2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« コスモス | トップページ | 銀閣寺 »

2007/09/19

奥の細道結びの地

NHK教育テレビ「趣味悠々」。ご覧になってみえる方も多いでしょう。9月10月は、おくのほそ道を歩こうです。

俳優榎木孝明さんと俳人黛まどかさんが、各地に残る芭蕉の足跡を辿りながら、芭蕉とおなじ目で山河を愛で、そして、神社仏閣の厳かさにふれて、心鎮め、その記憶を絵に残し、俳句に留める。

一緒に、自分も旅をしているようで、ただの旅番組と一味違う、楽しみ方を紹介してくれています。

Img1
この奥の細道結びの地が、我が家から、程近い、大垣市にあるのです。近いので、今まで、通り過ぎることはあっても、歩いて、散策することは一度もなかったのですが、これを機会に先日、出かけてみました。

この番組を教えてくれたのが、私の30年以上のお付き合いになるお友達。彼女とは、奥の細道旅立ちの地、深川を一緒に散策したことがあります。また、一緒に結びの地も歩きたいところですが、彼女は遠いので、とりあえず、ここで、少し、紹介することにしました。(笑)

○○子ちゃん、この番組を紹介してくれて、ありがとう!!

Basyou


« コスモス | トップページ | 銀閣寺 »

コメント

@nifty「旬の話題ブログ」スタッフさま

取り上げていただいて、ありがとうございました。
ぼちぼちと、4年近く続けていて、少しずつ、訪問していただく方も増えてきました。
ありがたいことです。これからも、マイペースで、続けようと思ってます。

@niftyトップページ「旬の話題ブログ」コーナーにて、
9/26に本ページの記事を紹介させて頂きました。
紹介記事については、「旬の話題ブログ」バックナンバーで
半年間、ご覧いただけます。
記事を読みながら、おくのほそ道を歩きたくなりました。
素敵な記事をありがとうございます!
今後も旬な話題の記事を楽しみにしておりますので、
引き続き@niftyをご愛顧の程、よろしくお願い致します。
ありがとうございました。

        @nifty「旬の話題ブログ」スタッフ

鷲猫さん

今見てきましたわ。こんなんあると知らなかった。いま、オープンページ、マイニフティにしてるし。

ようやく、GPSを信じることが出来るようになりました。(^▽^;)

niftyのホームページ、
 旬のココログということで、
  来て見たです。

 「旬の句に 苦も無くナビに 導かれ」

 つーことでしょうか?

 GPSがあっても、迷う人を知っています。  ふひひ。 

aoiさん

ここは、この川沿いに桜並木が続いてます。
散策するには、いいところです。こういう、小さな川が流れるところがあるといいですよね。

昔の人は、旅でも、大変だったでしょうね。でも、それだけ、旅先の風景をより楽しむことが出来たでしょう。
それを思うと、車ばかりでなく、列車に乗ったり、自分の足で歩く旅もしなくては、私。(^^ゞ

こういうところ大好きです!
これからの季節は特に、こういうところを
のんびり散策すると和みますね!

昔は電車も車もなくて、旅をするのも
凄く長い道のりだった事でしょうね。
そのぶん道中は、目にとまるものも
沢山あったのかもしれませんね!

mimiさん

我が家から、どこに出かけるにも、結構、通過地点なんですが、いままで、大垣の観光なんてしたことなかったのです。でも、意外といいところでした。これも、ある意味、写真の効用でもあるのかも。

yuriさん

かさねちゃん、可愛い名前ですね。(^^)
撫子にもあるのですね。撫子もかわいいお花ですよね。

芭蕉の足跡は、意外なところにもあるのですよね。そういう意味で、親しみももたれるのでしょうね。

besoさん

芭蕉のファンの人、意外に多いんですね。(^^♪それだけ、なぞが多くて、魅力的なのでしょうか。

奥の細道だけでなくて、結構、歩いてるようですね。

大垣が結びの地でしたね。
自分の足であるいてみると、またちがった派発見があることでしょう。

 芭蕉の句・・・いいですね。と言ってもあまり詳しくは無いのですが・・・近くに黒羽という所があり、芭蕉さんお出でになられてますよ。同行していた曾良さんの句碑があります。
私もお気に入り!
 かさねとは八重撫子の名成るべし
かさねちゃんてとてもいい名前です。知り合いにその名を付けられた人がいて、かわいいなぁと思っています。
 奥の細道のゆかりの地を歩くのは、いいですね。

仲良しの三太郎さんが芭蕉について関西での歩みをレポートにまとめてたのに目を通したことがありました。
行ったその地の句友と交わり、句を読む・・・・・・・
こんなとこまで歩いてるの? って三太郎さんと話を交わしたんですよ。
奥の細道は深川から大垣だったんですね~☆

拓隊長さん

俳句を読まれるの?風流ですね。(^^♪
俳句は、和歌に比べても、難しいですよね。

写真に入れるのは、いいアイデアですね。
そのときの、自分の思いも、あとでよくわかりますよね。

芭蕉は、ただ俳句の好きなおじさんだと思ってました。いろいろな説があるようですね。

m(__)mおばんです!?芭蕉、ホントに謎の人物ですね!?でも奥の細道を旅した事は事実だし、句を詠んでいた事も事実ですよね!?職場の壁に月に2回程、その時々の写真に俳句を入れて掛けて自己満足している今日この頃です(^^ゞ 水流は仰るとおりSSを遅くし過ぎると真っ白に成ってしまいますね!?場合に依っては面白く成りますが、滝などは真っ白な棒の様に成ってしまいますね(^^ゞ周りの明るさとかの関係もありますが、滝は目安としては1/4~1/10Secくらいでしょうか!?淀みで渦の様に流れる落ち葉等は思い切って5~8秒くらいで撮ると渦の流れが上手く出ると思います。色々、経験ですよね!?ではでは

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コスモス | トップページ | 銀閣寺 »