2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007/05/30

虫の知らせ?

Taiya

先日の黄砂のせいで、車が真っ白。

若い頃は、車の洗車が趣味のひとつでした。(笑)

でも、最近は、もっぱら、ガソリンスタンドの機械洗車に頼ってます。昨日は、気候もよくなってきたので、久しぶりに自分で手洗いをしようと、ホースで水をかけ始めました。

ふと見ると、タイヤの溝もかなり減ってる。この秋が車検ですが、それまで持たないかなと、ちょっと点検。よくみると、右前輪が上の画像のような状態。

ぎゃ~~~!!

慌てて、ディラーにタイヤの在庫を確認して、交換に走りました。途中でも、パンクがいつやってくるかと心配しながら。。。

前の交換から、4年たっているので、すべて交換してもいい時期。ひとつサイズの大きいタイヤしかなかったのですが、それをつけてもらいました。

いつやったのかは、わかりませんが、こんな状態で走っていたんだ。4月の末に、長距離をする前、点検に出しているので、その以降です。先日は、高速も含めて、かなりの距離を走ってます。

前のカローラは、自分でエンジンルームを開けて、水量とか、オイルの汚れなどの点検はしていましたが、いまの大きい車になってからは、見たことなし。こまめに定期点検と、オイル、フィルターの交換はしていますが、すべて、ディラー任せ。

ときどき、高速道路でのタイヤのパンクから大きな事故になっているケースをネットニュースで見ます。今回、なぜか、タイヤに目が行きましたが、やっぱり、始業点検は大事だと言うことをしみじみ思いました。

そうそう、我が家は車のメンテナンスは、夫でなくて、私の担当なんです。^^;

2007/05/27

あじさいまつり

Ajisai1


Ajisai2


Ajisai3


Ajisai5


Ajisai6


Ajisai7


Ajisai13


Ajisai10


なばなの里で、あじさいと花ショウブまつりが始まったということで、さっそく、行って見ました。テレビコマーシャルでは、花ショウブとアジサイが見事に調和してるシーンが流れてましたが、これは、去年の画像みたい。実際は、まだまだでした。

すぐ、コマーシャルに乗せられる私。(苦笑)

しかし、鉢植えで並べられているアジサイは、どれも、綺麗に咲いていました。大きく分けて、額アジサイと、いわゆる、西洋アジサイですね。西洋アジサイは、日本の額アジサイがヨーロッパに渡り品種改良されたもの。西洋アジサイとして、日本に戻ってきたのは、大正時代とのことです。

古来は、アジサイはあまり好まれていなかった花のようですが、いまは、品種改良が盛んで、いろんな種類のあじさいが並んでいました。

Wikipediaにアジサイのいろんな事柄が載ってます。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%B5%E3%82%A4


八枚目の画像、緑色のアジサイです。最近、いろんな花で、改良?されて、緑色の花を見かけますが、あんまり綺麗とは思えないですよね。^^;


Photo_16


「お詫び」
最近、コメント投降すると、非常に重いですね。(ーー;)Niftyのほうに、言いましたが、まだ、しばらく改善はされないようです。申し訳ありません。(*- -)(*_ _)ペコリ

2007/05/26

15998歩

200752410_1


20075245


20075246

20075248


20075249_1

200752411


200752412


200752413

200752414

200752411_2


歩いた、歩いた、歩いた。15998歩です!

夫が平日に休みを取ってくれたので、近場にドライブと言うことになり、結局、花フェスタ記念公園に行くことに。。。どれくらい歩くか、歩数計を付けていくことにしたのです。(笑)

ちょうど、開門になった、朝9時くらいに到着。ここ5,6年は、毎年、この薔薇の時期には、必ず来ていますが、駐車場は、いっぱい。展望台からみると道路にもびっしりの車が見えましたが、やはり、平日は、空いています。


感心するのは、いつも、手入れが行き届いていること。

薔薇の株が、少し小ぶりになっています。古い枝を処理して、すべて、新しいシュートを伸ばして、そちらを育てて、常に新しい枝に花をつけさせてみえるのでしょうね。

薔薇の花は、意外と簡単に花はつけてくれますが、手入れを怠ると、葉っぱが、病害虫にやられて、惨めなものになってしまい、花だけが咲いてるという状況になってしまう。(ーー;)

