2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 春の庭 | トップページ | 員弁川にて »

2007/04/15

木曽三川公園のチューリップ

Kiso1_1


Kiso2_1


Kiso11_1


Kiso12


Kiso13


Kiso17


Kiso18


Kiso19_1


桜が終わって、今、まさに盛りの木曽三川公園のチューリップです。昨年の春は、なばなの里のチューリップを紹介しています。http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2006/04/post_17dd.html

木曽三川公園のチューリップは、デザインが、木曽三川の流れをチューリップで表現するという、コンセプトなので、色とりどりのチューリップと、鮮やかなブルーのムスカリとがうまく組み合わされて、植えられています。なばなの里のデザインに比べると、こっちのほうが、おしゃれかなといつも思います。(笑)


Kiso5_1

母が、骨折で入院していた病院が近いので、退院後初めての診察にあわせて、先週、金曜日に寄ってみました。平日で、空いてるだろうとおもったのですが、あにはからんや、すごい車です。この画像の3倍はいました。その上、観光バスも何台か着いていました。5,6年前は、平日は、こんな混雑じゃなかったのに。。。(苦笑)

とりあえず、どんどん、車が入って来るのを、誘導員が招き入れていきます。また、この誘導員の人数の多いこと。そのわりには、要領が悪い。(ーー;)どんどん、帰る車もあるのにもかかわらず、奥のほうへ、合図するだけです。だから、後から入ってきた後ろのほうの車は、空いてるスペースに停めに入ります。早く入った私たちは、どんどん、遠くへ行かされた。(怒)途中で止めれば、道路にはみ出るかもしれないけど、もう少し、うまい方法はあるでしょうに。。。


それでも、ようやく、車を停めて、公園のほうへ歩いていると、

「あっ、そこは車が来るので、歩道のほうに入ってください。」
と言ってる女性誘導員の声がする。

みると、ロープで仕切った車道のほうをベビーカーを押して、片手には子供を抱いた若いお母さんの姿が。

あわてて、ロープをあげに駆け寄りました。そうでないと、ロープがちょうど、ベビーカーの子供の顔にかかります。注意だけして、ちゃんと渡してあげようとしない、この誘導員。なんなのでしょうね。

帰りにも、駐車場への横断歩道が書いてある部分で、足の悪い母を通すために手を上げて、車を停めているのに、平気でどんどん車を誘導している。車を運転する中年の女性運転手も歩きかかっているその前を平気で横切っていきます。

国営の公園なので、予算が潤沢で誘導員が大量に動員されているにもかかわらず、歩行者のことは考えず、ただ、車の整理だけに携わっている様子に、少々、気分の悪いチューリップ祭りでした。

« 春の庭 | トップページ | 員弁川にて »

コメント

拓隊長さん

ここのチューリップは本数はそれほどでもないですが、効果的なデザインがされてるように思います。(^^♪

YUKOさん

関東のほうは、ずーとお天気よくないようですね。
こちらは、逆に、ほとんど雨が降らず、庭はからから。一昨日、少し降りましたが、表面が少しぬれてる程度でした。水撒きが嫌だから、適度なあめが欲しい。(^^♪

m(__)mおばんです!?凄い凄い!目が廻りそうです(^^ゞ噴水の上の写真は、曇り空が巧い具合に入っていて、ホント、日本でないみたいですね!?パンした構図も好きです(^^)ではでは

チューリップ!私もスケッチしたくて探しました。
近所にはこのような花園があればいいのですが・・。

それにしてもこのところ雨天が続き、晴れた空だけでも見たいものです。

aoiさん

お仕事忙しそうですね。年度の初めということもあるのでしょうか?無理されないようにね。(^^)

ローソンで、リラクマのハンカチもらってきましたよ。ローソン情報楽しみにしています。(*^^)v

ほんとに、スーパーでは考えられないくらいの、誘導員なんですけどね。もっと、機転が利かせられないのかと、失笑しましたよ。

お仕事が一息ついたので、
遊びにまいりました!
目の覚めるような鮮やかなチューリップ!!
煮詰まっていた頭が、スッキリと
元気になるようですよ。
本当に綺麗ですねぇ…

駐車場の一件ですが、
沢山の誘導員の方がいるのにも関わらず、
彼らの怠慢な態度にガッカリですね…。
せっかくこんなに綺麗な場所に行かれたのに、
そんな光景を目にしてしまうと、
嫌な気持ちになってしまいますよね。
それにしても、すぐにベビーカーに駆け寄られた
やすみさんの優しさに、思わずホッとしました~!

