2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/28

桃の花はなにか・・・

Momo5


Momo1


Momo3

ここまでが、桃の花。下の三枚は、桜です。


Sakura1


Sakura2

Sakura3


この題名は、渡辺淳一氏が週間新潮に連載している「あとの祭り」というエッセーの副題です。この方の小説はもちろん、エッセーも、今まで読んだことはなかったのですが、たまたま、この題名の意味するところがなにか?(苦笑)と、気になって、読んでみました。

「梅は本妻、桜は愛人」と、ほかのところで書いてみえたそうなのですが、ここに改めて、渡辺氏自身の捉え方が書いてありました。内容については、詳しくは書けませんので、興味のある方は、3月27日号「週間新潮」をご覧ください。

一部、気になったところを引用すると、梅については、「梅は、凛として落ち着いている。」。でも、「桜の咲き方はまわりや人目など一切気にしない。自分だけ美しければいい、といった気配が満ちている。」と述べています。

はてそうでしょうか。梅は、周りの様子に溶け込まず、それだけで、凛とした姿をみせています。梅はその枝振り、花の付き方を鑑賞しますよね。これは、確かに氏のおっしゃってる通りなのですが、桜は決して、自分だけ美しければいいと言う風情ではないと思います。都会に咲く桜は、そのビル街に溶け込み、河堤に並ぶ桜は、その田園風景に調和し、山に点在する山桜は、その山をより美しく、みせるように咲く。

「梅は本妻、桜は愛人」。この比喩、日本の春を彩ってくれる花たちに、ちょっと、失礼かな。

そうそう、結局、桃のはなは、なにに例えられていたと思われますか?あまりに不謹慎な例えよう。。。

2008/03/26

日本タンポポ

Blog1

国営木曾三川公園の一部であるアクアワールド水郷パークセンターで、日本タンポポの群生をみることができると言うことを木曾三川公園のHPでみて、出かけてみました。

咲いているところをみるだけだと、この両者、ほとんど見分けがつきませんが、西洋タンポポと日本タンポポの見分け方は、以外と簡単でした。咲いているタンポポの裏側をみて、花を包んでいる総ほうとよばれる部分の外側が反り返っているのが西洋タンポポ。左の画像のように反り返っていないのが、日本タンポポだそうです。

咲いている花自身も、これが日本タンポポだとわかると、西洋タンポポに比べて、背が低くて、花も大きくなく、派手さがない、いかにも、控えめな和の感じを受けてしまいます。


Blog2


Blog3


Blog4


Blog5


Blog6


平日とはいえ、ほとんど、訪れる人もなく、何のための施設なのか、今ひとつ、わかりにくい。でも、誰もいない静かなこの空間、以外と、癒される場所ではあります。


2008/03/24

いなべの梅林

Inabe3


Inabe4


Inabe7

Inabe25


Inabe12


Inabe19


Inabe26


雨が多くなりましたね。早朝には、音を立てて降っていましたが、先ほど、ようやくあがりました。風が出てきて、梅の花は、もう、散らされてるかな。画像は、いなべ農業公園http://www.city.inabe.mie.jp/pages/1608_0.htmlの梅林です。

山を切り開いたところに、約4500本あるそうですが、とにかく、広大なことに驚かされる。昨年に比べても、面積が広くなっているような。。。昨年の様子http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2007/03/post_a394.htmlです。

駐車場が広いので、年々、見物客も増えているみたい。「お弁当を持ってくるとよかったね。」

2008/03/22

さぁ、出かけましょう!

2008322_003_2

春本番でしょうね。昨日今日と、暖かいいいお天気です。桜の開花予想も、どんどん、早められています。このあたりではどうかと、近くの公園まで、カメラを持って、様子を見に出かけました。

毎年、ブログでもアップさせていただいてますが、この藤が丘公園にはいろんな種類の桜が植えられています。
一番早く咲くのが、小さな花を付ける枝垂れ桜。

今朝カメラを向けたときは、まだつぼみを膨らましている程度でしたが、シャッターを切っている間に、この暖かさで、なんか、どんどんと、花を開き始めようと一生懸命になっているような様子。ほんとうに、小さな花の息づかいが伝わってくる。そんな春の朝でした。


つぼみのうちは、濃い赤をしていますが、咲くと、ほんのりとしたピンクなかわいい花を付けます。


20083222ajpg
公園のそばを走る高速道路、朝8時前、もう、渋滞が始まりました。みなさん、どこまで、出かけるのかな。渋滞している方向は、名古屋の方から、南行き。

2008/03/16

麗しすぎる

5


11


16


22


28


120083


31


なばなの里の枝垂れ梅。

いつから、ここが開設されたのだったかは忘れましたが、もう何年もこの時期を待ちこがれて、訪れています。

年によっては、延びた枝にほとんど花芽がついていない寂しいときもありました。虫の被害や、剪定の難しさもあるのでしょう。でも、今年は、特に見事に花を付けていたように思います。

一枚目から五枚目までは、晴れた日に、後の二枚は、雨の日に写しました。

晴れた青空で、輝いてる花もきれいですが、雨に打たれて、花びらが根元を埋め尽くしている様は、まさに、麗しすぎる。雨で足下が悪く、少し肌寒いのにおつきあいしてくれた、お友達に感謝です。

最近、どうも、予定をしっかり把握できてない。「年のせいで、物忘れが。。。」なんて、冗談で言っていられたのは、10年前までの話。「おい大丈夫か?」と、自分で自分を律しなくてはいけないと思われる最近の忘れっぽさです。(汗)お友達と梅林に行く約束を二回も後で、変更してもらうことに。。。

その上、公民館で行われている月一回の写真教室は、1月、2月、3月と、全部、忘れてしまって、欠席。もう来年度は、申し込みできないわ。(>_<)

4月から、夫は自由人。これでますます、曜日や時間に縛られない生活が始まります。自分で、一日の時間割を決めて、動く習慣を付けないと、夫婦で、危険な状態に陥りそうです。(苦笑)

2008/03/13

春ですよ!

31


24


2


ここ数日、とても暖かい日が続きますね。2月が、例年に比べると、とても寒く、雪が多かったので、この暖かさは、本当に嬉しい。

この穏やかな陽気に誘われて、昨日は、久しぶりになばなの里に出かけてみました。入り口で、まず出迎えてくれたのが、この真っ赤なチューリップ。

河津桜は、まだ咲き始めでした。今年は少し遅いかな。

2008/03/11

名古屋国際女子マラソン

昨日、北京オリンピックのマラソン代表が発表されました。でも、そこには、Qちゃんの笑顔はありませんでした。

日曜日に行われた名古屋国際女子マラソンで、残念ながら、Qちゃんは失速してしまった。スタートから、9キロ過ぎで、先頭集団から、ずるずる遅れていくQちゃんに、全国のファンが目を疑ったでしょうね。レース終盤には、体調不良でトイレに駆け込む事態にも。。。

後の会見で、ひざの半月板の手術を受けたことが公表されました。テレビでは、同じアスリートだった女性たちの手厳しいコメントも聞かれたなかで、松野明美さんは、「彼女は練習のしすぎ、少し休みなさいと声をかけてあげられる人が欲しい。」そのようなことを話していました。

Qちゃんが、トップでゴールしてくれることをマラソンファンだけでなく、日本中の人が期待していたと思います。

体調不良は、食事のせいというより、精神的な重圧が大きいのでは、と思うのですよね。それが、過度の練習となるのでは。。。結局、いろんなことを一人で背負って、がんばりすぎているよう。でも、あれだけの体調不良でありながら、きちんと、完走した体力は、余人にまねのできることではないでしょう。

「これからも、まだまだ、やりたいことがある。」と現役続行を宣言したQちゃん。彼女には、他のひとにはない、華があります。また、Qちゃんが走れば、全国の人が、テレビに釘付けになるでしょう。(笑)

画像は、あまたの花の中でも、一段と、華やかなランの花。


2


3


4


1


005


009


2008/03/08

綺麗ねぇ!

200836179a


200836127


200836189


200836154


200836125


北野天満宮、二条城、京都御苑と回ってきました。二条城、京都御苑は、西洋人の方に、特に、人気が高いようです。盛んに、梅の花の香りを確かめ、シャッターを切ってみえました。

2008/03/03

びわ湖毎日マラソン

Img_1846


朝から、暖かい日差しが降り注ぐ日曜日。昨日は、びわ湖毎日マラソンを応援。

石山寺に寄った帰り道、ちょうど、びわ湖マラソンのコースに遭遇したと言う形です。

最初は、コースもわからなかったのですが、門前で客待ちをしてみえるタクシーの運転手さんに尋ねたところ、目の前の勢田川沿いの道を走るということ、しかも、ちょうど10キロ地点で、午後1時前後に通過するくらい。これは、嬉しい。男子マラソンの大舞台をまじかに見ることができるなんて、初めての経験です。


お昼ごはんを済ませて、道路に出てみると、運営の係りの人がたくさん応援の手旗を配ってみえます。たぶん新聞販売店の方が、お手伝いに借り出されてみえるのでしょうね。(笑)私たちも貰いました。二人で4本も!!

お天気がよかったおかげで、観光客も多く、いつもより、沿道の応援も賑やかだと話してみえました。

画像のトップから少し後ろを走る青いウェアでゼッケン31番の選手が、日本人最高タイムで、3位で入賞の、大崎 悟史さんですね。

Img_1837

最初に、この一団が現れたときには、ロードレスーか?と。

バキッ...(x_x) ☆\( ̄ ̄*)

距離が間違いないかどうか、先行して、走るのだそうです。これは、テレビで紹介されたことがないので、初めて知りました。

Img_1877

折り返しは、さすがに、応援の人も少なくなりましたが、私たちは、待ってました。これは、NHKの中継車です。


Img_1880

Img_1896


トップを一生懸命追いかける選手。


2008/03/01

春雷

Img_1731


Img_1730

庭に咲いたクロッカス。紫です。球根は、植えっぱなしで、どんどん増えてくれるので、ありがたい。

3月になりましたね。

2月は、毎週、週末には、雪が降って、久しぶりに、厳冬を体感しました。だから、3月になって、日差しに春らしさを感じられると、とても嬉しい。やっぱり、日本の四季は、このように、移り変わってくれなくてはねぇ。(笑)

朝の散歩の帰り道、雷が鳴り出しました。地震についで、嫌いな雷。(苦笑)でも、春を告げるということで、この季節の雷は、喜ばれるものだそうです。


春の初めになる雷。

春の到来を伝えてくれるという事で大変めでたい雷とされ、その雷により雨が降り農作物も多くできると農民にも喜ばれるものと知られている。

雷鳴に驚き冬眠していた地中の虫たちが目覚めるという想像から、「虫出しの雷」という呼び名もある。


はてなダイアリーより


春雷をネットで調べていたら、さだまさし「春雷」がYouTubehttp://jp.youtube.com/watch?v=jaq9EO57v9k
にアップされてました。この歌は、知らなかったのですが、とてもいい歌ですね。

例えるなら女は枝、例えるなら男は花
歌詞の2番に出てきます。「え?逆だろう!!」と思わず突っ込みを入れたくなりますけど。(汗)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »