2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 潮岬と大島 | トップページ | リゾート »

2008/09/14

熊野古道「大門坂」

002那智の滝の入り口手前、1キロくらいのところに、駐車場があって、そこから、少し、行ったところから、この熊野古道のひとつ、大門坂が始まります。全長500メートル、高低差は100メートルあるそうです。2004年7月1日に世界遺産に登録されてから、観光コースとして、賑わいが増えたようですね。


1.那智の滝
014

大門坂駐車場から、滝の入り口駐車場までの途中からみた、那智の滝です。那智の滝の全体像は、2年前にアップしていました。http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2006/05/post_b4d0.html大門坂も一部紹介していましたね。(^^ゞ

2.夫婦杉
008

大門坂入り口の夫婦杉です。樹齢800年といわれます。西暦1200年頃というと、鎌倉幕府の時代ですから、京の雅の人たちが歩いた頃には、まだ、この夫婦はいなかったのですね。(笑)でも、ここを歩いた人たちの思いを800年もの間、ずーと見守ってきて、これからもずーと見守ってくれるのでしょう。

3.大門坂入り口付近
011

苔むしたところに木漏れ日が差して、綺麗でした。

4.大門坂の石畳
006

ずーと上り坂が続きます。観光バスは、途中で、落ちこぼれた人を待ってます。^^;

5.那智山スカイライン見晴台からみた、勝浦の港(広角レンズ)
015

6.那智山スカイライン見晴台からみた、勝浦の港(望遠レンズ)
307

那智の滝入り口から、那智山スカイラインを数分ぐらい登ると、展望が開けて、見晴台に出ます。スカイラインとはいえ、車がやっと一台くらいしか通れない狭い山道です。^^;しかし、眺望は、素晴らしく、こわごわ登った甲斐がありました。


Img1_2大門坂の入り口に大門茶屋というお店があって、こんな衣装を貸してくださって、古の雅の人になりきることが出来ます。(笑)優しそうなお母さんがみえます。私は、衣装は借りませんでしたが、記念に、古い着物の一部を使ったティシュカバーと手提げ袋を買いました。Img_0006

« 潮岬と大島 | トップページ | リゾート »

コメント

aoiさん

この風景は、望遠で、ここなら、広角でと、考えながら撮るのは、楽しいですね。(^^♪

旅をするにはとても過ごしやすい気候になり、
自然の姿の移り変わってゆく様が、
見ていて楽しいこの頃ですね。

広角レンズと望遠レンズとでは、
景色がぜんぜん雰囲気が違っていて
とても面白いですね!
写真を見ているだけでも楽しいのですけれど、
実際に撮影するのは、もっと楽しいことでしょう♪


Sarahさん

望遠の効果と、広角の効果、まだ、よくわかってません。(^^ゞ

おお、熊野古道!
さすが世界遺産ですね。
いっぺんは行ってみたいです。

スカイラインの見晴台からの眺望も素晴らしいで!
なるほど。広角レンズと望遠レンズではこのような違いが出るのですね。
ふむふむ。勉強になりますです。

keiさん

熊野古道は、幽玄な雰囲気が漂って、静かに自然のなかで、のんびりするには、最高の場所ですね。関東からは、かなり遠いですけど、一度お出かけください。

世界遺産 熊野古道・・よく耳にしますが、こんな所だったんですか? ステキなところですね。世界遺産て言うぐらいですから・・機会あったら訪れてみたい所です。

mimiさん

熊野古道の中でも、この大門坂のあたりから、中辺路は、いかにも幽玄で、熊野らしい道で人気があるそうです。

大門坂から、滝までだと、それほど厳しい道でもなく、熊野古道らしい石畳が続いているので、一度、訪れていただくといいと思います。

草さん

草さんご夫婦が歩かれたんだなぁと見ながら、車で走りました。バキッ!

スカイラインは、滝の入り口に並ぶ土産物屋の前を登っていく舗装された道です。中遍路とは、ちょっと、違う道ですかねぇ。

熊野古道は一度は訪ねてみたいところです。
苔むした石畳、杉の大木・・・
これだけでも厳かな気持ちになれそうですね。

大門坂は小雨の中を、頂上の那智神社?まで歩き、そこから熊野古道中辺路を歩きました。

朝が早かったためか、季節はずれのためか茶屋は閉まっており、頂上の土産物屋も閑古鳥が鳴いて、碁石だけがサミシそうに並んでた。

那智山スカイライン・・知らなかったなぁ。

yuriさん

2泊3日なので、かなり回ったんですよ。それでも、範囲はそう広くなく、見所がいっぱいかな、南紀。関東からだと、かなり遠いですけど、ぜひ一度、訪れてください。海の青さに感動ものですよ。

拓隊長さん

杉木立は、明暗の差がありすぎて、ハーフNDを用意しなければいけなかったです。それでも、木漏れ日なので、難しいかな。

besoさん

杉木立の肌の色合いや、木立の中の草むら、自然がそのままで、気持ちのいい風が吹いてました。

那智山スカイラインは、スリルがありますが、一度、行ってみてください。(^^♪

Harukaさん

渡海伝説怖いですね。どんな思いで、渡られたのでしょうね。

綺羅々さん

世界遺産になると、私有地にもいろいろ制約もあるようで、地元の方の不満もあるようですね。
でも、こうした雄大で幽玄な自然を大事に残して欲しいと思います。

ボタ山さん

重なる山の向こうに膿が見える風景は、なかなか、見ることができないですよ。ぜひ、もう一度、いらしてください。(^^♪

こんばんは!
いろいろとお出かけいいですね~
熊野古道は行ってみたいですね。那智の滝は以前も感動して見せていただきましたよね。
白い灯台と青空と、海原も感動で見せていただき・・・良かったですよ~

m(__)mおばんです!?熊野古道、世界遺産に成っても山間の集落で生活道に成っていたり構えていないところが好いですね!?縦の構図の夫婦杉も迫力ですね!?身延山にも日蓮聖人が父母を想い植えた御手植えの夫婦杉があります。年代も丁度同じ頃です。この辺は小規模農業なので、手間は掛かりますが稲を天日干しにして、ミネラルや旨味の成分をしっかりと吸収させる事が自慢です(^_^)vではでは

年輪を経た樹木は素晴らしいですね。
画像で見せてもらうとホレボレです。

那智山スカイライン見晴台からみた、勝浦の港の画像も見れば見るほどステキです。

車をすっ飛ばして見に行きたい光景です。

なんだかやはり渡海の海の怖さが分かるような山と海ですね。

これまた素敵ですね。
ずーっと昔、一度言ってみたいな~と思っていた熊野詣。
なかなか思い切らないと大変だろうな~と思っておりました。
世界遺産になって観光客も増えていろいろなトラブルも聞き及びますが、時の流れを気にしないでいられそうな空間は素敵ですね。

見晴台からの展望、凄かねぇ~~~
那智の滝は、10年前に一度行っただけ、
その時は、バスだったので、熊野古道は
見ただけ、
今度、行く機会があったら、歩いて
みます。(笑い)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 潮岬と大島 | トップページ | リゾート »