2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 御嶽山から望む | トップページ | 湖東三山「西明寺」 »

2008/10/29

渓流美しい中山道

022


024


044


169


194


748

一枚目から三枚目は、福島宿を流れる木曽川。川にせり出して、家が立ち並んでいます。

「山蒼く暮れて夜霧に灯をともす木曽福島は谷底の町  太田水穂」という、詩歌があるそうですが、まさに、険しい木曽の山に囲まれて、中山道宿場町は、それぞれの時代をすごしてきたのだなぁ、という、思いにひたりました。


四枚目は、寝覚ノ床。巨大な花崗岩が、木曽川の急流で、刻まれ、今のような形が出来あがった。水力発電のダムのおかげで、木曽川の水位が下がり、この形が水面に現れて、見えるようになったそうです。

JR中央本線の車窓からみえるのですね。以前は、ここを通るときだけ、列車の速度を落とし、解説が流れたものですが、何本か通り過ぎていった列車は、そんな様子は見られなかった。観光シーズンのときだけだったのでしょうか。

この寝覚ノ床には、浦島伝説が残っているのです。竜宮城から戻った浦島太郎が、旅に出て、ここで、あの玉手箱を開けたとか。。。

5枚目、6枚目は、国道19号沿いにある小野の滝。

ちょうど、日差しが落水に当たって、虹が出ていました。ほんのりしかみえませんが。。。

« 御嶽山から望む | トップページ | 湖東三山「西明寺」 »

コメント

綺羅々さん

この日、何本か列車が通り、特急も通ったように思いましたが、スピードを落とさなかったように思いました。見ていた場所の後から、落としたのかもしれないですけどね。(^^)

寝覚ノ床、とても、不思議な感じの面白い場所ですけど、駐車場と下に降りる道に充分注意してくださいね。

寝覚ノ床のすぐのところの駐車場は、有料で、しかも、ゲート式。一度くぐれば、必ず、お金を払わないと出られません。
Uターンも出来ません。その上、下に下りるには、お寺に通行料を払うことになります。

おそばやさんで食事をすれば、無料です。^^;

寝覚めの床、いってみたいと思う場所です。
以前、特急しなのに乗ったとき速度を落として通りましたよ~。
今はちがうんでしょうかね~。
秋めいた風景が素敵ですね。
ゆっくりとしたい場所ですね~。

今年の紅葉はいろんなところに行ってみたいと思ってます。

wakoさん

関東からは遠いですからねぇ。

虹は、私も大好きです。(^^♪
これも、うっすらとですけど、撮れて良かった。

この辺は行ったことがありませんが、素敵なところですね。
流れや滝がとっても素敵ですね。
私は虹の写真がとても好きです。
こんな写真を写してみたいと思います。

YUKOさん

紅葉も、緑と黄色と赤と、いろいろ混じっているときも、また、綺麗ですよね。(^^♪

拓隊長さん

10月17日でしたから、10日ほど前ですね。まだ、このあたりは、紅葉の走りというところでした。そろそろ、色づきもいい塩梅かもしれません。

甲府盆地で、みかんですか。暖かいところだけだったのにねぇ。。。

besoさん

バッタの佃煮と蜂の子ですかぁ。昔は、イナゴは食べたことあるのだけど、いまは、みるのもいやです。^^;

mimiさん

島崎藤村の小説のとおり、ほんと、木曽ヒノキが覆う、暗い山道です。昔は、旅人も苦労して歩いたのだろうなぁと想像できます。19号線は、情緒のある道ですよ。

ボタ山さん

この寝覚めのところも、小野の滝も、列車から見えるのですよね。中央線って、いいところを走っているなあとあらためて思いました。

yuriさん

ダムがある割には、水量も豊富で、とうとうと流れています。でも、夜、宿の外から聞える流れの音、結構、大きかったです。^^;

ふう子さん

この自然の彫刻のようなところは、ごく一部なのですね。^^;
でも、なんか、不思議な光景です。

妻籠馬篭は、近いので、何度か行っています。(^^♪今回は、寄らなかったです。

静かな川の風景に紅葉が映えますね。
次に滝が現れて、音や空気まで伝わってきました。

(^_^)vおはようさんさん!?木曽路や御嶽辺りでもまだ紅葉のはしりの様ですね!?最近、温暖化のせいか甲府盆地でも蜜柑の栽培が行われているようです(゚o゚)でもこの時期の緑と薄い黄色や赤のコントラストも好いものですね!?こちらの紅葉は来月半ばくらいが見頃に成りそうです!?ではでは

寝覚ノ床から少し車を走らせたところのお店に寄って、バッタの佃煮やら蜂の子を料理したあてで、ビールを飲んだ記憶があるなぁ・・・・

木曽川沿いを走ったけど残念ながら滝は記憶に残っていないです。

[木曽路はすべて山の中である」・・・
本当に険しい山道だったのでしょうね。
中仙道、一度たずねて見たいところです。
「寝覚ノ床」とは名前だけは聞いていましたが、こんなふうになっていたのですね。初めて知りました、ありがとう!

木曽路の旅もいいですね~~
寝覚ノ床 訪れたことあります。
山の中の滝も、綺麗ですね。

中仙道、いい景色ですね~maple
しっとり落ち着いた、穏やかな渓流ですね。
前回の御嶽山もそれは素晴らしい景色でした!青空が澄んできれいでしたね。
いつか行ってみたいです。

寝覚めの床、行きましたよ、行きました。

おととしの秋に行きました。

景観のいい所は少しでしたが、水が青くて綺麗でした。

馬籠や妻籠は行かなかったのですか。
あの辺の水舟が好きでした。

ふう子。

Sarahさん

私は、岐阜県側のせせらぎ街道を上って、裏木曽をよく走りました。背中合わせだったんだ。方向音痴で、全然、わからなかった。^^;

私も、中央線の車窓から見て、いつか、行ってみたいと思っていたんです、寝覚ノ床。

うわあ、素晴らしい紅葉です。
やっぱり、中山道はいいなぁ。
昔っから19号線は好きなんです。
初めてJR中央本線に乗って寝覚ノ床を車窓から
見た時の感動は忘れられません。
木曽福島辺りの紅葉もいいですよねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 御嶽山から望む | トップページ | 湖東三山「西明寺」 »