2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 嵐山・嵯峨野散策 | トップページ | 笑顔 »

2008/01/31

東映太秦映画村

前回の記事の続きです。

嵯峨野を後にして、JR嵐山の駅から、電車で一駅、太秦に向かいました。太秦の駅から、歩いて10分ぐらいのところに東映太秦映画村があります。

1975年11月に開村された映画のテーマパークです。一部は、時代劇のオープンセットとして、使われています。
夫は、時代劇が大好き。(^^)いつも、昼間に再放送されているドラマをビデをに撮っておくと、夕食の後、みています。

Imgp7189

こちらは、東映の撮影所、関係者以外は入れません。スタジオでは、テレビ朝日系列で放送されている「京都迷宮案内」が撮影中だったようです。橋爪功さんとか、野際陽子さんとか。。。ちょっと、覗いてみたかったですけどね。

電話ボックスが見えますが、あれも、道具のようです。中身はついてなかったみたい。^^;

Imgp7186_2Imgp7187_3


時代劇によく出てくる光景ですね。

右側は、見覚えのある方もいらっしゃるかも。「銭形平次」でお馴染みの火鉢と神棚。

Imgp7198

このお屋敷もテレビではよく出てきますね。このなかを見学していたら、「今から、撮影に入りますので、恐れ入ります、でてくださ~い。」とか言われて、追い出されました。真ん中で、かがんでいる黒い衣装の人、まげを結ったかつらをかぶってます。出演者なのでしょうか。

他にも、きらびやかな衣装を着ている人を見かけましたが、それは、観光客が着せてもらっていたようです。^^;体験コーナーがあるのですね。

「これから、どんな撮影があるのですか。」と尋ねましたら、「パチンコの暴れん坊将軍」でした。がっくり。

Imgp7193

ちょっと、暗くて、みづらいですけど、ロケーションスタジオのなかです。「映画村の映画塾 映画のヒ・ミ・ツ うそ・ほんとう」というのが、開催されていました。セットをなまで見ていると、作り物のように見えますが、テレビ画面を通すと、いかにも、本物っぽく見えます。(笑)

他に、芝居小屋で、アクション時代劇などをやっていまして、結構楽しませてもらいました。

« 嵐山・嵯峨野散策 | トップページ | 笑顔 »

コメント

aoiさん

よくいかれましたか。ほとんど変わってはいないので、懐かしいでしょうね。(^^)

新撰組の格好をして案内してくれていた青年が、タレントさんによく似てたんですよね。本物ではなかったと思いますが。。。

YUKOさん

なかなか面白い施設でしたよ。(^^)
喜劇もやったり、見世物小屋のは、アクションクラブの人が、飛んだりはねたり。結構迫力ありました。

映画村、すごい懐かしいです!
幼い頃によく行った事があるのですが、
今あらためて見ると、
ここも、あそこも見覚えがある!?
という感じがしますね。

おもしろそうですね!TVの裏側、興味あります。それから小屋のイベントも。お芝居ですか?喜劇みたいなのかしら。ライブっていうのがミソですよね。

yuriさん

伊勢にも、その時代村の系列だと思うのですが、あるのですよ。(^^)そこはまだ行ったことないけど。

「椿三十郎」、話題の映画ですね。(^^)

エキストラの仕事、面白そうですね。一度やってみたいなぁ。

besoさん

はじめのころの賑わいはないかもしれませんね。でも、イベントをやってる小屋は満員でした。

時代劇のセットを見てると、ここテレビで見た!と思うところ、ありましたね。(^^)

映画村・・楽しそうですね。
栃木には、日光江戸村というのが有り、面白いですよ。昨年亡くなった義母が大好きでした。私は、あまり時代劇は観ません。でも最近『椿三十郎』を観てきました。チョッと・・・!?現代風な時代劇でした!
あと、エキストラをやっている面白い友達がいて、2/15フジテレビ放映予定のドラマの撮影で霜柱になりそうに寒かったって言ってたわぁ!!踏み切りで女性を助ける為に亡くなられた警察官の実話のドラマ化ですって・・

太秦映画村はまだ続いてるんですね。

有名人が入って撮影してたんや~♪

子供が小さい頃、徳島から出てきた両親と一緒に行ったっきり二十年以上行ってないなぁ~

池があって、時代物の古い家が並んでここで撮影されるんやと思いながら中を見て回った記憶しか残ってないです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 嵐山・嵯峨野散策 | トップページ | 笑顔 »