2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 楊輝荘庭園 | トップページ | 街路樹 »

2008/11/19

楊輝荘2

152


052


045


059


082


104


昨日の記事の続き、楊輝荘です。

いくつかの建物は、内部の公開は、一部、申し込み制で、今回は拝見できませんでした。一枚目の画像は、三賞亭。これは、中が公開されてました。煎茶の茶室だそうです。煎茶の茶室というのもあるのですね。^^;
お茶をたてながら、眺める美しい庭は、心やすませてくれるものであったのでしょう。

丸窓が印象的でした。

前日の二枚目の画像と池に映る五重塔は、覚王山日泰寺の五重塔です。水が少なく、汚泥も溜まっているようで、あまり綺麗に映りこまない。

お稲荷さんもあるのですね。三枚目の画像です。立派なものでした。

« 楊輝荘庭園 | トップページ | 街路樹 »

コメント

YUKOさん

シンメトリーの構図は、この庭に、いくつかありました。たぶん、作庭の段階から、意図されたものかもしれません。なかなか、考えられたいいお庭でしょ。(^^♪

besoさん

晩秋ですね。今日も、寒かった。

mimiさん

名古屋は、名古屋城とか徳川美術館とか、意外と観光に適してるところもあります。機会があれば、是非、お尋ねください。(^^)/

庭の光、シメントリーな鳥居、計算された構図に引き込まれました。

力作ぞろいですね~♪

晩秋の感じがとても良くでていますよ。

すばらしい庭園ですね。
丸窓の切り取りもいいですし、水に写った影もいい風情です。
いってみたいところですね。

綺羅々さん

人はそう多くないと思いますが、庭が狭いので、数組のグループが来れば、あちこちで、いっぱいになります。^^;
でも、覚王山の駅から、そう遠くないので、交通は便利ですから、お勧めですよ。
庭は、趣のあるいいお庭です。

一度撮影にお千代保稲荷の名古屋支所に行ってみようかと思っていた所なんですが、こちらにも鳥居が並んでいるんですね。
伏見稲荷みたいでおもしろいですね~。
そして景色は京都みたいで素敵です。
人出は多いのでしょうか?
是非行ってみたいと思います。

まふゆさん

名古屋は、じっくり、観光されたことないですよね?一度、ゆっくりお出かけください。ご案内したいところは、いっぱいあります。ここは、スタンプさんのおうちも近いと思いますよ。

nicoさん

ほんとうに、撮影にも、集中力が必要ですよね。私の場合、結構いい加減です。(^^ゞ
庭の花とかだと、時間をかけて、じっくりと撮るんですけどね。こうして、集団だと落ち着きません。^^;

今日も、紅葉を撮りに出かけていたのですが、とても綺麗でした。今年は、台風が来なかったので、葉っぱがしっかり残っているので、綺麗ですよね。

また、いい写真をアップされるのを期待しております。

もう一枚といい、静寂感が漂っていますね。
名古屋に行って、こそっと歩いてみたい(^_^;)

こんばんは narumiさん
きれいな紅葉が撮れましたね
拝見して心が癒されます
大変なご苦労があったことでしょう
見るのはあっという間ですが撮影するのは時間と集中力が必要ですから
だいぶお疲れでしょうね
楊輝荘・・・知りませんでした
名古屋にあるんですね
素晴らしい庭園に見ごたえのある紅葉です
こちらも週末ぐらいが紅葉の盛りみたいです
紅葉狩りに行きたいと思ってます

aoiさん

紅葉の仕方って面白いですね。このごろなかなか紅葉しないので、グラデーションの紅葉が多くなってしまいますが、かえって、面白いですね。(^^)

Sarahさん

お褒めいただいて恐縮です。コントラストが強く、難儀しました。へぼ写真です。^^;

覚王山です。今度は、Sarahさんが紹介してみえた、マダム貞奴のところに行きたいと思ってますが、寒くなってしまった。(ーー;)

>お茶をたてながら、眺める美しい庭

いいですね〜!
さぞかし心が穏やかになる事でしょう。

緑の中にちょこっと赤い紅葉がある
お写真がいいですね!
こうして見ると、やっぱり赤と緑の配色も
いいなぁって思っちゃいますね。

まるで絵画のようですね。
二枚目と四枚目が特に好きです。
何でこんな風に撮れるかなぁ。(^。^;)

ああ、覚王山辺りなんですね。
素晴らしい写真をありがとう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楊輝荘庭園 | トップページ | 街路樹 »