2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008/09/28

美味しい!!新米

019

南紀の丸山千枚田。

山の中で、段々畑で日当たりもいいので、お米が美味しいだろうと、ここの近くの産直の店>「さぎりの里」で、新米を買ってきました。

昨日、初めて食べたら、その美味しいこと!やっぱり、昔から、米については、ちょっと、うるさい私のこと、見事に、当たりでした!!ふっくらとやわらかい。ご飯だけ食べても、美味しくて、かむごとに味がじんわり。何杯でも食べたくなるのが、たまにきずかな。

美味しかったからと、もう一度買いに行くには遠すぎるけど、なんとか、もう一度、手に入れたいものです。

しかし、今回の事故米の事件には、あきれるばかりですね。日本の商売に携わる方に、もう倫理観なんて求めるほうが、間違いなのでしょうか。もっとも、農林水産省の姿勢も、もっと、厳しく責任が問われるべきですよね。

そして、今回、巻き込まれ、製品の回収に至った業者を救済するための方策を検討するということですが、どこまでが、本当に被害者で、どこからは、犯意があって、事故米を転売したかということが、はっきり、見極めることが出来るのでしょうか。事故米の転売で儲けて、その上、また、回収した分について、税金が補填されるなんてことにならないといいですけどね。

2008/09/27

国の名勝天然記念物「鬼ケ城」

南紀旅行の続きです。

R42号線の険しい山道を南に下って、ようやく、目の前が開けるとそこは熊野灘。美しい海岸が現れます。絶壁の海岸線が1キロ続き、ところどころ洞窟が出来ています。その昔、海賊が巣窟を作っていたといわれます。

ここ鬼ヶ城は、熊野市木本町にある、国の名勝天然記念物。平成16年7月7日に熊野古道とともに、「紀伊山地の霊場と参詣道」世界遺産に登録されました。

022

030


031


038


444

442


047


熊野灘の荒波に削られ無数の洞窟ができ、また、数回の地震によって隆起したこの海岸線の険しい形状。
足元に打ち寄せる荒々しい波を見ながら、遊歩道を行くのは、結構、スリルがあります。昔は、この手すりが着いている遊歩道とは、もう一段下にも遊歩道があって、そこを歩いたこともあります。いまは、危険で、立ち入り禁止になってます。


2008/09/23

彼岸花のある風景「津屋川堤」

010

015


020


021


026


朝夕、めっきりと涼しくなってきましたね。この夏が猛暑だったせいでしょうか、この涼しさが、特別な自然からの贈り物に感じます。「猛暑に耐えて、ご苦労さん、少し早く涼しくしてあげる。」なんてね。

彼岸の時期になると、必ず、田んぼのあぜ道や、川堤で見られる彼岸花。律儀に時期を間違えず、咲いてくれますよね。桜とか、梅とか、バラとか・・・地上の気温によって、咲く時期が左右される花が多い中で、この彼岸花は、気温にあまり左右されないそうです。

これには、彼岸花の一年の見事なサイクルがあって、秋に花を咲かせ、それが枯れた後、球根から葉っぱが伸びてくる。こうして、緑の葉っぱで、冬の間は、光をしっかり取り入れて、栄養を球根に蓄えます。春、木々が芽吹き、草花は花を咲かせる頃、葉っぱを枯らして、休眠に入る。そして、球根の栄養を使い尽くした頃、いっせいに花を伸ばすのだそうです。

ここは、岐阜県海津市にある津屋川堤。昨年は、撮らなかったのですが、やっぱり、この時期、どなたのブログでも拝見します。では、私もということで、出かけてきました。祝日で、お天気に恵まれたこともありますが、すごいカメラマンの数です。(笑)

関西のほうからも、写真クラブの方がみえますし、団体のバスでみえてる方々もいらっしゃいます。
地元の方々が駐車場の案内や、交通整理。決して、お金になることでもないのに、ありがたいことです。

2008/09/21

まだ、素面です。(笑)

001


003


004

風景が続いたので、ちょっと、趣を変えてみました。
以前アップした酔芙蓉の朝の花です。このように、真っ白なんですよ。

白い花、特に、このように、花びらが重なっていると、まるで、ウェディングドレスのよう。


2008/09/18

波の音が聞えますか「熊野の海」

スライドショーの編集が面白くて、また、やってみました。(^^ゞ


鬼ヶ城から熊野川河口まで、20数km(約7里)続く小石でなる浜辺。眼前は太平洋の大海原。この荒々しい波に洗われて、この浜の石は、みんな丸くなってます。

私がこの海辺を初めて訪ねたのは、もう、40年以上前でした。そのころは、この浜の幅は、もっと長く、小石ももっと、大きいかったように記憶しています。長く続く美しい浜辺の全体像は、あまり変わらないけど、小さなところでは、環境がかなり、変わってきているようです。

台風が近づいていますね。この海は、普段でも、波は大きく強い。でも、台風が近づくと、それは、雄大で、畏怖をさえ感じます。

2008/09/17

あっ!すっぱい。(^^ゞ

Img_0009

いまは、一年中、スーパーの野菜売り場の定番とはいえ、なすびにピーマンというと、夏野菜の代表ですね。なすびはぷりぷりとして、ピーマンも歯ごたえよく、美味しい季節です。これに、油揚げを加えて、油でいためてから、甘辛く煮るのが大好きです。昨日も、夕ご飯のおかずに作りました。

油でいためてから、みりんを加えた。。。と思ったら、酢の匂い。「あれぇ~~」間違えて、お酢を入れてしまいました。^^;お酢のメーカのコマーシャルなどで、煮物に酢を入れると美味しいとのシーンをみますが、それでも、やっぱり、あわないと嫌だと、今まで使ったことありませんでした。

今回、それを思い出して、そのまま、砂糖とおしょうゆを加えて、煮てみました。これが美味しい!!

夫が、やってきて、「中華料理のような香りがするけど?」

2008/09/15

リゾート

写真教室の講師が、スライドショーに音楽を入れて、作ってみえましたので、私も、真似してみました。(笑)ちょっと、スライドショーのスピードが早いのですが。。。

2008/09/14

熊野古道「大門坂」

002那智の滝の入り口手前、1キロくらいのところに、駐車場があって、そこから、少し、行ったところから、この熊野古道のひとつ、大門坂が始まります。全長500メートル、高低差は100メートルあるそうです。2004年7月1日に世界遺産に登録されてから、観光コースとして、賑わいが増えたようですね。


1.那智の滝
014

大門坂駐車場から、滝の入り口駐車場までの途中からみた、那智の滝です。那智の滝の全体像は、2年前にアップしていました。http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2006/05/post_b4d0.html大門坂も一部紹介していましたね。(^^ゞ

2.夫婦杉
008

大門坂入り口の夫婦杉です。樹齢800年といわれます。西暦1200年頃というと、鎌倉幕府の時代ですから、京の雅の人たちが歩いた頃には、まだ、この夫婦はいなかったのですね。(笑)でも、ここを歩いた人たちの思いを800年もの間、ずーと見守ってきて、これからもずーと見守ってくれるのでしょう。

3.大門坂入り口付近
011

苔むしたところに木漏れ日が差して、綺麗でした。

4.大門坂の石畳
006

ずーと上り坂が続きます。観光バスは、途中で、落ちこぼれた人を待ってます。^^;

5.那智山スカイライン見晴台からみた、勝浦の港(広角レンズ)
015

6.那智山スカイライン見晴台からみた、勝浦の港(望遠レンズ)
307

那智の滝入り口から、那智山スカイラインを数分ぐらい登ると、展望が開けて、見晴台に出ます。スカイラインとはいえ、車がやっと一台くらいしか通れない狭い山道です。^^;しかし、眺望は、素晴らしく、こわごわ登った甲斐がありました。


Img1_2大門坂の入り口に大門茶屋というお店があって、こんな衣装を貸してくださって、古の雅の人になりきることが出来ます。(笑)優しそうなお母さんがみえます。私は、衣装は借りませんでしたが、記念に、古い着物の一部を使ったティシュカバーと手提げ袋を買いました。Img_0006

