2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008/05/28

ガーデンミュージアム比叡

ガーデンミュージアム比叡に行って来ました。ここは、標高840mの比叡山山頂に広がる庭園美術館です。フランス印象派画家たちの絵を陶板に再現して、美しい自然とそれぞれの季節に咲き乱れる草花の花壇のなかに、展示されています。

Imgp2140


ここは、比叡山ドライブウェイからの入り口。おなじみのゴッホの「ひまわり」が掲げられてます。

Imgp2159


モネの「ライラックの木陰の憩い」。この絵は、あまりみた記憶がないのですよね。本物をみてみたいと思います。

Imgp2219

ルノワールの「じょうろを持つ少女」。こんなベンチに座って、ハーブティなどをいただきながらのんびりしたいですね。画面右に絡まる花は、クレマチスですが、すこし、小さめ。可愛くて、この庭によくマッチしてます。

Imgp2158


ゴッホ「ラ・クローの収穫」。

Imgp2157


ピサロ「花咲く果樹園、春、ポントワーズ」

Imgp2212


モネ「アルジャントゥイユの橋」

この上の三枚、背景に琵琶湖がみえるのですが、この日は、お天気はよかったのですが、もやっていて、眺望がよくなく残念でした。

Imgp2211

モネ「庭のカミーユ・モネと息子」。この絵は、いま、名古屋ボストン美術館に来ていて、数日前に鑑賞してきたところです。この陶板が飾られているところは、バラがいっぱいあるのですが、さすが、標高840メートル。咲き始めるのは、6月下旬とのこと。バラに飾られると、また、一段と、見応えがあるのでしょうけど。。。

Imgp2164


Imgp2143


Imgp2231


モネの睡蓮の池をはじめ、よく手入れされた花壇が広がります。

Imgp2171


Imgp2154


Imgp2139


Imgp2191


Imgp2192


2008/05/24

ばらの季節

021a_2


027a


037a


046a


067a

また、芳しいバラの季節がやってきました。

これは、先日、写真教室の実習で出かけた、東山植物園のバラ。ここは、あまり手入れがよくなくて、花が枯れてもそのままになっているものが多くて、バラもかわいそう。バラは、花の女王さまだけに、手が掛かるんですよね。

011a


017a


029a


034a


049a


036a


こちらは、鶴舞公園のばら。こちらは、手入れがよくされています。ちょうど、咲き終わった花を剪定してみえる係りの方がみえました。「ここの公園は、よく手入れされてありますね。」と声をかけたら、手を止めて、熱心に、ばらの手入れの仕方を講義してくださいました。

剪定と、消毒と、肥料の施し方。ばらは、特に、肥料をほしがるので、欠かしてはいけない。でもやり過ぎると、花のなかに花が出来たりすることがあるそう。肥料は、ばらが根を伸ばしかかる前の12月頃、30センチの深さまで掘り起こして、与える。周りを掘らなくても、毎年、少しずつ場所を変えて、与えていくようにすればいい。etc.

聞いていたら、自分にも出来そうで、だんだん、また、ばらの誘惑に負けそうになってきました。(笑)

2008/05/22

相棒と

相棒と連れだって、「相棒」劇場版を観てきました。(笑)

話題の映画であっても、いずれ、近いうちにテレビで放映されるからと、わざわざ、映画館まで出かけることは、まずありませんでした。しかし、予告編を観て、今回は、大きなスクリーンでみないと、迫力が伝わらないと思ったのと、なにより、この予告編のなかに、ある人物に似せた姿を見つけたからでした。

最近の刑事ドラマは、どちらかというと、ホームドラマか?と思わせるくらい、ストーリーのなかでレギラーの家族の人間模様が織り交ぜられて、内容が、散漫になり、全然面白くないものが多いです。でも、この「相棒」は、実際に起こった事件や、起こりそうな事象を題材に、うまく、まとめられて、視聴者を引きつけて、飽きさせません。

