いた。ただし、竹に囲まれた寺の風情を残しながら。すべてに、「かくれ寺」を意識した手入れだった。

11月13日~28日、土の上に明りを置く。「紅葉は赤く、竹は白く」。光に浮かぶ庭を、たくさんの人に知ってもらいたい。その一方で、かくれ寺のイメージは失いたくない。難しい調和を求めている。【梶川伸】

084_2この記事は、新聞名がわからないのですが、平成16年のもののようです。それから、4年。それでも、そんなに多くの観光客が押し寄せているようではないので、この「かくれ寺」の趣は、崩されていません。


参拝の折いただくパンフレットに寄れば、この教林坊は、推古13年(605年)に聖徳太子によって創建されました。とても、歴史のある由緒あるお寺なのですね。画像にはありませんが、境内に、「太子の説法岩」と呼ばれる大きな岩と、ご本尊を祀る霊窟が残されています。

庭園のヨシ葺き書院は、とても趣があって、これに真っ赤に染まった楓の落ち葉が乗っている様子は、ふーっとため息が。。。近江の湖に群生する植物をうまく使っているのに、心打たれました。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »