2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 箱根に行って来ました。 | トップページ | いい夫婦の日 »

2007/11/23

ゆとり創造月間

2007112339


2007112320


2007112343


11月は、ゆとり創造月間でもあるのだそうです。ご存知でしたか?

「ゆとり創造月間」

1985(昭和60)年10月15日の経済対策閣僚会議で決定された「内需拡大に関する対策」で、「週休2日制の普及等労働時間の短縮による「ゆとり創造社会」へ向けての国民的合意の形成、機運の醸成を図る為に官民が協力して全国レベル、地方レベルでの広報活動、啓発活動等を集中的に実施する」ことを目的として制定された。

労働省(現在の厚生労働省)が実施。

1985年ころと言うと、ちょうど、日本がバブル景気に踊っていた頃ですね。ゆとり創造月間が制定されて、ゆとりが段々無くなっていったというところでしょうか。(爆)

原油価格の高騰が続いていています。これから、冬場に向かって、灯油が必要な時期に、石油製品の値上がりは、相当、家計に響きます。それだけでなく、さまざまな商品の値上がり、そして、値上がり予定。

家計のゆとりは、段々その幅がなくなりつつあります。せめて、晩秋の綺麗な空を仰ぎながら、心のゆとりだけは、保ちたいと思いますね。

« 箱根に行って来ました。 | トップページ | いい夫婦の日 »

コメント

besoさん

そういえば、祝日や、国民の休日が増えたような感じですね。(^^)

蜘蛛の巣に、かかった獲物は気持ち悪いですが。。。^^;

知らなかったなぁ~

「ゆとり創造月間」ねぇ・・・・

なんかその頃からか、年間の祭日が増えていったような記憶が・・・・・

赤い実だけが残った木って、青空と似合ってるよね~♪

くもの巣にかかった紅葉もいとあわれ・・・・・・笑

mimiさん

学校の時間だけでは、足りないと親が思って、逆にあせるようになったのでしょうか。

そのときそのときの政治の考え方で、方針が変わって、振り回される子供たちは堪りませんよね。

と言っても、時代に翻弄されても、結局は、自分自身がどう生きていくかは、本人が考えることなのでしょうけど。。。

uraちゃん

この赤い実は、なんだったかなぁ。鳥さんも好物みたいで、いっぱい、木の下に、種が落ちてました。

そうか、ゆとり教育なるものがあって、今度見直しとか、言ってるんだね。

私は、もう関係ないので、あんまり興味もなかったけど、今のお母さんたちは切実な問題だわね。

>このせりふの裏には(だから多少 どんくさくてもしかたないっだから多少 頭が悪くてもしょうがない)という嫌味

すごい!!そこまで、考えるわけだ。まあ、勉強と言うもの、決して楽しいものではないので、ゆとりを持たせれば、それだけ、楽な方に子供は流れる。

ゆとりのある部分で、自主的な勉強をしようなんて子供は、高校生くらいになれば、まれに、息子のともだちにいたけどさ。^^;

uraちゃんの言うように、自分がやらなければと思う頃になったら、やるようになるよね。小学生の頃に慌てることはないわ。

sandyさん

綺麗な夕陽をみる、これも、余裕を楽しむ時間ですね。(^^)

yuriさん

ちょっと、気分転換が出来ましたか。
美味しいワインがよく効いたようですね。
そういう、楽しい時間が、心の余裕を誘ってくれるのでしょうね。(^^)

aoiさん

aoiさんのお仕事は、ほんとに、集中して、ふっとやすむ時間をとってという、メリハリが要りますよね。

ゆとりの部分も多くとって、美味しいお茶で、のんびりしてください。

今年は、早く雪の便りが聞こえているから、楽しみでもあり、ガソリンの高騰もまた気になるし、大変ですね。(^^)

拓隊長さん

バブルは、悪いことのように言われますけど、経済のわからない私としては、一億総中流と言われたあの時代の方が、国民は生活しやすかったと思います。いま、ホームレスの人たちも、あの頃は、一生懸命働いて、税金納めていたはずなのだろうなぁと思うのですよね。。。

>国会のくだらない議会を一回減らせば
そうですよね。地方の議員でも多すぎ。

小学校などでも、「ゆとり教育」がはじまってから、ゆとりがなくなったとは良く聞きますね。おかしな話です。
本当のゆとりってなんなんでしょうか。
くもの巣にかかったもみじ、いいですねえ。こうしたものに目が行くことが、心にゆとりのある証です。

うふふっ(*゜v゜*)どれも ステキな写真だぁね♪

一枚目がヤッパリ好きです。
実が 規則正しく数個づつ ちゃんとついているのがかわいい。

こういうので なんだか
かえるの卵のように ぶわぁぁぁっと赤い実が垂れ下がるほどなってる奴・・
あそこまで付くと ちょっと不気味。

ゆとり月間なんてものがあるんですね。
今 ゆとり教育が 少し締めようかって噂もあります。もしかするとぶんちゃんは最後のゆとりの子になるのかもしれません。

最近お母さん達がゆとり教育に不安を感じ始めたようです・・このままいくと・・大人になったとき何かあるたびに「あぁあいつらはゆとりの子だからね・・」このせりふの裏には(だから多少 どんくさくてもしかたないっだから多少 頭が悪くてもしょうがない)という嫌味がこめられてるそうです。

私てきには ちょっと考えすぎなんでないの?と思いますけどね。
ゆとりがあろうとなかろうと
勉強する奴はするし しないやつはしないのだっ ・・・
余計なこと書いて長くなった
ごめんちゃいm( __ __ )m

いつもここにお邪魔するとゆとりのある時間が過ごせます。
ありがとう

 青空に木の実がなんてきれいなんでしょう!
紅葉もおもしろいし、美しいし、この所ゆとりの全然無かった私ですが、ホッとしますねぇ!!

>ゆとり創造月間が制定されて、ゆとりが段々無くなっていったというところでしょうか。

確かに(笑)

私も、いくら忙しくしていても、
ユルリとしている時も、
常に心にゆとりをもつよう心がけています。
mokoさんのお写真に登場するような
ステキな景色を眺めたり、散歩したり、
お茶を頂いたり、土いじりをしたり…
本当にちょっとした事で、
心は豊かになりますよね!

>石油製品の値上がり

今年は、いろいろと対策を練っている所です。
家計に響きますよねぇ…。

m(__)mおばんです!?85年頃、そうそうバブル期でしたね!?ある意味とても楽しい時代でした。今考えると、あの頃の体たらくのつけを全て今被っているのですね!?でも何で給食まで減らさないといけないのか・・・!?国会のくだらない議会を一回減らせば、賄える様な気がします。そう言えば、究極の切り取りマクロを此の頃使ってないなぁ!?紅葉のマクロ好いです(^^) こちらでも、綺麗と感じる紅葉は稀です(^^ゞではでは

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 箱根に行って来ました。 | トップページ | いい夫婦の日 »