特に、今回の「相棒」劇場版は、いかにも、あの。。。一連の?と思わせる事件を伏線に、うまく、纏め上げられています。

もちろん、最後に、「これはフィクションです。」と断り書きが流れます。が、国民に対し非常に冷淡であり、マスコミを使った世論誘導が秀逸だったあの人物を、今度は、それが彼の人間性だとして、観客に、うまく刷り込んでいるのが印象的でした。

2008/05/19

三社祭

Img_map


浅草三社祭に、行って来ました。

浅草というと、私には、浅草寺と仲見世通りしか、イメージになく、三社祭は、浅草寺のお祭りかと思っておりました。浅草寺の隣に、浅草神社があり、三社祭とは、こちらのお祭りだったのですね。

133


076

上の画像、仲見世通り。お祭りで、この日は、多いようには思われますが、いつ行っても、こんな人混みであふれてます。最近は、日本の観光地を中国人の観光客の団体が席巻してますが、ここは、西洋人の方が目に付きます。

062

ここは、雷門前の雷門通り。西洋人形のような可愛い女の子も御輿になって、見ています。(笑)

088


宝蔵門を浅草寺の境内からみたところ。
左右の大きなわらじは、片方だけの大きさが長さ4.5m、巾1.5m、重さ400kg。

084

浅草寺本堂。

101


113

老いも若気も、そして、女性の担ぎ手もみえました。

079

小さな子供御輿も。

御輿が意外と小さいですね。なんか、子供御輿とあんまり変わらなかった。(苦笑)

昨年、再三の警告にも関わらず、御輿に乗る無法者がいて、迷惑防止条例違反で、逮捕者が7人も出たことから、今年は、大型の本社神輿を担ぎ出す「宮出し」がなかったことで、ちょっと、迫力不足でした。

でも、大勢の人が、「セイヤ、セイヤ」のかけ声で、楽しそう。お祭りは、いいですね。


2008/05/15

新緑

032

011

045


緑が美しい季節になりましたね。久しぶりに、近所の公園に出かけてみました。春の満開の桜も綺麗ですけど、太陽の光をうけた新緑も、また、何とも清々しく、美しい。

春先、サザンカの密を盛んに吸いに来ていたメジロさんたち、どこに行っているのだろうと思っていましたら、こんなところに。。。桜の果実を盛んについばんでいます。

2008/05/13

酢ムリエ

017


ワインではありません。デザートビネガー。飲むお酢ですが、お酢というより、ノンアルコールのおしゃれな飲み物と言う感じ。ビネガー専門店オークスハート のホームページをみていたら、「酢ムリエ」と言う言葉が。。。ソムリエをもじって、このデザートビネガーを美味しく管理して、提供してくださってる方と言うことでしょうか。

以前、Mちゃん(息子のお嫁さん)が、おみやげに買ってきてくれて、はじめて、こんな美味しい飲むお酢があることを知りました。

デパートの高島屋のみで売ってるんですね。通信販売でも購入できるようですが、いろんなフルーツをもとにしたビネガーがあって、売り場で試飲するのも楽しいです。

012_2
母の日のプレゼントに、送ってもらいました。(*^ ^* )V


2008/05/08

あなたはだ~れ?どこから来たの?

2008571

趣味を広げて、あれもこれもと手を出すので、最近は、庭の手入れもおろそか。いいお天気が続いて、適当に雨も降るので、芝生の庭では雑草が元気です。芝生はと言えば、自分の持ち場から離れて、花壇に侵入しています。(苦笑)

少しずつでも雑草を抜かなくてはと、庭に出てみたら、見慣れない花が一輪咲いてます。花壇側でなく、芝生のなかから出てきているのですから、自分で植えたわけではありません。かといって、種でなく、球根だと思うので、風で飛んで来たとも思えないし。。。(^^;)

イキシアと言う花。
http://www.mitomori.co.jp/hanazukan/hanazukan2.5.18ikisy.html
これに似てるんですけどね。イキシアだとしたら、わりと、手をかけなくても、自分でどんどん増えてくれるらしい。花が、終わったら、掘り出して、花壇に埋め直さなくては。

