2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 虫の知らせ? | トップページ | パンが焼きあがりました。 »

2007/06/03

西洋タンポポ

Ibuki2


Ibuki5


Ibuki6

Ibuki1


初夏の伊吹山ドライブウェイhttp://www.ibukiyama-driveway.jp/index.htmlに行ってきました。山頂駐車場、標高1260メートル。頂上は1377メートルだけに、吹く風は、冷たい。山はやっぱり、ときどき、霧が立ち込めて来たりして、突然視界が遮られたりしますが、今日はうっすらと琵琶湖を見ることもできました。4枚目の画像の真ん中、少し左にうっすらと竹生島が写ってます。^^;

頂上に着くと、タンポポがいっぱい。伊吹山には、ここだけ咲く、伊吹タンポポと言う品種があります。それだと喜んでいましたら、これを一生懸命、引き抜いて取り除いてみえるグループが。。。

尋ねてみますと、これらは、すべて、外来種の西洋タンポポ。(ーー;)このままにしておくと、希少種が駆逐されてしまうということで、ボランティアの方々が、駆除されるそうです。今日は70名以上の方が参加して、西洋タンポポの草抜きをしてみえたことでしょう。ご苦労様です。

みためは、結構、綺麗なんですけどね。

Ibuki18


遊歩道の両側には、色がさめたショウジョウバカマ、タチツボスミレ、ウマノアシガタ、ニリンソウが咲いていました。ニリンソウは、少しピンクがさして、上品なお花です。

« 虫の知らせ? | トップページ | パンが焼きあがりました。 »

コメント

マコロンさん

西洋タンポポと日本タンポポの見分け方は、花の付いている部分にすだれがあるかどうかだそうです。
これをみると、簡単に見分けが付くので、一度見てください。(^^)

うさちゃん、花だけですか。タンポポの葉っぱは、てんぷらで食べられるそうですけどね。葉っぱより、花のほうが美味しいのかな。(^^)

一斉に咲いていると綺麗ですよね、タンポポ。

今は殆どが西洋タンポポなんですってね。
昔からのタンポポは殆ど見られなくなったそうですが...

我が家のウサギはタンポポの花が大好物。
しかし、茎や葉っぱは食べません^^;
関係ない話題でごめんなさいm(_ _)m

温泉さん

伊吹山には、ここ特有の品種はたくさんあるのですよ。気候がここで変わるからなのでしょうね。

ぴーたーさん

伊吹山は、遮る山がないから、遠く来たアルプスが見えるのでしょうね。
百名山なのですが、削られてしまって、琵琶湖側から見ると、悲しいくらいの姿してますよ。(ーー;)

besoさん

私が行ったときは、なかなか、眺望に恵まれません。(ーー;)
薬草園もありますね。今度は、ロープウェイのほうから、登ってみたいと思ってます。

やすみさん
ご無沙汰です
伊吹に行かれたんですね~
私も一度だけ行ったことがあります
いくつかの伊吹独特の種があるんですね
こんなステキな自然が
この近畿に残ってるのが
とても嬉しかったです
また行きたくなりました

mokoさん
というか
やすみさん
ご無沙汰です

ステキな伊吹のお散歩でしたね~
私も一度だけ伊吹に行きました
お話聞いたら
また行きたくなりました

時々コメントさせてくださいね~

伊吹山は百名山の一つですよね。
新幹線から見るだけで訪れたことがありません。
もしかして条件がよければ穂高岳が見えるんじゃないですか?
穂高から見たような気がしてきました。

二回目行きたいと思いながら行ってない伊吹山。
薬草園もありますよね。
ここだけしかない固有の植物が多くまた、行った時は天気が良くすばらしい眺めが楽しめましたよ。

ボタ山さん

ロープウェイで登るルートもあるのですけどね。
ここは駐車場から頂上までは歩いて40分くらいでいけます。

琵琶湖周辺から、関が原にかけては、歴史の宝庫ですからねぇ。地名を聞くだけでもわくわくしますよ。(^^)

YUKOさん

自然を守るボランティアの方、たくさんみえるのですよね。ボランティアの方だからこそ、きめ細かい心配りが出来るのだなぁと思います。

aoiさん

これも抜かれたのだと思いますよ。^^;
でも、伊吹特有種で、埋め尽くされたら、また、違った景色が見えるのでしょうね。

庭で育てる園芸種も綺麗ですけど、野山に咲く自然な花は、手が入っていないだけに、また面白い姿をしています。(^^)

いろいろと伝説のある伊吹山、頂上まで
車で登れるのですね。頂上からの琵琶湖の
景色見てみたいです。美しいでしょうね、
外来種のタンポポ、綺麗なのに残念ですね、

こういうボランティア活動もあるのですね。3年後、5年後の景色を夢見ての作業、素敵です。尊敬します。

とっても爽やかな場所に、可愛らしいお花…
と思っていたら、このタンポポ、
抜かれてしまうのですねぇ。
ちょっとかわいそうな気もしますけど、
いろいろと事情があるのですね。

沢山の野草が、また可愛らしく咲いていますね!
黄色いお花は、見たことありますねぇ。
ちょっとあたりを見渡すと、
いろんな植物が咲いていて
本当面白いですね~!

mimiさん

奇遇なことに、このときボランティアをして見えた方からのコメントをいただきまして、その方のブログを拝見しました。そしたら、普通の除草の道具ではだめで、つるはしとかも用意されているようです。(ーー;)

大変な作業みたいです。

外来種は強いですね。スミレなどもほとんど外来種ですものね。

外来種は強いですねえ。
どうしてこんなに強いのか、と思うほど強いですね。
ボランティアで目から抜く作業も大変でしょうね。

Harukaさん

冬や早春と言うと、地上から登山?それとも、スキー場のロープウェイかな。

若い頃、一度、スキーで冬山に訪れたことがあります。

早春に登るのもいいでしょうね。今度は、夜景か、ご来光を見たいと思ってます。(*^^)v

yuriさん

つぼみでしたか、残念でしたね。つぼみのときに行ってしまうと、また咲いたときにというわけにはいかないですよね。連続では同じところに出かけにくいですものね。(ーー;)

伊吹山も遊歩道のところは、ロープが張られてます。おかげで、お花畑は守られてます。

頂上は、この西洋タンポポだけでなく、地上の雑草が意外と多く見られるんですね。結局、訪れる人が、雑草の種を運んじゃうのですね。

しょうがないけどねぇ。。。

wakoさん

途中に車を置いて、登山してみえるグループもたくさんみえました。そのほうが、いろんなお花も見えるのでしょうね。

日本古来の品種は、それまでの、育ちやすい土壌、気候にあわせて、いままで、種を保存してきてるわけだけど、外来種は、過酷な環境でも、種を残せるように、種が飛びやすかったり、根をしっかり張ったり。。。

これでは、日本の上品な植物は、負けますね。^^;

こうした、ボランティアの方の努力が、あちこちで見られるのを知ることになったのも、カメラを持って、あちこちでかける機械が増えたこと。ちょっと、いい趣味に出会えたかな。(^^)

3枚目は夏色の空ですね。もう山も初夏。
この山には冬や早春にも登りました。お店は雪の下。北アも見えるときもある。
ほんの少し前の雪国が初夏。実に早い季節の移ろいを実感する写真でもありますね。

 先週、那須連山のゴヨウツツジ(白やしお)を観ようとマウントジーンズスキー場の展望ロウプーウェイに乗ってみました。残念ながらまだ蕾でお目にかかれませんでした。
スキー場の斜面にはタンポポがきれいでした。西洋タンポポだと思われます。
ゴヨウツツジのみどころには周回歩道コースと称されロープが張り廻されてました。以前にどこでも構わず踏み荒らす人、高山植物を取ってしまう人を見かけましたからねぇ・・・ガッカリです
それにしても森を守ろうとしている方達やボランティアの方々は大変でしょうが、偉いなぁと思います。

伊吹山はとっても素敵ですね。
1度は言って見たいと思っていますが、なかなか念願がかないません。
ほんとどこもかしこもセイヨウタンポポばかりになってしまって在来種を残す努力も大変ですね。
こんな苦労があって伊吹タンポポのお花畑も出来るんですね。

あるぼぼさん

はじめまして。昨日のメンバーの中にみえた方でいらしゃるのですか。昨日は、教えてくださってありがとうございます。

お天気は、大丈夫でしたか。結構土が堅そうでしたから、大変でしたでしょうね。

ボランティアの方々のご努力で、綺麗なお花畑が維持されているのだと知りました。ごくろうさまです。そして、ありがとうございます。

こんばんわ.

伊吹山もりびとの会のメンバーです.

西洋タンポポも関西&伊吹タンポポも,同じ五分の魂には違いありませんが,午後二時過ぎ,引き抜いた西洋タンポポに,みんなで合掌し,下山しました.

三年後,五年後には山頂は関西&伊吹タンポポのお花畑...期待してくださいね.(^^v

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 虫の知らせ? | トップページ | パンが焼きあがりました。 »