Sarahさん

チューリップの白で、ゆり咲きの球根があるのです。それを何年か前に植えたのですが、全然、芽が出なかった。(ーー;)

今年は、我が家の庭は、白と赤と交互に植えてます。(^^ゞ

近いうち?いつ頃だろう。会えるといいね。
来週の金曜日に息子の結婚式なので、水曜あたりから、忙しいのだが。

どらみさん

ハウステンボスは、オランダの街をイメージしてるんですよね。

ここは、木曽三川の護岸の整備にオランダ人の技師が貢献したと言うことで、特に、オランダのイメージのチューリップを春祭りの花にしているようです。

混んでるときの駐車場は、大嫌い。^^;

besoさん

チューリップは、群植でも、他の花とうまく組み合わせても、どちらも綺麗ですね。

私も、群植させているところと、数本ばらばらと植えてるスペースと分けてます。どちらもチューリップの魅力ですね。

Harukaさん

桜もあちこち植わっているので、桜とチューリップも一緒に見えたのですけどね。(^^)

画像だけを見ると、外国の公園のようにも見えますね。(*^^)v

ここは、自然と一体感があって、とても、落ち着くところです。(^^)

素晴らしい!!
チューリップに白があったんだって今更のように感じ入っています。白が特に綺麗です。
木曽山川公園、凄いですね。

もうじきそちらに行きますので、よろぴく。ぴゅっ。

やすみさん、すごーい♪

こんなに、見事なチューリップ軍団は、私の記憶ですと長崎のハウステンボス以来ですよー。ホント素晴らしいです。写真でこれだけスゴイのですから、実際に自分の目で見たら感動ものでしょうね。

お母様と、素晴らしいお花畑が見れて良かったですね。綺麗な色鮮やかなチューリップ満喫でうらやましい。

巨大な駐車所って、車を停めるのも一苦労です。
だいたいが・・・悪い場所になっちゃうんですよね。なんでだろ?
やすみさんの、機転のおかげで赤ちゃんの顔にロープが、かからなくて良かったです。首だったら危ないものね。さすがです♪やすみさん♪

チューリップと言えばオランダが浮かんでくるんですが、ここはチューリップの色でみごとにデザインしてるんですね。
たくさんのチューリップもみごとですが今朝見かけた近所の花壇のチューリップは数本でしたがきれいに咲いてました。

こんな日本的でない公園が三重県にあるとは驚きです。三重県は伊勢神宮や本居宣長でなんか度日本という感じですが、5月のヨーロッパの感じ。

咲く桜、散る桜も綺麗ですが、こうした開かれた風景も日本にも合いそう。 

熊野は椰子なんかの南国の風景も合うし、もしかしたら日本には何でも合うのかもしれない。多神教なのが分かる感じもする。

mimiさん

なばなの里は120万球だそうですが、ここはどれくらいなのかなぁ。

ゆっくりみるなら、有料のなばなの里ですが、周りの風景も入れてというと、こっちに軍配が上がりますね。

なずなさん

青いムスカリは、チューリップによくあいますね。(^^♪

誘導員に、車より、歩行者優先と言うこと、教育しないといけませんよね。

ぴーたーさん

ここは、年々、観光の人が増えてます。広報が広がってるんですね。

これだけの球根を植え込む作業は、仕事とはいえ、大変だろうなぁとおもいます。^^;

母は、どんどんよくなっています。年齢のわりには、骨が丈夫。ただ、老人の頑固なのが。。。(ーー;)

ムスカリで、川の流れをあらわすというのですね。確かにそのように見えます。
お花で絵を描くようなものですね。デザインを考える人は専門家でしょうが、楽しいでしょうね。
昨年の、なばなのさとのチューリップも見事でした。

鮮やか過ぎて目が痛くなるくらい・・。
青のムスカリもあわせると、原色が揃うんですね(^^)
和みに来る場所なんだから、車は歩行者に優しくして欲しい。お年寄り、赤ちゃん連れ、足などの悪い人などには特にね。

スゴイですね、ここ。
2枚目を見たときに驚きのあまり、思わず笑い出しそうになりました。
お母様とせっかくのお出かけなのに残念な思いをされたようですが、
ともあれ一緒に出かけられると聞いて少し安心しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の庭 | トップページ | 員弁川にて »