2008/05/07

今年のぼたん

Inabe_008

Inabe_011


Inabe_016


Inabe_026


Inabe_027


Inabe_031


Inabe_034


Inabe_036


Inabe_043


Inabe_054


Inabe_065


Inabe_067


昨年のぼたん
http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2007/05/post_9fb5.html

一昨年のぼたんhttp://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2006/05/post_b162.html

いなべ農業公園のぼたんです。今年で三年目。GWが暖かく、一気に咲いたようで、訪れた5月3日の時点では、全体にお花はお疲れ気味。

3月末に発売になったPENTAX純正の望遠ズーム(DA55-300mmF4-5.8ED)レンズで写しました。前の画像と比べてみると、ぼたんの色の違いは、変わりませんが、バックのぼけ具合が、前のレンズとは、やっぱり違いますね。やっぱ、純正だね。(笑)

このレンズをネット通販で頼んでいたんですけど、発送予定の1週間過ぎても、10日過ぎても、なんの連絡もない。(怒)PENTAXのマウントにあうレンズは、ニコンやキャノンと違って、レンズ専業メーカーから、あんまり出ていないので、新製品が出ると品薄になるのは、わかっていました。でも、発送予定から、これだけ遅れるのなら、ひとこと、連絡してくるのが誠意ですよね。

結局、一月遅れで到着して、桜にも間に合わないし、軽井沢や八ヶ岳の風景を撮ることも出来なかった。まあ、他のお店で買うよりは、数千円安く手に入りましたので、良しとしなければですね。

2008/05/05

八ヶ岳高原

2008_261


2008_267


2008_249


2008_247


2008_256


2008_087


2008_301


今年のGWはカレンダーの並びが、あまりよくなくて、休日が、前半と後半にはっきり分かれましたね。でも、我が家は、結婚以来初めて、長~~~い、11連休になりました。前半は、軽井沢と八ヶ岳の旅行でしたが、帰ってからの長いこと。^^;

ようやく、明日で、長い休みも終わりなので、ほっ。贅沢なことを言ってます。(爆)

画像は、八ヶ岳高原の風景。


八ヶ岳の領域の定義は幾つか説があり、場合により使い分けられる。

夏沢峠以南のいわゆる南八ヶ岳のみ
南八ヶ岳及び北八ヶ岳の領域(蓼科山を除いた領域)
蓼科山まで含んだ八ヶ岳連峰


--------------------------------------------------------------------------------
八ヶ岳(やつがたけ、八ケ岳とも表記される)は、長野県の諏訪地域と佐久地域および山梨県の境にある山塊。南北30km余りの山体で、大火山群である。日本百名山の一つ。「八ヶ岳」は長野県と山梨県にまたがる山塊の総称であり、山そのものに八ヶ岳と名付けられた山は存在しない。

「八ヶ岳」の由来は、「八百万」などと同じように、山々が多く連なる様子から「たくさん」という意味で「八」としたとも、幾重もの谷筋が見える姿から「谷戸(やと)」にちなんで名づけられたとも、文字通り八つの峰に見えるからとも、複数のいわれが存在する。

2007年、日本の地質百選に選定された。

                    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


八ヶ岳と言う嶺があるのかと思ったら、違うのですね。標高の高い山々を総称して八ヶ岳、それに囲まれた、標高1200メートルの高原に広がる清里。山は雪を頂いて、山が綺麗にみえました。

白樺林も綺麗でしたが、まだ、新芽がそろってないので、ちょっと、寂しい。

2008/05/04

鬼押し出し

2008_059_3


昨年は、行けなかった、鬼押出し園を訪れました。

浅間山の麓に連なるごつごつの岩は、天明3年(1783年)の浅間山大噴火によって流れた溶岩が固まったものです。

左の画像をクリックしていただくと、3万年前の浅間山、1281年の浅間山、1783年の浅間山と、移動してる?のがわかります。

2008_043


2008_044


2008_053


2008_045_2
こんな避難所があちこちに設置してありました。浅間山は活火山で、いつ噴火してもおかしくないのでしょうね。

2008_047


2008_062


2008/05/01

「紙婚式」軽井沢にて

Blog2_3


« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »