2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 相棒と | トップページ | ガーデンミュージアム比叡 »

2008/05/24

ばらの季節

021a_2


027a


037a


046a


067a

また、芳しいバラの季節がやってきました。

これは、先日、写真教室の実習で出かけた、東山植物園のバラ。ここは、あまり手入れがよくなくて、花が枯れてもそのままになっているものが多くて、バラもかわいそう。バラは、花の女王さまだけに、手が掛かるんですよね。

011a


017a


029a


034a


049a


036a


こちらは、鶴舞公園のばら。こちらは、手入れがよくされています。ちょうど、咲き終わった花を剪定してみえる係りの方がみえました。「ここの公園は、よく手入れされてありますね。」と声をかけたら、手を止めて、熱心に、ばらの手入れの仕方を講義してくださいました。

剪定と、消毒と、肥料の施し方。ばらは、特に、肥料をほしがるので、欠かしてはいけない。でもやり過ぎると、花のなかに花が出来たりすることがあるそう。肥料は、ばらが根を伸ばしかかる前の12月頃、30センチの深さまで掘り起こして、与える。周りを掘らなくても、毎年、少しずつ場所を変えて、与えていくようにすればいい。etc.

聞いていたら、自分にも出来そうで、だんだん、また、ばらの誘惑に負けそうになってきました。(笑)

« 相棒と | トップページ | ガーデンミュージアム比叡 »

コメント

mokoさんのお写真を拝見すると、
いつも、お花がお好きなのだなぁと感じます。
お手入れがとても大変で繊細なだけに、
この美しさには価値があるのでしょうね、きっと!

YUKOさん

不思議の国のアリス、ずーと昔に読んだのですが、バラ園でしたか。もう忘れてしまってます。^^;

バラは、棘まで美しくないといけませんね。花も、葉っぱももちろん。
だから、育てるの大変。(*_*)

わー咲き誇ってますね~♪
バラ園といえば、不思議の国のアリスを思い出します。トランプの兵隊がやってきそう!

棘も魅力のひとつですよね。とげのない薔薇はおそらく魅力半減だろうと、夫と話していたところです。

まふゆさん

そういえば、こってりしたバタークリーム、ありましたね。(^^)
今はもっと美味しいお菓子がたくさんあるのに、なぜかなつかしいですね。

mimiさん

ほんとは、バラで庭を埋め尽くしたいのですけどね。(^^)
何度も失敗しているので、お花が可愛そうなんです。^^;

私のあとも、他の女性が熱心に質問していました。作業してるじかんがなかったでしょうね、あのおじさん。^^;

yuriさん

人手が足りないんですかねぇ。東山植物園は、秋バラの時はもっとひどいものでした。(>_<)
鶴舞公園は面積は狭いですけど、いわゆる都市公園として、おしゃれで、好きなんです。

一番最後のバラは、花霞と言う名前ですけど、一面ピンクの霞。(^o^)

バラの香りがしてきそう~~(^_^)

五枚目の薄いピンクのバラも大好きです。

子供の頃のクリスマスケーキ、バタークリームのバラの花がケーキの上に乗ってました。あれが大好きだったんです。それとソックリ!この花を見るといつも想い出すんですよ・・食べたいなあ(笑)

いい講義を受けられましたね(笑)
来年は、きっとご自宅で立派なバラが咲くことでしょう・・
お花は、傷みのないものを探すのも、大変です。
バラは花の女王様・・・うなずきながら拝見いたしました。

な~んて!美しいんでしょう!!
もう~1枚目のバラから、ぜ~んぶため息が出てしまいます。
とても手入れの悪いのは想像できませんが、花がらや枯れてるのがあるとガッカリですよねぇ・・それにしても『鶴舞公園のばら』みごとですね。まさに女王バラの季節ですlovely

besoさん

深紅のばらは、やっぱり、一番ですね。まるで、ビロードの布のような光沢があります。そういえば、白とか黄色もあったんだけど、やっぱり、ばらは、赤やピンクに目がいきます。(笑)

バラがいっぱいで素晴らしいですね~

まるで、バラの画像の見本みたいで感心して楽しませてもらいました。

深い色の真紅のバラは好きだなぁ~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 相棒と | トップページ | ガーデンミュージアム比叡 »