綺麗な花をつけた苗が、たくさん売られていて、いつも、手を出しそうになりますが。。。

2007/05/23

鶴舞公園の薔薇

Bara3

Bara1


Bara6


Bara5


Bara8


今日は、ずいぶん暑かったですね。昨日までのからっとした空気と違って、じめじめした暑さ。天気予報でも、あと2週間くらいで、入梅の予想とか言ってました。テンプレートも、梅雨にふさわしい赤い傘にしてみる。(笑)

5月はなんといっても薔薇のシーズン。あちこちのバラ園で、咲き誇る薔薇のニュースが流れています。

毎年行っていた花フェスタ記念公園もちょっと飽きたし、なばなの里のバラ園は、入場料が高いし、今年は、薔薇は見送りかなと思ってました。でも、やっぱり、薔薇のあの甘い香りに、一度は浸りたい。と言うことで、名古屋の鶴舞公園に行ってみました。

ここは、明治42年にできた名古屋市で最も古い和洋折衷の都市公園です。名古屋駅から、中央本線で、二つ目の駅、鶴舞駅からすぐ。交通の便利がいい。平日でしたが、趣味のグループや、年配のご夫婦、子供を連れた家族連れと、賑わっていました。

今年は、薔薇の花は、少し早かったのか、もう盛りは過ぎていて、鮮やかな赤い薔薇だけが目立ってました。


2007/05/21

気温5度、風速13メートル

20075206


20075201


200752003

200752010


朝から、綺麗な青空が広がった日曜日。お弁当を作って、久しぶりに、御在所岳に出かけました。

ロープウェイの乗り場に貼ってあった頂上の様子は、「気温10度、風速3メートル、霧」。天気予報では、お昼ごろには、霧も晴れると言うことだったので、登ったのですが。。。

確かに、霧はだんだんはれてきましたが、風がだんだん強くなります。そのわりには、なかなか、雲が取れていきません。

20075208


アカヤシオが見ごろのときに訪れたのは、もう2年前でした。
http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2005/05/post.html
今度は、シロヤシオがみたくて、出かけたのですが、少し、早かったようです。まだ、つぼみが膨らんでいる状態。

二枚目の画像が、シロヤシオ。ツツジ科の花木で、愛子様のおしるしとなってから、一躍有名になりましたね。(^^)

三枚目の画像は、もうほとんど終わりのミズバショウ。

一枚目は、下りのゴンドラからみた伊勢平野。遠くには伊勢湾、そして、知多半島と渥美半島。眺望は素晴らしかった。

ただ、風がどんどん強くなっていて、ゴンドラの揺れ方は、すごい!!。風速15メートル以上になると、停まるそうですが、途中で、ときどき、速度が落ちて、瞬間停まる事が、数度ありました。

無事、麓の駅に降りて張り紙を見たら、「気温5度、風速13メートル、視界不良」。


2007/05/18

クレイマーでは、ありませんが。。。

Hana17a

昨日からの、立てこもり事件の推移。なんとも、歯がゆく、不安な状況が続いています。

警察は犯人の様子が、なかなか把握できないのに、マスコミは、警察の動きを逐一放送して、犯人に知らせているわけですよね。(ーー;)
こういう事件の場合、報道規制命令でも出して、マスコミを排除しないと、警察としては、作戦を立てにくいでしょうね。

テレビ局も、もっと、自制してほしいものです。

それはさておき、私が、クレームをつけたのは、荷物宅配サービス。

息子のところから、組み立て家具を一組送りました。その形状は、長さが2メートルくらい。梱包も業者にしてもらう引越しサービスを選び、依頼しました。それが、4月末。なか二日置いて、5月3日に到着。

開けてみたら、なんと、一部破損してる。(ーー;)目立たないところなので、接着剤で止めようと思いました。

しかし、「待てよ。」

考えてみれば、梱包も業者にしてもらったもの。みると、薄い紙で包んであるだけです。これでは、他の引越し荷物と一緒に乗せられて、この上に他のものを乗せれば、簡単に折れる状態です。

即、業者に電話。見に来てもらいました。
配達のお兄ちゃんも、「これでは、壊れますね。(苦笑)とりあえず、預からせてください。」

持って行ってもらったものの、なかなか、返してもらえません。同じものを探すのにかなり手間取ったようです。
ようやく、先日、新しいものにして、返してもらうと言う連絡がありました。

しかし、梱包をこちらでしていたのであれば、こちらの梱包の仕方も不味かったのかと思いますが、梱包からプロに任せたもの。現状に回復したと言うだけで、それで終わりでは、納得いきません。少なくとも、プロの仕事としての梱包の役には、何も役立たなかったと言うことです。

その点についての、損害賠償を要求しました。而して、送料\5、800円を返してもらいました。(^^)


Hana20


Hana19


Hana18

画像は、ポピーです。これは、群生とまではいかない。何本かが木曽三川公園の隅に咲いていたのを写しました。風に揺れて、薄紙のような花びらが揺れるさまが、優雅な花です。

2007/05/16

群生

Hana7

Hana5

Hana6


Hana10_1


Hana12


Hana15

Hana1


一枚目、二枚目、三枚目。収穫が終わった畑だろうと思うのですが、突然、こんなに綺麗な花が群生してました。大根や菜の花に似てますので、そういう種の花なのでしょう。

信州のそばの花の群生のような風景です。車の窓から、横目で見ながら通り過ぎるには、あまりに惜しい。路側帯に停めて、夢中で写しました。

四枚目、五枚目は、ピンクの忘れな草。これも、群生させると綺麗です。木曽三川公園のチューリップ花壇が終わった後に咲いてました。

六枚目、七枚目は、アグロステンマ。あまり聞きなれない花でしょう。私も、名前は知りませんでした。^^;これも木曽三川公園の花の丘。ときおり吹く風にそよぐところは、なんとも、すてきです。

今日は、平日で、見学の人もほとんどいなくて、静かな公園です。

2007/05/15

あ~~~、間違えた!

Kawa6


Kawa7


Kawa2


Kawa10


Kawa3


Kawa8


Kawa5


Tidu

朝のうち、少し雲が広がっていましたが、それもいつの間にかとれて行きました。空一面の綺麗な青。ぽっかりと浮かぶ雲。なんと爽やかな季節なんでしょう。春の桜に、初夏の緑。日本の季節の移り変わりって、ほんとに素晴らしい。

この爽やかさに誘われて、木曽三川公園に出かけました。

いつものお花が一面に植わっている丘のあるところでなく、この地図の小さな緑で囲ったところ。船頭平河川公園です。

「船頭平閘門」明治時代の河川工事により木曽川と長良川を往来できるようにした閘門です。門扉が二重になっている復門式の形状で、わが国で初めてのものです。明治35年に完成。現在でも有効に機能しており、その土木技術は歴史的に貴重なものです。

この揖斐川、長良川、木曽川の三川の治水工事というのは、長い歴史があるんですね。また、そのお話は、もう少し勉強してから、ご紹介したいと思います。

さて、「あ~~~、間違えた!」と言うのは、ここにたどり着く道です。^^;

出かけるとき、地図を確認して、車を走らせ、揖斐川にかかる油島大橋を渡り、長良川にかかる長良川大橋を渡って、右折。この道が、川の堤防道路なので、片側は川、片側は中州。センターラインがなく、トラックと行き違うには、すれすれ。^^;
まあ、そんなに遠くではないだろうと、走っていきましたが、行けども行けどもそれらしい看板がない。(ーー;)
どんどん行くと、ありゃまあ、東名阪自動車道が見えてきました。怖い思いをしながら走ってきたのに、どうも、通り過ぎてきてしまったようです。

しかたなく、高速道路に乗って、また、ぐるりと回ってきました。それが、左の地図の緑の枠。再度、地図を見直して、たどり着きました。入り口に、案内板くらい、付けておいてよ!!

2007/05/12

刺さないでね。

Hati


週末の静かな朝、近所の公園に、写真を撮りに出かけました。桜も藤もつつじも、もう、終わり。替わって、緑がとても美しい。

遊歩道を歩いていると、行く手を遮るように、スズメバチがぶんぶん飛んでます。これは偵察しているのでしょうか。一匹だけが、周りを警戒するように、同じ場所でぐるぐる回っています。こういう様子の蜂を他の場所でもみました。近くに巣があるのでしょうか。。。

平日の昼下がりは、小さな子供たちも遊びに来るところなので、ちょっと、心配です。


Fuji1

私、変なやつです。(^^ゞ
毛虫は、さほど怖くないのです。これが成虫になると、とても、正視できません。(ーー;)

歩いているとき、何気なく、手すりに手をついたら、なにやら、やわらかい感触が。。。それがこれです。

きゃぁ~~~。

でも、不思議なことに、刺されなかったのですね。確かに、手に触ったのですが。。。手のひらが厚すぎたのでしょうか。(笑)

Fuji6


真っ赤な瞳?
いえ、さくらの実。これは食べられないのでしょうかね。さくらんぼには違いないわけでしょうけど。もう少し大きくなるか、また、見に行ってみます。(笑)

Fuji5


Fuji3


この公園に藤棚があったのを思い出して、出かけたわけですが、もうほとんど終わっていました。一房、二房、鮮やかさを増した緑のなかに、恥ずかしげに咲いていました。


2007/05/10

マツバウンラン

Ran2


Ran3

スーパーの帰り道、ちょっと、遠回りをして、車を走らせていました。山がどんどん削られていくのが、寂しいことだと思いながら走っていると、いつの間にか、通ったことのない団地の一隅に。。。

「まるで、ラベンダーの群生のよう!!」

この様子を見て、そう思いました。実際は、これも帰化植物のマツバウンランです。

2007/05/08

「風邪を引くにもエネルギーがいる」

Hinagesi


Mado2

先日の本格的な雨に洗われて、木々の緑が綺麗に映えています。

昨日今日と、いいお天気。特に、今日は、気温がぐんぐん上昇して、今年一番の暑さになるそうです。夏の暑さと比べて、空気は乾き気味なので、気持ちがいいですね。

昨年の5月は、確か、雨が多くて、初夏のすがすがしさを感じることが出来なかったように記憶してますが、今年は、いいお天気が続いて、嬉しいです。

さて、タイトルをみて、「なに?」と思われた方も多いでしょうね。これは、私が、お世話になってるリハビリの先生がおっしゃっていたことなんです。

そういわれると、自分自身、若い頃は、年に数回は必ず風邪を引いたものですが、ここ最近は、まったく、風邪を引かなくなりました。代わりに、血圧だとか、血糖値だとか。。。成人病のほうを心配しなければいけないようになりました。(苦笑)

体力消耗するほど身体を動かさなくなった、と言うことなのかもしれませんけどね。

でも、さすがに、先週の息子の引越しのお手伝い以来、ちょっと、体調不良を感じていたら、とうとう、風邪を引いてしまいました。まあ、風邪を引き込むだけのエネルギーをまだ持ち合わせていた、と言うことです。(笑)

トップ画像は、近年、あちこちに咲いている帰化植物の「ナガメヒナゲシ」ひなげしより、実が長いことから、この名がついたそうです。

2007/05/06

牡丹

Botan1_1


Botan2_1


Botan7


Botan3_1


Botan8


Botan6

Photo_15
GWも最終日、今日は、朝からしっかりした雨が降っています。本格的な雨降りはほんとひさしぶりです。田植えが始まっているので、農家の方はほっとして見えるでしょう。

今年のGWはお休みの日は、いいお天気でしたから、何処の観光地もにぎわっていたでしょうね。みなさまは、お出かけになりましたか。私は、GW前半の結婚式の疲れで、ぐったりしていましたが、昨日は、近くのぼたん園まで、出かけました。

もう、満開を過ぎた花も多かったので、選定が始まってました。おかげで、お花をいただくことが出来ました。もっとも、花瓶にさすには、ちょっと、背丈が足りない。^^;花のすぐ下で、切り落とすのですね。水盤がないので、灰皿を代用して、浮かべました。(笑)

昨年は、ちょうど、GWの後半から見ごろを迎えていたので、今年は、やはり暖冬の影響からか、花期が、少し、早かったようです。
http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2006/05/post_b162.html

田舎の山奥で、ほかに何もないということで、見物に訪れる人もそれほど多くなく、ゆっくり、見ることができます。
綺麗なボタンを見せてもらうのはありがたいのだけど、これだけの経費をかける事の意味がよくわからないというのが、ここを訪れるたびの感想なんですよね。。。

2007/05/03

軽井沢にて

春まだ浅き軽井沢。

その軽井沢にある石の教会で、4月27日、息子が結婚式を挙げました。朝から、抜けるような青空、空気は凛と澄んでます。小鳥のさえずりまで、二人の幸せを喜んでいてくれるようでした。


Photo_14

Photo_12

Photo_13


« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »