2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008/02/28

梅を探して

Ume1_2

今日も、朝から、雪景色でした。この寒さのせいでしょうか、いなべ農業公園の梅林の梅は、まだまだ咲いてくれません。

昨年の記事を見ると、3月15日にここに出かけています。でも、この日は、もうすでに、少し満開を過ぎていたようなので、今年も、そろそろ、咲き出してくれてもいいのですけどね。お友達と見に行くのを楽しみにしているので、昨日も、様子を見に行きましたが、早咲きの白梅が数本だけほころび始め。枝垂れは、まだまだ、つぼみを硬くしてました。

Ume3


Ume5


Ws000000_4

山の中にある梅林が、まだまだなら、長良川と揖斐川に囲まれた梅園はどうだろうと、、安八百梅園に行ってみました。久しぶりのひとりドライブをかねて、総走行距離100キロ。おまけに高速道路も利用したりなんかして。(笑)

ここも、伊吹降ろしの冷たい風を受けるので、まだ、少し早いかな。でも、梅林の中に入ると、とても、いい香り。梅は、満開よりも、5分咲きぐらいが綺麗ですよね。

2008/02/24

Img_1591

Img_1584

今朝は「日曜日でよかった!!」と、本心思いましたね。^^;

昨夜から、降りだしてはいた雪、夜中に、ちょっと、見たら、粉雪になって、しんしんと降っていました。「これは、かなり、積もるなぁ。」と、思っていたら、ご覧のとおり。

積雪は、10センチくらいのものでしたが、気温が低く、また、風も強くて、カーポートの下の車は、雪だるま状態。窓ガラスも、雪が張り付いて、凍りついていました。

日が昇り始めたころ、コンビにまで出かけた帰り道、案の定、坂道発進で、ちょっと、スリップ。走っていても、スタッドレスのグリップがあんまり効いてない気がするのです。


スタッドレスタイヤの問題点

スタッドレスタイヤは万能ではない。以下のような問題点がある。スパイクタイヤが禁止となる前には、スタッドレスタイヤの性能不足による冬季の交通事故増加が懸念されていたが、事故件数自体は増加したものの、死亡事故については減少していることから、問題点としては取り上げていない。

ツルツル路面(ミラーバーン)
交差点で停止、発進が繰り返されることで、スタッドレスタイヤが圧雪路面を磨きあげ、鏡のような路面が出現する。スパイクタイヤではミラーバーンが生成される事は稀だったが、スタッドレスタイヤの普及に伴って交差点や坂道などでアイスバーンが生成されやすくなった。このような路面は自動車だけでなく、歩行者にとっても非常に危険な路面と言える。
凍結防止剤などの使用量増加
スパイクタイヤの使用禁止とスタッドレスタイヤの普及に伴い、塩化カルシウムなどの凍結防止剤の使用量が増加し続けており、環境や車体への影響などが懸念されている。この問題については国土交通省でも影響調査が行われている。
温暖な地域での積雪時
スタッドレスタイヤは0℃を数度下回る温度以下で本来のグリップ力を発揮する。普段降雪のない温暖な地域において、まれに路面に積雪したような時には路面温度は氷点下前後のためにタイヤ作動温度領域から外れるので、スタッドレスタイヤを過信するとかえって危険を招くことがある。また通常のノーマルタイヤよりも1箇所にかかる摩擦が大きいため摩擦熱が発生しやすく、夏にスタッドレスタイヤを装着して高速走行を繰り返した際にタイヤから火が出て車両火災になったケースもある。

            出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』     

これを読んでみると、確かに、私の住む街では、スタッドレスタイヤにすることの意味はあんまりないみたい。
特に、今、私の乗ってる車は、後輪駆動なので、後輪がスリップ。これ、怖いんですね。

まあ、雪の日は、あんまり、外に出ないほうが賢明かな。昼までには、すっかり、雪も融けてしまいます。

2008/02/21

こけちゃいました。(ーー;)

Imgp8064

昨日は、春になったら、また、水の流れを撮りたい。その練習にと、小さな滝が設えてある六華苑まで行ってみました。この一枚を撮って、また、違う角度から、撮ってみようと、立ち入り禁止になっている飛石のうえに足を運ぼうとしたとたん、綱に足を引っ掛けて、すってんころりん。

Imgp8067_2

アイタタァです。(ーー;)

お尻をしこたま、石にぶつけ、右腕も、擦り傷が。。。(;へ:)一日が過ぎても、尾てい骨が痛く、体重がかかると、なお痛い。もしかしたら、骨に、ひびでも入ったかしら。^^;

右の綱です。片方でまたいで、次の足で、この綱を引っ掛けた。しかも、一度、倒れかけると、もう、倒れるしかない。いかに運動不足かということですね。こんなこと分析してる場合でないですけど。(爆)

なにより、痛いのは、手に持っていた一眼レフのカメラを落としてしまったこと。動かしてみましたが、撮ることはできるのですが、液晶画面だけが表示されません。痛い足を引きずって、名古屋まで修理にもって行きました。

お店では、「外観は異常ないので、落としたとは言わずに、液晶が表示されないということで、修理に出してみます。あとは、メーカーの判断ですが。。。」

メーカでは、落として故障したかなんてすぐばれちゃいますよね。(苦笑)

Imgp8050


Imgp80611


一眼レフカメラを壊す前に撮った庭の花です。クロッカスが、咲き出しました。もう春は、目の前ですね。

2008/02/18

「真冬並み」はて?

Imgp7705


Imgp7735_2


Imgp7793


Imgp7796


Imgp7970


ここ、一週間から、10日あまり、暖冬傾向から、一変して、寒い毎日です。

厳寒!!雪を渇望していた罰でも当たったでしょうか。(笑)

昨日も、朝起きると、一面の雪景色。空が明るくなるにつれて、いつの間にか、積もった雪は融けていきましたが、絶え間なく、雪は降っていました。普段は、どこに行っているのか、たまにしかやってこないメジロたちも、チッチ、チッチと、山茶花の花にやってきます。

デッキにみかんを出してやったら、さーと飛んできて、食べ始めました。ヒヨドリもこのみかんを狙ってましたが、メジロのほうが、人が近くにいても、平気みたいです。体が小さい鳥のほうが、すぐ飛び立ちやすいのですね。

さて、夕食の時間、テレビで、天気予報を見ていた夫が、「真冬並みの寒さって、変だよね。」と申します。そういえば、今は、まだ、2月です。一年では、もっとも、寒い時期のはず。

確かに、天気予報の用語では、真冬日とは一日中零下の日、冬日は、最低気温が零下の日。と、随分昔、テレビの天気予報の番組で、解説していたのを覚えてはいます。しかし、それにしても、平年は過去十年を平均した気温と解説していましたから、その平年並みの気温は年々上がっているはずですよね。

私の住む三重県でも、年に数回は、真冬日が現れる年がありましたが、近年は、真冬日は、皆無です。ふつうの感覚として、2月に真冬並みの寒さとか、言われても、ねぇ。たぶん、8月には真夏並みの暑さなんて表現はしないと思うのですよ。

2008/02/15

高速道路情報  「停滞中」

Tizu1またまた、雪の話題です。(^^ゞ

先日、夫が、所用で、旧紀伊長島町(現大紀町)島勝まで、出かけることになりました。東名阪道、伊勢道、紀勢道、と、あと、カーブと坂道の多い国道42号線を使って、片道150キロ。勤務先の関係ですが、内容はプライベートが目的。道中、退屈するので、私に、「一緒に行く?」。春を待つ海を撮りたいと思っていた私は、待ってましたとばかり、二つ返事。(爆)

さて、東名阪道を走り始めたら、すぐに、雪花がちらちらし始めました。これは、嫌な天候と思っていたら、高速道上の案内に「鈴鹿、安濃間、渋滞」の文字。もうしばらく走ると、今度は、「亀山、鈴鹿間、停滞中」の文字。「え?
渋滞ならぬ、停滞?」初めて、目にする案内です。

亀山ICでは、京都、大津方面に向かう、国道1号線に接続。ここは、険しい鈴鹿峠があります。そして、もう一つ、大阪、奈良方面に向かう、自動車専用道の名阪国道。ここも、アップダウンの多い危険な道。この両方が渋滞してるため、車が本線上にあふれて、停滞してるということのようです。(汗)
20080213085004_132e仕方なく、四日市ICで、一般道に下りて、国道23号線で、津まで向かい、そこで、あらためて、伊勢道に乗ることにしました。四日市市内は、通勤時間帯を過ぎていて、多少の渋滞で過ぎましたが、いつもなら、それほどの混雑も無く走れる、津市内の入り口からの渋滞が激しい。対抗する車線の車には、たくさん雪を載せた車が走って行きます。どうしたのかと思ったら、この日は、局地的に津が14年ぶりの大雪。(汗)

津から、安濃方面に雪雲が流れ込んでいたのですね。地図に青くマークした部分にたくさん雪が降ったようです。

左上の画像は、四日市コンビナートの様子です。余談になりますが、二十年くらい前、高度経済成長の踊り場の頃までは、ここを通ると、亜硫酸ガスのなんともいえない嫌なにおいがしてきました。カークーラーが付いていなくても、暑いのを我慢して、窓を開けずに通り抜けたものです。いまは、まったくしません。技術の進歩ってすごいです。でも、最初から、それをつけていれば、四日市公害というものが生まれることは無かったのでしょうけど。。。

20080213101813_120e_420080213102214_118e_2上の二枚は、津市の中心街。津市は、私が、10年勤務した街なので、懐かしい。

Imgp7591


Imgp7602


美しい島勝浦の海です。

2008/02/12

雪!雪!雪!!

003前回の記事にも書きましたが、夫の還暦を、息子夫婦が一緒に祝ってくれるというので、連休に下呂温泉と高山を回ってきました。

徳川美術館で、ひな御膳の食事をしてから、下呂に向かって出発した2時半過ぎには、名古屋市内もこのとおり。中央自動車道から、中津川ICまわりで、行く予定が、高速道路が次々と閉鎖。^^;しかたなく、一般国道の41号線を走りました。

021


017

R41号は、飛騨川に沿って走る道で、なかなか、渓谷美が美しいところです。上二枚の画像は、途中休憩した道の駅「ロックガーデンひちそう」。名古屋市内から、小牧市内を抜けるまでは、大渋滞で、下呂に着くには何時になるかと危惧していましたが、ここら辺までくると、さすがに車の量も少なくなりました。スピードは、出せませんが、それなりに走れました。

ここを出てから、しばらく走ると、右側にタイヤを溝に落として停まっている車が一台。運転席には人がいない。「どうしたのでしょうね、迎えに来てもらって、別の車で暖かいところに移動してみえてればいいですけど。。。」と話しをしていたら、今度は、反対側で、まっさかさまになったワゴン車が一台。その手前にパトカーが停まっています。運転席には、まだ、人が閉じ込められてました。そこへ、救急車も到着。スピードの出しすぎか、カーブでスリップしたのでしょうね。巻き込まれなくて、幸いでした。

写真を撮りたかったけど、人が怪我をしているかもしれず、ちょっと、遠慮しました。

048

川原に無料の混浴露天風呂があります。さすがに、この雪の中、入っている人はみえません。さほど大きくないですね。

059


042

070

日曜日の朝でしたが、かけていく高校生の姿がありました。私たちは、こんな雪の中走ったら、すってんころりんでしょうけど、さすが、地元の学生さんですね。(笑)

2008/02/08

誕生日

Imgp7542


Imgp7552
今日は、夫の誕生日。ねずみ年、還暦です。(^^)

自分たちは、まだまだ、若いつもりでいました。昨年結婚した息子の幼い頃からのアルバムを見ても、息子は大きくなったのに、自分たちは、そんなに変わった気がしない。おもいすごしでしょうか。(爆)

プロバイダーの契約は、夫の名前にしてあるので、バースデーカードが送られてきました。こんなの要らないから、クオカードでも頂戴!!..

雪が降らないと思っていたのに、今朝は、ぼたん雪が舞って、瞬く間に庭を白く染めました。日差しが出ると、すぐに融けてしまいましたが。。。明日も、全国的に雪の予報が出ていますね。明日から一泊で、下呂温泉と高山方面に行きます。スタッドレスタイヤをつけて、チェーンも準備していますが、なれない雪道、ちょっと、怖いですよね。

雪景色は見たいけど、雪は適当に。。。

2008/02/03

待望!!

Imgp74841


Imgp74821


今年は、もう、積雪はないのだろうか、と思っていましたが、今朝、ようやく、雪景色を見ることができました。(^^)

でも、いつもの年のように、日本海から、琵琶湖の上空を渡って、流れてくる雲が降らすさらさらの雪とは違います。南岸低気圧が通ることで降る、この時期の雪は、べとべとの重い雪。歩くと、滑りやすくて、怖いです。

2008/02/01

笑顔

Imgp7218


「お~い!カメラマン!」
可愛い声のほうを振り返ったら、笑顔がいっぱい。

散歩道の途中にある小学校の窓辺です。

一昨日の夕方の報道には、驚きましたね。今は、冷凍食品は、どこの家庭の冷蔵庫にも一つや二つは、入っているのでは?特に、餃子やシュウマイなどは、ちょっと、夕ごはんのおかずの品揃えの一つや、お弁当にもう一品なんてときに、重宝しますよね。

我が家も、最近は、夫のお弁当に使ったりしますので、冷凍のフライやシュウマイが買い置きしてあります。慌てて、冷蔵庫の品を確かめましたが、製造工場が国内表示してある製品でしたので、一安心。それを信じればの話ですけど。。。(苦笑)

家族の健康を預かるものとしては、できるだけ、中国製品を買わないように心がけてはいますが、日本で作られたものがないものもあるのですよね。

たとえば、「ゴマ」。これは、中国産が大部分。探せば、トルコ産もあるのですが、置いてる店は、少ない。健康のために、青菜の胡麻和えなどは、よく食卓に乗せていましたが、中国製品の毒性の報道が絶え間ないと、中国産のゴマを食べて、かえって、健康を損なうなんてことにもなりかねませんね。^^;

以前に、休耕田のひまわり畑や、コスモス畑をこのブログに載せましたが、それよりも、私たちが作って欲しい作物はいっぱいありますよね。簡単ではないのは、わかりますが、この子供たちの未来に、日本国内で作られた安心して食べられる野菜や果物を作れる環境を残していってやりたいですね。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »