2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« イルカに乗った少女 | トップページ | ガソリン価格高騰 »

2007/10/28

海 荒れる

20071021230a


20071021223


20071021299


20071021192


20071021205


海を見たい。

そんな気分になるときありませんか。特別、心が疲れているわけでもないけれど、何かしら、ほっと、自分を解放してやりたい。

この日も、そんな気分で選んだ旅程でした。

前日発達した低気圧が通過した後の強い北西風のおかげで、海は荒れていました。でも、穏やかなで静かな水面が広がる海より、荒々しく、波頭が白くはじけ浜辺に打ち寄せる、そんな迫力ある海が好きです。

画像は、そのときの知多の海。

Photo
印象派の明るい絵が好きですが、でも、美術展で、必ずひきつけられるのが、左のクールベの絵。とても迫力ありますよね。クールベは、他に風景や人物も描いていますが、この海景の絵が好きです。

この絵を思い浮かべながら、撮ってみました。(汗)砂埃がすごくて、悪戦苦闘。おかげで、カメラのCCDに埃が入って、いま、修理中。

画像2枚目は、中部国際空港に降りる旅客機。3枚目の右に小さく写る島は、三島由紀夫の小説「潮騒」の舞台、神島です。

« イルカに乗った少女 | トップページ | ガソリン価格高騰 »

コメント

YUKOさん

クールベの海は、とてもひきつけられるものがあります。○○美術館展というのがあると、たいてい、このクールベの海の絵を見ることができたように思います。

また、探してみてください。

クールベの海ですね、覚えておきます。
mokoさんの海も素晴らしい!波しぶきの迫力は圧巻です。エネルギーをかき立てられる景色ですよね、ボーっとはできなそうだけどどっぷり眺めたいです。

マコロンさん

お久しぶり。(^^)

ここは、伊勢湾で、こんなに荒れてることは少ないと思うのですが、風が強いところではあります。
どうしてこんなところに空港を作ったんだろうと思いますよ。^^;

Harukaさん

熊野の海は、そのまま、太平洋ですものね。初めてみたとき、その雄大さに圧倒されました。(^^)

こんばんは

海はいいですよね~
荒々しい海、静かな海・・海にはいろいろな表情があって
私も海は大好きです(但し泳げないので眺めるだけ)
しかし、凄い波ですね(^_^;)

Moko-san,
今朝、通勤の電車で瞳にひめた強さのある人を見ました。 
熊野の海のすごさは秘めたる力が海にあることかと思います。晴天で風もなく、波も沖はないのに浜にうち寄せる波は強い。なんだか熊野の海は地球の鼓動というか、地球や人の秘めたる力、思いに繋がるものがあると思います。琵琶湖はこれから波が強い時もありますが、それは風の強いときだけ。
素晴らしき女の人も、カトレアのように一見して素晴らしい人もいるし、ひめた素晴らしい人もいる。海もそれぞれですね。

mimiさん

mimiさんの夕陽は素晴らしいですものね。
あの色を出すのは、ホワイトバランスをうまく調整しないといけないようですね。

風景画をみるとき、いつも、写真の構図にどう取り入れるか、なんて、みています。
それも、私の、絵をみる楽しみの一つなんです。(^^)

besoさん

伊勢湾の海が、こんなに荒れるとは思いませんでした。こんな海は珍しいのでしょうかね。

室戸岬ですか。荒々しい波のイメージがわいてきます。一度は、行ってみたいんですけどねぇ。

ぴーたーさん

最後のカットは、本文に書かせて頂いた様に、クールベの絵なんですよ。

すごい迫力でしょう。この人の絵をみると、いつもこの迫力に圧倒されて、立ちすくみます。

水平に写すのは、難しいですね。必ず、傾いてます。(^^ゞ

あるプロの写真家さんが開設してみえた添削掲示板で、「日の丸、腹きり、傾きの三重苦」なんて、酷評してみえたことがあり、夕焼けの写真を撮るときは、神経を使います。^^;
傾きだけは、一番に直しています。

Harukaさん

クールベは、毎年夏になると、英仏海峡に面するノルマンディの海岸を訪れ、そこからの眺めを何枚も描いたそうです。

隠岐の海の写真、覚えていただいてましたか。(^^)確かに、あの海も大荒れでした。

>私は飛行機でこの空を飛んでいました。
それは、偶然ですね。

熊野の海の雄大さは、この比じゃありませんよね。もう一度、行って、怒涛のように押し寄せる波を撮りたいです。

きれいな夕陽ですね。
秋は何故か夕陽が撮りたくなります(笑)
クールベの絵は確かに迫力あります。
名画を思い描きながら、自分の写真を撮る・・・・たしかにすばらしい方法です。私もしてみましょう。いいこと教えていただいてありがとう!!

知多半島に5年住んでたけど、荒れた海を眺める機会はなかったなぁ・・・・・・

車で走るとすぐやったから師崎は時々行ったんやけどね。

昨日は室戸岬からの海、しばらく見とれていたんですよ。

どの写真も魅力的ですが、最後のカットは躍動感がスゴイです。
今にも波が迫ってくる感じが良~く伝わってきました。

私はカメラの水平をとるのが苦手で、水平線を撮るときは神経を使うので疲れます。

タイトルがいいですね。「海、荒れて」でもなく「波強し」でもなく。やはり空が明るい太平洋の海ですね。クールベの海は多分、北の海?。moko-sanがいつか撮った壱岐の海がクールベの海に近いかも。
私は飛行機でこの空を飛んでいました。日中、飛行機に乗る時はいつも北側に座るのですがこの日はたまたま南側の窓際に座れた。
それで波のきつさは上空からも見えました。深い青空、また晴れすぎて霞んだ熊野の山なみも綺麗でした。

sandyさん

海は、ほんと、優しかったり、力強かったり。生命の誕生が海の中というのもうなづけますね。

aoiさん

aoiさんのような、クリエィテブなお仕事だと、特に、時々、ボーっとする時間は必要でしょうね。(^^)

青い海、青い空。いいですよね。
青い空に、白いゲレンデも、同じような意味合いかもしれませんね。(^^♪

海はいろいろな表情を見せてくれますね。
海を見ながらボーとしたくなりました。

とても美しい海ですね!
夕焼けの海も、昼間のキラキラした海も、
海の表情がとても豊かに表現されていて、
クールベも真っ青!?かもしれませんね!
本当に素敵なお写真だと思いました。

私も、海を見るとなぜだかホッとします。
同じボーっとする時間があるのなら、
海を見ていたいなぁと思いますね。

拓隊長さん

隊長さんの所は、海が近くないですから、子供の頃は、珍しかったのでしょうね。生活が身近な海って、意外と汚い。(^_^;)
最近は、下水が整備されて、随分改善されたでしょうか。。。

虫は、昆虫類はだめで、特に蟷螂はだめですねぇ。(ーー;)

m(__)mおばんです!?空の赤と立つ波が、対照的に思えて迫力が出ていますね!?小さい時は海は濁らないものだと思っていましたが、遠目に青い海と茶色の海の境目を見た時はビックリしました(^^ゞ最後の写真で思い出しました。蟷螂は駄目でしたかぁ!?失敬失敬。ではでは

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イルカに乗った少女 | トップページ | ガソリン価格高騰 »