2008/09/11

潮岬と大島

123


349


117


本州最南端の潮岬。

沖合いを大きな船が盛んに行きます。それらの安全を守るため、すくっと建ってる潮岬灯台。

どうやら、私は、灯台フリークみたい。(笑)このブログで、よく出てきます。確かに、空の青さ、海の青さに、この白くスマートな建物はよく似合いますよね。


148


230


228

こちらの灯台は、大島に建っている樫野埼灯台(かしのざきとうだい)。潮岬灯台に比べると、ちょっと、ずんぐりむっくり。(笑)

青い空と青い海に似合うもののもうひとつが、この橋。特に、この大島にかかる橋は真っ白で、綺麗です。

昔は、有名な串本節にも歌われるように、巡航船で結ばれていたのですね。橋ができて、ずいぶん便利になったことでしょう。

151


2008/09/10

早朝から、ご苦労さま

396


301


294


日曜日から、二泊三日で、南紀、潮岬周辺を中心に回ってきました。先週のあの大雨の連続とは、打って変わって、いいお天気。もう、最悪のお天気を覚悟していたのですが。。。

夫いわく、「お母さんも、最近は、心がけがよくなったので、お天気にも恵まれるようになったね。」
だれがやねん!!

今日の三枚は、夜明けの海です。

早朝から、盛んに漁の船が行きかいます。夜中にも沖合いに明かりが並んでいましたから、一晩中、漁をしてみえた船もあるのでしょう。原油高の影響で、猟師さんたちも、船を出しも、赤字になると、悲鳴を上げてみえると報道していましたが、それでも、やっぱり、消費者に新しいお魚を提供してくださるために、こうして、船を出して、漁をしてくださっているのですね。

2008/09/06

未来を見つける場所になる

Test_001

Test_005


Test_006


Test_008


Test_011


Test_012


Test_014


名古屋市内をぶらぶらしながら、コンデジで撮ってみました。

一枚目の画像の名古屋栄地下、日産ギャラリー前のクリスタル広場。この地方の景気にも陰りが出てきているといわれてはいますが、相変わらず、若い人が賑やかに行きかってます。

地上に出て、栄のあたりを歩いていたら、どこかの金融機関のウィンドウの中に、表題にした「未来を見つける場所になる」というポスターが。。。

2008/09/02

レジ袋有料化

9月になりましたが、相変わらず、暑いですね。その上、毎日雨ばっかり。もう、うんざりです。
こちらは、被害が出るほどのことはありませんが、お隣の愛知県では、大きな被害が出ております。被害を受けられた地域の方、お見舞い申し上げます。

ひたひたと、レジ袋有料化の波が押し寄せてきていますね。みなさまのところは、いかがですか。三重県でも、伊勢市は、すでに始まっていて、鈴鹿、亀山市では、今月1日から始まりました。私の住む、桑名市は10月1日からスタートです。

買い物を済ませて、レジで、「袋どうしますか?」なんていわれても嫌なので、忘れないように、今から、バックの中にマイバックを入れておくようにしています。でも、うっかり、持っていないとき、買ったもの、全部返すことになるのかしら。^^;レジ袋の代わりのダンボール、争奪戦が始まりそうな気がします。

男性や子供たちが、ちょっとした買い物をしたときも、有料なんでしょうかね。我が家では、ゴミ箱代わりに、レジ袋を使ったりしていますが、そういうご家庭、多くないですか?この分、結局、ポリの袋を用意することになるのかなぁ。

なにより、マイバックを利用した万引きが増えているという話が気になります。ネットで検索していたら、各地の地方ニュースで取り上げられています。願わくば、こっちの地方ニュースには、そのような話題が取り上げられないことを。。。(苦笑)

Ohta10_2

画像は、酔芙蓉。今日は写真教室で、提出するいい題材がなく、急遽、お隣で咲く花を写させていただきました。でも、結局、教室では、日の目を見ることがなかった。(ノ_-。)

いつも、メモリースティックに入れていくと、それをOPで表示して、解説していただくのですけどね。今日は、突然、プリントをしてきた生徒の作品しか、見ることができないといわれてしまいました。どうも、フィルムカメラのプリント組みから、文句が出たようです。どうしても、OPで画面に大きく表示するほうが、見栄えがいいのです。

でも、それって、おかしいですよね。今日は、まったく、時間を無駄にしてしまった。三ヶ月更新してしまったけど、そんなことなら、もう止めるのだったのに。。。愚痴でした。^^;

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »