2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007/12/25

丸三年になりました。

Imgp6318

Imgp63061


今年も、今日を含めて、もうあと一週間になりました。お正月を迎える準備、整えられましたでしょうか?私は、毎日、大掃除。常日頃から、丁寧に掃除をしていれば、もう少し、楽なのでしょうけどね。天井を拭き、壁紙を拭き、カーテンレールを拭き。。。まあ、真っ黒!!

でも、掃除の道具にいろいろ便利なものがあって、モップ型の先に静電気を利用した埃取りで拭くと意外と簡単。これは、ときどき、やっておくべきだと思いました。今ごろ遅い?^^;

画像は、先日の雨上がりの朝、梅の木の枝の雨粒に、冬空が映りました。寒そうな空にみえましたが、昨日は、一転、春のような暖かさ。今日の三ヶ月予報でも、平年並みの寒さから、気温は、少し高めの予報に変わりましたね。石油製品の高騰の折から、暖冬も、また、消費者サイドからは、ありがたい面はありますが、冬は冬らしい気候でないと困ることも多いのでしょうね。

12月23日で、このブログも、丸三年になりました。昨年の二年目のあいさつを読むと、段々更新が滞ってきているなんて、書いていますが、ますます、滞ってきております。(汗)いつまで続くかわかりませんが、背伸びしないで、続けて行きたいと思っています。温かいコメントを寄せていただき、ありがとうございます。


2007/12/20

ランの館のクリスマス

Imgp6213


Imgp6127


Imgp6170


Imgp6201


Imgp6195


Imgp61602


今年も、残すところあと10日となり、クリスマスも、もうまじか。最近は個人のお宅がイルミネーションを華やかに飾られることが多くなりましたね。私の住む街も、郊外の大団地ですので、あちこちで、屋根の上るサンタさんとかの電飾もみます。一晩の電気代にしたら、結構な額になると思うのですが。。。よけいなお世話でしょうか。^^;

先日、写真教室の懇親会が、講座終了後にありましたので、その帰りに、ランの館のクリスマスイルミネーションをみてきました。懇親会は、4時から6時まで。お酒を飲む時間には少し早いですけど、早めに家路につきたい主婦にとっては、ありがたい時間設定です。

6時過ぎとはいうものの、もう、とっぷり日は暮れて、アトリウムの照明もほの暗いく、ランはほとんど見えません。

一枚目の画像、ランの館の入り口です。
二枚目の画像、ランの花に囲まれて、ピースをしてる?サンタさん。
三枚目の画像、中庭の池には、色とりどりの電飾が光るツリーと、トナカイのそりにのるサンタクロース。昨年より、賑やかになってます。
四枚目の画像、赤いリボンのツリー。ちょっと、フォーカスが甘い。^^;
五枚目の画像、中庭に飾られた雪だるまの親子。かわいいですけど、お母さんはどこ?
六枚目の画像、ツリーに飾られた、白いトナカイ。これは、綺麗でした。

昨日、クリスマスを前によく売れているとニュースで言っていました、「虹色のバラ」。ご覧になられましたか。

http://www.rakuten.co.jp/hanamasa-k/178220/179356/

30代から、40代の男性によく売れているそうです。私なら、まず買わない、いらない。(ーー;)

2007/12/16

ナメクジ被害

Imgp6115

花苗屋さんの店頭は、いま、春花壇の苗でいっぱい。夏の花の苗に比べると、春の花苗は、かわいらしいお花がが多く、植え替えも楽しい作業です。

年々、冬の到来が遅くて、夏の花が、いつまでも、元気。抜いてしまうのはかわいそうで、なかなか、植え替えが出来ません。でも、先週、ようやく、プリムラジュリアンを大きなコンテナに植えました。そしたら、なんと、この状態。

ずいぶん、寒くなってきて、朝には、霜も降りるようになってきているのに、まだ、ナメクジの被害です。まったく、根こそぎ、駆除するいい方法はないものでしょうかね。

Imgp6092


先日の佐世保市で起きた銃乱射事件。惨いことでした。ネットニュースを読んでいて、最初、どこの国のことかと、一瞬、日本で起きたこととは、信じられませんでした。

当初の情報では、犯人の服装が、迷彩服を着て、しかも、顔を隠し、体躯も大柄のようであったこともあってか、テレビのコメンティターが、米軍の兵士だと推測を述べていたようですね。しかし、根拠もなく、こういう発言があっていいのかなぁ、と思います。

その前にも、香川県坂出市の祖母と幼女が殺害された事件もテレビ報道は酷いものでした。犯人がつかまったとき、「共犯がいるかも」と警察が捜査していると、事件を取り上げていたテレビのワイドショーで、「共犯なら○○さんしかいませんよね。」などと、コメンティターが特定していました。司会者が、唖然とした顔をしていたのが、印象的ではありましたが。。。

また、朝のワイドショーでは、この事件を報道しているとき、「被害幼女の父親は、すぐに警察に届けずに、1時間くらい過ぎてから、届けたと言うことだけど、おかしいよね。」などと、批判していました。でも、これって、そこで、子供が倒れていたのなら、すぐ、救急車も呼ぶでしょうけど、まずは、最悪の事態を考えないですよね。心当たり、病院などを探しますよね。それが、親の心情だと思います。

この人たちは、テレビカメラの向こうに、何万と言う人の目があることを意識していないのでしょうか。なにか、自分たちだけで、井戸端会議をしている気分でいるのでは、と、思えます。

2007/12/12

晩秋の南禅寺

Kyoto1


Kyoto8


Kyoto3


Kyoto9


Kyoto6


先週は、写真教室の行事が重なって、忙しく出歩く毎日が続きました。東山公園の撮影会に続いて、京都に女性メンバー6人で、お出かけです。

専業主婦でいると、あまり、人と接する機会もなく過ぎてきてしまいましたが、教室の方々とお話していると、なかなか楽しい。年齢は、私より、5歳から、なかには、10歳くらい上かな?とおみかけする方もみえます。でも、みんな実年齢より、ずーとお若い、意欲的です。

それに、お上手ですね。長くやってみえる方ばかりで、カメラは、銀縁カメラで、ちょっと、情報交換があわないところが残念ではありますが。。。

京都には、名古屋から、高速バスを使いました。時間は新幹線に比べると、倍以上かかりますが、運賃は半額以下。平日と言うのに、朝のちょうどいい時間は、ほぼ満席です。京都駅に着くと、観光名所に行くバスの停留所は、長蛇の列。もう、晩秋と言うより、初冬なのにねぇ。さすが、絶大なる人気の観光地、京都ですね。

私たちは、南禅寺と永観堂を目指すことにしました。幹事の方がちゃんと交通手段を調べていてくださって、混むバスでなく、地下鉄で行くことに。一度乗り換える必要はありますが、混雑に巻き込まれることなく、目的地に到着。地下鉄の駅までに、ちょっとした、ハプニングもありましたが。。。(笑)

おばさんたちの団体は、平気で、誰にでも道を聞きます。地下鉄の乗り場を大学生らしい男の子に聞いたら、親切に切符売り場まで案内してくれました。切符を買おうと、表示を見ても、それらしい行き先が見当たらない。よくみたら、JRの在来線でした。(汗)

とにもかくにも、南禅寺に到着。しかし、紅葉は、すでに盛りを過ぎて、私たちみたい?(^▽^;)

画像一枚目、二枚目は、南禅寺三門。五枚目は、南禅寺奥にある琵琶湖疏水です。京都を舞台にしたサスペンスドラマによく出てきます。(^^)

2007/12/10

初冬の東山公園

Photo


ようやく冬らしさがやってきましたね。今朝は、ぐーんと冷えて、空き地の草むらに霜が下りてました。先週、写真教室の野外教室で、名古屋市の東に位置する丘陵地にある東山動植物園に行って来ました。寒くて、動物もあまり動きなく、自分も、あまり動きたくなく。。。(爆)

画像は、東山スカイタワーです。冬空をバックに、薄いブルーが綺麗でした。ガラスに空が映っていたのかしら。

東山スカイタワー(ひがしやまスカイタワー)は、愛知県名古屋市千種区の東山動物園に併設されている展望タワー。高さは、地上134m。ただし、タワーは標高80mの丘の上にあるため、標高では214mになる。建物は鉛筆の形をしている。


「概要」
名古屋市制100周年を記念して1989年に建てられた。

展望台としての観光用途の他、防災無線の中継基地として14基のパラボラアンテナと無線機械室を備える他、高所監視カメラを設置するなど、名古屋市の防災上重要な役割を果たしている。

展望室は、地上100m(標高180m)にあり、展望台からは、JRセントラルタワーズ、名古屋城、名古屋テレビ塔、ナゴヤドームなど市内を一望できる。周りに高い建物がないので夜景が素晴らしく、2004年7月「日本夜景遺産」に選定、2004年8月「夜景100選」に選定された国内有数の夜景スポットである。

上るのには大人300円、名古屋市在住の65歳以上100円が必要である。(中学生以下は無料。) 名古屋市東山動植物園との共通観覧券640円を利用するとお徳である。

全国の観光タワーで構成されている「全日本タワー協議会」に加盟している(2004年4月現在、19タワー)。

平成19年9月30日にはイメージキャラクター「のっぴー」が登場した。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



Photo_2


金絲猴(きんしこう)。孫悟空のモデルとも言われてますが、定かではないようです。まだ、赤ちゃんで、じっとしてなくて、この寒空に、元気でした。

Imgp59491

しらさぎが、魚を捕らえたところ。寒さで、魚も動きが悪くなっていたのでしょうか。でも、この後、このしらさぎ一度、飲み込もうとするのですが、魚が大きすぎて、失敗。落としてしまいました。結局、他のしらさぎに横取りされてました。かわいそう。このしらさぎも、餌になった魚も。

しかし、こんな汚い池に魚がいたのが、驚きです。(苦笑)

Imgp5973


Photo_3


2007/12/07

キスリング展

Img_0003_5


モイーズ・キスリング。いわゆる、「エコール・ド・パリ」を代表する画家の一人です。

絵画に詳しいわけではありませんので、この画家のことは、名前さえ聞いたことありませんでした。mixiでマイミクになっていただいたtakさんが、ブログでこの画家の美術展を紹介されていた記事 http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1119 を拝見。この豊な色彩の画家の絵、実物を見てみたいと思いましたら、幸いにも、松坂屋美術館http://www.matsuzakaya.co.jp/museum/kisling/index.htmlでも開催。先日、鑑賞してまいりました。たいてい、名古屋飛ばしにあって、なかなか、これはと言う美術展をじっくりみるチャンスに恵まれないのですけどね。(苦笑)


私は、人物画はあまり興味がなく、写真を撮る時の構図の参考にすることもあり、風景画が好きです。takさんのブログを拝見したときも、「マルセイユ」と言う、港町を描いた絵が好きでした。でも、実物は、色が派手すぎて、街角の絵としては、私にはしっくり来なかった。色彩の豊かさにこの画家の魅力があるわけですが。。。

Img_0002
風景画では、「アムステルダムの運河」に惹かれました。構図がすごくいい。右の聖ニコラス教会がはっきり大きく描かれ、左の街並みが少し淡く。。。遠近感がよく出ていて、正面から見るより、右斜め前から眺めると、自分がまるで、その光景を実際ホテルの窓からでも見ているような錯覚にとらわれます。

Img
でも、この画家の絵は、やはり、人物画に一番の魅力があるのですね。この美術展を見て、いつまでも、見入ったのが、「ブロンドの少年」の絵です。憂いを含んで、ちょっと上目使いに見ている青い瞳がなんとも魅力的。この子は、何を考えて、なにを見ているのでしょう。

絵葉書を買い、図録を買いましたが、この魅力的な瞳は、本物の絵ほどには、語ってくれないのが、残念。(苦笑)


20071126


Img_0001

この2枚の絵の布。白いドレスはシルクでしょうか?そして、綺麗なレース。横たわっている女性の後ろにかけてあるカーテン。まるで、手触りでさえ、伝わってくるようなのです。

そして、なにより、この女性の裸体。ただ感嘆して、眺めていました。美しい透明感のある肌。

松坂屋美術館は、デパートの会員カードを提示すると、入場券が半額になります。おかげさまで、2回見に行くことが出来ました。(笑)

2007/12/01

養老公園「紅葉」

Imgp5807a


Imgp5813


Imgp5818


Imgp5835


Imgp5838


Imgp5839


Imgp5845

またまた、紅葉です。^^;

お友達をお誘いして、晩秋の養老公園に行ってきました。

数年前に、訪れたときは、12月のはじめでも、青々しているかえでにがっかりしたことがあったのですが、今年は、見事に紅葉していました。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »